FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2018年09月17日 (月) | 編集 |
 あの地震から1週間以上が過ぎました。ほとんどの人は普通の生活に戻れたと思いますが、まだ不自由な生活を送られている方にはお見舞い申し上げます。地震と停電、その前の関西の台風のニュースが世界中に流れ、観光客が激減したとか。私が帰って来た時の新千歳空港もガラガラで、団体の観光客は全く見かけませんでした。国内の観光客も減っているようですね。観光立国の北海道には、大打撃です。

 私は電気が回復した翌週月曜日(9月10日)に、5年ぶりに会う友人と札幌の円山動物園に行きました。たまたま、地震後の再営業の開始日でした。円山動物園に最後に行ったのは、たぶん子供が小さかったころで、28年前くらいだったかな。もちろん、私が小学生だったころにも行ってます(中学~大学のころの記憶はないので、行ってないかも)。

 地下鉄円山公園駅で待ち合わせ、近くのレストランでランチをして(後日紹介)から、行きました。動物園は円山公園の中にあります。自然がそのまま残ってます。
IMG_9649.jpg
ここから行きます。
IMG_4768_20180916172932392.jpgIMG_4770.jpg
IMG_9652.jpg
IMG_9650.jpg
地震前日の台風のせいか、その前からなのか、倒れた木もありました。
IMG_9653.jpg
これはクルミの実だそう。
IMG_9651.jpg
古い神社がありました。今までに何回か来てる動物園だけど、この神社の記憶はありません。違う道で行ったのかな。

IMG_4771_2018091617362232a.jpg
IMG_4772.jpg
入場料は600円。トピアリーの草がだいぶ抜けていたのが、残念。

 入場時に地図をもらいましたが、園内の案内を見ながら、アフリカゾーンから回りました。
IMG_9657.jpgIMG_4773.jpg
ミーアキャットは動きが楽しい。
IMG_9656.jpg
ダチョウの卵は大きいね。
IMG_4775.jpgIMG_4776_20180916174659c37.jpg
7月21日に生まれたエランドの赤ちゃん(9月17日までお名前募集中)と、遠くから見守る母親のオペル。
IMG_9659.jpg
1頭しかいないライオンは、なんだか寂しそう。

 次はアジアゾーンへ。
IMG_9663.jpg
IMG_4779_2018091617470117b.jpg
IMG_4781.jpg
室内で運動(?)しているレッサーパンダが1頭。とってもかわいい。
IMG_9661.jpg
絶滅危惧種のアムールトラ。世界中の動物園で約500頭、国内で59頭が飼育されていて、円山動物園にはメスのアイ1頭がいます。
IMG_9664.jpg
首の周りの毛が襟巻みたいなヒマラヤグマ。ツキノワグマの種類だけど、寒いところの生まれだから毛がフサフサしてます。

 熱帯鳥類館にいるのは、初めて見る鳥ばかりでした。
IMG_9668.jpg
全長60cm前後もあるオニオオハシ。
IMG_9669.jpg
きれいに光る青緑色のセイキムクドリ。
IMG_9673.jpg
なぜか鳥類館にいるアカハナグマ。

 この日のメインの目的だったホッキョクグマ館、3月にオープンしただけあり、広くて立派です。
IMG_9676.jpg
IMG_9675.jpg
IMG_4785.jpg
IMG_9678.jpg
この日は結構寒かったので、プールで泳ぐ姿が見られなかったのが、残念。

IMG_9679.jpg
エゾシカはニホンシカよりかなり大きいですね。

IMG_4786_20180916220231ede.jpg
チンパンジー館、とても高いところにもいて、ビックリ!

IMG_4788_20180916220913925.jpg
IMG_9687.jpg
サル山って、見ていて飽きませんね。 

IMG_9683.jpg
モンキーハウスで見られるブラッザグェノンは、アフリカの猿。初めて見ました。

 フクロウとタカの森、これはエゾフクロウ?
IMG_9688.jpg


 この日はこども動物園と猛禽舎のあたりは立ち入り禁止でした。安全確認のため? 現在は普通に見られるそう。
IMG_9689.jpg
見学者がいなくて寂しいのか、やたらとワシが鳴いてました。また節電中なので、室内施設の照明はやや暗かったけど、しょうがないですね。動物のほとんどは外で見られるので、それほど支障はありませんでした。

 最後にお土産を買うためにギフトショップのある動物科学館に行ったら、こんなものが↓
IMG_9690.jpg
私が小学生のころに見ていた象の花子の骨格標本です。

IMG_4778.jpg
萩の花が咲いているところもありました。秋ですね。


 地震と停電のため、6日~9日の予定はすべて中止。ホントは然別峡かんの温泉に行くのがメインの目的だったんですけどね。行けなくて、とっても残念! 10日はもともと友人と円山動物園に行くことになっていたので、この日からの再オープンで、本当に良かった。平日なので当然すいていたけど、普段ならもっと混んでいたのではないでしょうか。節電もなくなったので、ぜひいろいろな方に行ってもらいたいです。いくつになっても楽しめる動物園、癒されますよ。

スポンサーサイト
2018年09月13日 (木) | 編集 |
 先週の5日に札幌の実家に行き、昨日帰ってきました。ホントは、高校時代の同級生10人ほどの温泉旅行の予定だったのですが・・・。

 4日は台風、5日に予約していた飛行機も欠航になるかもしれないと思っていましたが、台風の進度が早く、10分遅れで飛びました。ところが、JR北海道の電車はすべて止まっていて、バスを使うことに。当然バスの切符売り場もバス乗り場も大行列。札幌の中心部ではない大谷地ターミナル行きだったので、30分ほど待っただけで無事バスに乗れました。大谷地から実家まではタクシー。なんとか夕方までに着くことができました。
IMG_4746_2018091222163140c.jpg
新千歳空港には、サッカー日本代表応援特別塗装1号機が止まってました。

 そして、翌日の未明(午前3時過ぎ)、強い揺れで目が覚めました。目の前に、天井に取り付けていた電灯が落ちてきて、思わず声が出てしまいました。北海道胆振東部地震、体感の震度は、東日本大震災の時の横浜と同じ5強(実際には私はみなとみらいのクイーンズスクエアの10階にいたので、体感震度はたぶん震度7ですが、その時の自宅の状況とほとんど同じなので)。電灯が落ちてきたときは驚いたけど、東日本の時と違って時間はそれほど長くはなかったです。89歳の父が心配で、1階に下りましたが、電灯がつきません。地震の影響で停電したようです。階段はスマホの画面の明るさを頼りに下りました。父も無事でした。
IMG_4761_2018091222163247e.jpg

 東日本の時、当時住んでいた横浜市戸塚区の家のあたりも停電になりましたが、6時間くらいで復旧しました。ところが、今回の停電は長い。実家はIHのオール電化住宅。このままでは、お湯も沸かせません。とりあえず、火を使わずすぐに食べられるものを買わなくては! 夜が明けてからの午前6時過ぎに向かったのは、実家からほど近いここ↓
IMG_4763_20180912221635eb2.jpg
セイコーマートです。なんと朝5時から営業していたそう。しかも自家発電! ラッキーにもホットシェフで作ったばかりのおにぎりを買うことができました。私が着いたときには、めぼしいものはほとんどありませんでした。皆さん、なぜそんなにたくさん買うのでしょうか?(東日本大震災の時の横浜も同じでしたが)必要なものだけを買えば、商品も急になくならないでしょうし、行列も少しは緩和されるのでは?

 明るくなってわかったのは、ちょっとした被害。不安定な置き方をしていた食器や玄関の置物が割れてました。それに、リビングの壁紙に破れが。
IMG_4762_201809122216332b8.jpg

 簡単な朝食の後は、夕食のための追加の買い物と、カセットガスコンロを探しに、買い出しの旅へ。ところがスーパーもコンビニもドラッグストアも、どこのお店も大行列。カセットガスコンロを確実に売っているかどうかわからないのに、何時間も並ぶのは嫌。食料の追加だけ買いました。実家での食料品購入はいつもスーパーダイイチ、最後の行列に少しだけ並びました。500mlのペットボトルが100円、一人5点まで。そして冷凍品は一人3点まで無料でした。

 この日の夕食は↓
IMG_4756.jpg

 大阪にいる弟から電話があったので、カセットガスコンロがないと言ったら、絶対にあると言われ、ありそうな場所も教えてくれました。確かに、ありました。
IMG_4759.jpg
これで、少しは温かいものが食べられます。上の写真の餃子は、溶けかかっていた冷凍餃子をカセットガスコンロを使い、焼いたものです。

 こんな非常事態でも。新聞はちゃんと配達されました。
IMG_9640.jpg
北海道新聞、もちろん4面(1枚)だけの構成です。

 この日は停電が解消される見込みがなかったので、明るいうちに夕食を済ませ、歯磨きも洗顔も早々にして、さっさと寝ました。真っ暗では、何もできません。トイレに行くにも、懐中電灯が必要でした。

 翌朝もやっぱり停電。前日は東京の友人からのメールや今回の旅行仲間のLINEで、スマホのバッテリー残量が20%を切ってしまいました。そこで、朝食後は食料の買い出しと携帯の充電のための旅に。私のスマホはほぼ電源を切り、家族と旅行仲間の友人の一部にだけ父の携帯の番号を教え、通話は父の携帯を利用しました。調べたいことがあれば、父の携帯から東京にいる夫に電話をして、調べてもらいました。
 
 結局買い物しながら回り道をして、1万歩ほど歩いてたどり着いたのは、ドコモ月寒ビル。私はauのiPhone、父はソフトバンクのガラケーで、ドコモではありませんが、無料で充電できました(70%まで)。
IMG_9647.jpg
IMG_9648.jpg
充電の順番待ちで1時間40分待ち、充電するのに65分ほどかかりましたが、これで安心です。しかも充電中に来た友人からのLINEで、友人の家が近いことがわかり、残り30%の充電を友人の家で。しかも帰りは、友人の車で実家まで送ってもらいました。


 ドコモに行く途中は、
IMG_9644.jpg
少し歩くと信号がついている(電気が通っている)ところもあり、なんだか不公平な感じ。
IMG_9645.jpg
生協も、この日は会員でなくても買い物ができました。
IMG_9646.jpg
途中にあった自動車学校もお休みでした。

 この日の新聞です。
IMG_9641.jpgIMG_9642.jpg
右の写真、右上の広告スペースがあいたまま。こんなのは普通ありえません。入稿予定だったけど、停電で間に合わなかったのでしょうか。

 夕食も、やっぱり早めに。この日はいとこが父を心配して来てくれました。
IMG_4760.jpg
おにぎりと上の写真真ん中の惣菜はいとこの差し入れ、下の写真の真ん中は友人がくれた缶詰。ありがたいですね。

 夕食後早めに着替えて、2階の部屋から外を見ていました。星がいつもよりきれいに見えます。せっかく充電したのに、なぜかauは圏外。父のソフトバンクはつながっているのに、不思議です。

 6時45分過ぎ、突然街に明かりがつき始めました。停電が解消されたようなので、実家のブレーカーも上げて、通電。ようやく停電が終わりました。

 長い停電でした。札幌や震源地はそれなりの震度だったから、停電も多少ならしょうがないと思うけど、震度1や2のところでも停電だなんて、北海道電力のシステムは絶対におかしい。東日本大震災の経験が全くいかされていませんね。電力会社は胡坐をかいてますね。

 震度6で国内線ロビーのガラスが割れ、一時閉鎖していた新千歳空港も再開し、12日予定通りに帰京しました。でも新千歳空港、いつもとは全く様子が違ってました。
IMG_4812_201809130834421ac.jpg
IMG_4813.jpg
IMG_4811_201809130834415bc.jpg
いつもは賑やかな空港がひっそり、ガラガラでした。JALの窓口も手荷物検査場も待ち時間なし。到着時にはたくさんいた団体の観光客や外国人観光客の姿が全く見られません。お土産を買おうと思っていた2階の物販エリアはまるでシャッター街。お弁当を売るお店だけ、別スペースで販売してました。手荷物検査を終えてから入る待合室エリアのお店はいくつかあいてましたが。

 飛行機ももちろんすいてるみたい。Jシートがあいてるので、グレードアップできますと言うアナウンスがあったので、思わずお願いしてしまいました。楽しみにしていた旅行は中止、一人暮らしの父と自分のために食料を求めて東奔西走(行列が嫌だったからですが)、だから自分へのご褒美です。JALは普通のシートでも結構ゆったりしてるけど、さらにゆったりでした(特に左右スペース)。
IMG_4815_20180913083445892.jpg

 以下は今回の地震と停電を経験して思ったことです。災害時にデマはつきものなのでしょうか?停電中に回ってきたLINEやメール、Facebookの情報にデマがありました。6日は、災害対策本部の友人からの最新情報として、「電気は復旧の見通しが立ったが、水道は随時断水の地域が広がっていて、6時間後には市内全域断水予定。その後随時節水制限が始まる。自衛隊も動き出している」というもの。同じ内容を、市役所関係から聞いたという人もいました。断水はもともとごく一部だし、電気が復旧に向かっているのになぜこれから断水?自衛隊が動いているのは被災地のために当然で、私は絶対に怪しいと思い、水道局のホームページを調べましたが、もちろん断水になるなんて一言も書いていません。そう伝えても、なぜか信じている人が多い。信じるのは勝手だけど(確かに備えあれば、憂いなし)、情報元があやふやなものを拡散するのはやめてもらいたい。直接聞いたのならよしとしますが、だいたいが伝聞のようでした。

 7日は別の情報です。「自衛隊からのお知らせで、6日の地震は前震で、これから大地震が来る」というもの。自衛隊がなぜ地震予知?熊本地震は3日後のほうが大きかったし、余震がしばらく続くのは事実だけど、地震の予知なんて不可能。今まで一つも当たっていません。必ず来ると言われていた東海沖地震は来ないけど、何も言われていなかった東日本大震災や今回の北海道胆振東部地震、予知ができるなら大停電もおきなかったでしょうね。無責任な情報を流すのは、絶対にやめましょう。信じておびえる人もいるし、これから来るというさらに大きな地震のためにさらに買いだめをして、本当に必要な人に必要なものがいきわたらなくなりますから。

 買いだめもやめてほしいですね。確かにいつ終わるかわからない停電だったけど、冷蔵庫には必ず何かが入っているので、それだけ食べても1日は十分にもちます。難しいけど、買いすぎない程度に買いたいですね。

 ただ絶対にあったほうがいいものもあります。カセットガスコンロとガスボンベ(IHの人は必須)、懐中電灯と電池、ラジオと電池ですね。ホームページやテレビで情報を流されても、停電している当事者は全く見ることができませんからね。車がある人は、車で充電したり(シガーソケットが必要)、ラジオを聴いていたみたいです。その分ガソリンが早くなくなるので、ガソリンスタンドは大混雑のようでした。ヤマダ電機がとんでもない行列だったのは、電池やシガーソケットを買う人たちだったのかもしれませんね。備えあれば憂いなし、まだの方は、今からでも用意したほうがいいと思いますよ。

 旅行のための帰省だったのに、旅行は中止。地震、停電による買い出しの帰省になってしまいました。当然、6日~9日の予定はすべて中止になりましたが、10日と11日は予定通り友人と会うことができました。後日、紹介しますね。

 今も避難所にいらっしゃる方や亡くなられた方には、心からお見舞いを申し上げます。新千歳空港のお土産などの物販エリアも今日から営業再開です。空港も動物園も節電してますが、東日本大震災の時の施設より明るく感じ(LEDだからかな)、暗いと思いませんでした。私の姉のような存在のSさんは、層雲峡のホテルで仕事をしてますが、観光客が全く来なくなったと言ってました(地震の当日はろうそくの明かりで、7階から階段を下りて布団を運んだとか。もちろん今は電気が通ってます)。早く観光客が来て、活気が戻ってほしいです。もちろん節電をしながらですが。
 





 

2018年09月08日 (土) | 編集 |
  5日から札幌に帰省し、あの地震と大停電にあいました。ようやく電気が開通し、ブログも更新できます。今回は東京でパソコンで下書きしたものに、スマホで追加修正したものです。地震体験は、後日アップしますね。
8月に行った美術館は、札幌だけではありません。東京ステーションギャラリーにも行きました。9月1日には練馬区立美術館に行きました。2軒合わせて、紹介します。
東京ステーションギャラリーでは、9月9日まで「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。」を開催中。絵本の挿絵で有名ですが、私がいわさきちひろの絵を見るのは、25年以上前に下石神井のちひろ美術館に行って以来です。
ちひろ
 絵だけと思ってましたが、ちひろさんが使っていた手袋や帽子、ちひろさんお気に入りの品もありました。
 私が好きな絵は↓
ちひろ2
王子を想う人魚姫
ちひろ3
十五夜の月
 有名ないわさきちひろの展覧会なので、東京ステーションギャラリーは、今まで見たことがないくらい混んでました。しかも、老若男女様々なのは、いわさきちひろならではですね。癒される展覧会です。
練馬区立美術館で見たのは、9月24日まで開催中の「芳年ー激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」です。
ほうねん1
ほうねん2
ほうねん3
ほうねん4
  歌川国芳の弟子、月岡芳年の展覧会です。月岡芳年、名前を聞いたことがあるような、ないような。でも、展覧会を見て、たぶんどこかで見ていたかもと思いました。
  なんと263点もの展示、しかも大判の錦絵なので、鮮やか。見応えありました。年代順なので、変遷がよくわかります。
  江戸時代の幕末と明治維新を体験しているので、リアルな戦闘画やおどろおどろしい絵もあり、これが有名らしいです。
  でも、そんな絵ばかりではありません。
ほうねん5
「一魁随筆 西塔ノ鬼若丸」は、なんだか楽しいし、
ほうねん6
「風俗三十二相 うるささう 寛政年間処女之風俗」は綺麗な絵です。
  年を重ねるごとに、どんどん上手になっているのに驚きました。それほど有名にならなかったのは、活躍したのが江戸末期から明治初めと、他の浮世絵師に比べるとはるかに遅く、また激動の時代だったからでしょうか。
  癒しの展覧会とよく知らなかった浮世絵師の見応えある展覧会、良かったです。練馬区立美術館は、前庭も楽しいですね。
2018年09月05日 (水) | 編集 |
 昨日の台風、被害にあわれた方にはお見舞いを申し上げます。

私は都営地下鉄大江戸線の沿線に住んでいて、通勤には大江戸線を使うことがほとんどです(映画や買い物は半蔵門線経由が多いけど)。最近とある事情で都営交通の1日乗車券をいただいたので、7月に今まであまり行ったことのない勝どきや月島で降りてみました。それとは別の日に、友人と最寄りの清澄白河→両国→蔵前にも行ったので、併せて紹介します。
IMG_4725.jpg

 まずは勝どき駅から。勝どきは全く初めてではないけど、2014年に東京に戻ってからは初めて降りました。勝どきと言えば、やっぱり勝鬨橋。重要文化財なんですね。
IMG_4281_2018083113023929d.jpg
IMG_4283_201808311302424c0.jpg

 勝鬨橋から見える隅田川の景色もいいですね。
IMG_4282.jpg


 続いて月島駅です。ここも2010年と2015年に来てるけど、どちらももんじゃストリートのあたりだけで、じっくり歩いたことはありません(もんじゃは食べてません)。今回は行きたいところがあって、もんじゃストリートとは反対の方向に向かいました。
IMG_9582.jpg
IMG_9583.jpg
最初に行ったのは、佃公園。池もあり、隅田川にも出られる気持ちの良い公園です。

IMG_9584.jpg
IMG_4288_20180831135808c94.jpg
ホントは下の写真にある中央大橋まで行って、橋の上にあるメッセンジャー像を見たかったのですが、時間の関係でギブアップ。秋になったら、また行ってみようと思います。

 佃と言えば、有名なのは佃島でしょうか?今は埋め立てられて島とは言えないけど、昔ながらの風情が残っているところがありました。この辺りがかつての佃島のようです。
IMG_4286_20180831135806c45.jpg
IMG_4287_20180831135807fc9.jpg
IMG_4290_201808311427239df.jpg
赤い橋は佃小橋、真ん中と下の写真の奥にはタワマン群が。なんだか微妙な風景ですね。

 佃に行ったら、佃煮を買わなくちゃ。
IMG_4289_201808311358105d4.jpg
IMG_4293_20180831142725a90.jpg
江戸時代の1838年創業の天安で唐辛子(360円)を購入。もちろん味は言うまでもありません。

 月島駅に戻る途中、ちょっと面白いものを発見。
IMG_9586.jpgIMG_4291_20180831142724362.jpg
狭い路地の中にあったのは、江戸時代中期に建てられたのではないかと言われる佃天台子育地蔵尊。イチョウの木が天井を突き抜けているのが、すごい。月島は見どころが多いですね。また。ゆっくり行ってみたい。


 次の駅は、門前仲町。ここは昨年大きな事件があった富岡八幡宮と深川不動堂があります。1月に深川不動堂に行った(記事はここをクリック)ので、省略。

 
 門仲の次が、私の最寄り駅の清澄白河です。何回か紹介してますが、今回は昨年オープンした隅田川沿いのレストランPITMANSを紹介します。
IMG_4411_201808311500594ea.jpg
シェアホテルのLYURO東京清澄2階にあるバーベキューレストランです。

 90分のBBQビュッフェランチ(1750円、飲み物は別途)が人気ですが、お肉が苦手なので別メニュー(飲み物と合わせて税込み1566円)にしました。
IMG_4410.jpg
IMG_4409_201808311500577bf.jpg
前菜はやはりビュッフェで。写真を撮り忘れましたが、このほかにメインがあります。

 ここの「かわてらす」からの景色は抜群です。
IMG_4412_2018083115010172e.jpg


 やっぱり美しい清州橋。この日の数日前にほぼ同じ場所(LYUROの下の隅田川テラス)付近で夜景を撮りました。
IMG_4356.jpg
IMG_4357_20180831151926162.jpg
IMG_4361_201808311519282b8.jpg
IMG_4363_20180831151929bc2.jpg
夜景はさらにきれいですね。


 清澄白河の次は、私のもう一つの最寄り駅である森下駅ですが、有名な居酒屋以外は何もない?私は居酒屋には行かないので、7月に見た隅田川花火大会の穴場の写真を載せます。最初蔵前まで行ったのですが、見ようと思った場所、いざ始まったらほとんど見えないことがわかり、急きょ森下に戻り、両国方面に向かいました。ちょっと遠いけど、ほぼ完全に見えました。灯台下暗しですね。来年からはこの場所で見ます。
IMG_4478.jpgIMG_4480_201808311540180d0.jpg
ひどい写真ですが、実際はとてもきれいな花火が見えました。

 
 森下の隣は両国駅、ここは江戸東京博物館がすぐです。清澄白河のレストランPITMANSのランチの後にも行きました(記事はここをクリック)。
 

 博物館の後は隣の蔵前駅へ。目的は↓
IMG_4424_20180831154012372.jpg
IMG_4426_20180831154015227.jpg
IMG_4425_2018083115401379a.jpg
ダンデライオン・チョコレートファクトリー&カフェ蔵前です。1階はファクトリー、2階は広いカフェになってます。フローズンホットチョコレート(税込み680円)をいただきました。


 ほとんど通勤でしか使わなかった都営大江戸線ですが、降りてみると見どころがたくさんありますね。今度、他の駅にも行ってみようと思います。


2018年09月02日 (日) | 編集 |
 暑かった8月、なんと試写会も入れて8本の映画(うち2本は同じ映画ですが)を見ました。珍しく続けて試写会に当たったせいもありますが、1か月に8本見たのは久しぶりです。まだ紹介していなかった最後の2本を紹介します。

 中学時代からの友人二人と一緒に見たのは、女ばかりの犯罪チームの映画「オーシャンズ8」。

 ゲイリー・ロス監督、サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム=カーター、リアーナ、ミンディ・カリング、サラ・ボールソン、オークワフィナ他出演。TOHOシネマズ日比谷で。

 2001年公開の「オーシャンズ11」から2007年公開の「オーシャンズ13」の続編のようなものですが、今回のメンバーはすべて女性。今回のヒロイン、デビーは、前オーシャンズシリーズのダニー(ジョージ・クルーニー)の妹という設定が素晴らしい。アカデミー賞女優3名に加え、グラミー賞受賞者までいる超豪華な女優陣に加え、ニューヨークのメトロポリタン美術館(世界三大美術館の一つ)でロケをし、有名人が多数本人役で出演しているという、絢爛豪華な映画です。

 舞台はメトロポリタン美術館の資金集めのために行われる超豪華なファッションイベント「メットガラ」。このイベントの主催者は世界的に有名なファッション雑誌「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンター。アナ自身が本人役で出演してます。アナを主人公にした映画「プラダを着た悪魔」に出演していたアン・ハサウェイが重要な役で本作に出演しているのが面白い。

 テンポが速く、犯罪がテーマなのになぜか後味が良くてスカッとして、楽しい(オーシャンズシリーズすべてがそうです)。プロデューサーが同じスティーブン・ソダバーグだからでしょうね。メインの出演者が8人もいるのに、どんでん返しもあって、とても面白い。続編って、こうでなくっちゃね。あのミュージカル映画の続編とは大違いです。

 一緒に見た友人二人はメトロポリタン美術館に行ったことがあり、その時に何度も館内の行き方を聞いたスタッフが、やはり案内人役で出演していたそうです。カルティエやヴォーグも協賛してます。豪華なメットガラの様子が見られるのも、楽しい。ケイト・ブランシェットが、とっても素敵でした。(評価★★★★と★★★★☆の間)

オーシャン
オーシャン2
オーシャンズ8
一番下の写真は、二子玉川の109シネマズで撮ったものです。



 次に紹介するのは、モニターとモニターのはしごの間の空き時間に見た「タリ―と私の秘密の時間」。アカデミー賞女優のシャーリーズ・セロンが、この映画のために18kgの増量をしました(妊婦と出産後すぐの役のため)。

 ジェイソン・ライトマン監督、シャーリーズ・セロン、マッケンジー・デイヴィス、マーク・デュプラス、ロン・リビングストン他出演。TOHOシネマズシャンテで。

 あの美しいシャーリーズ・セロンとはまるで別人のように見えた妊婦&出産直後の姿。アカデミー賞を受賞した「モンスター」の時を上回る18kgの増量。顔もすっぴんに近く、育児疲れの母親そのものです。

 手がかかる二人目の長男(何かの障害児?)がいるのに、まさかの3人目の妊娠。それまで自力で頑張っていたマーロだけど、3人目が生まれてからはさすがにへとへと。とてもリアルなワンオペ育児です。そんなマーロを助けるために現れた不思議な女の子タリ―。最後のほうで驚くようなことがあるミステリー? タリ―はもしや・・・と思いながらも、よくわからないうちに終了。ちょっとモヤモヤしてましたが、この映画のホームページで解決(ネタバレなので、映画を見た後に見ることをお薦め)。今度は、確かめるために、また見たくなりました。まあ、もう少しわかりやすくしてくれたら、もっと良かったんですけどね。(評価おまけして★★★★と★★★★☆の間)

タ―リー2
タ―リー
タリ―3タリ―4