映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2018年07月19日 (木) | 編集 |
 連日の猛暑続き、体調を崩されていませんか? 不要な外出は避けたいけど、家の中にずっといるのも大変。こんな時は、涼しい映画館か美術館ですね。先週は久しぶりに4本の映画を見ました(2本は紹介済み)。残り1本(もう1本は後日紹介)と連休最終日に見た2本を、合わせて紹介します。 

 先週横浜の友人と、めったに行かない二子玉川の映画館で見たのは、ウディ・アレン監督の「女と男の観覧車」。82歳の監督、49本目の映画です。

 ウディ・アレン監督、ケイト・ウィンスレット、ジム・ベルーシ、ジュノー・テンプル、ジャスティン・ティンバーレイク他出演。109シネマズ二子玉川で。

 1950年代のコニーアイランドが舞台。観覧車のある景色がなんだか懐かしく、映像はとてもきれいです。ストーリーはつまらなくはないけど、それほどメリハリがないかな。ギャングらしきものが出てきたり、不倫があったりするけどね。ちょっとネタバレになりそうだけど、若い男のことを考えるより、火遊びが習慣化している自分の子供にちゃんと向き合えば、と言いたくなりました。

 ケイトはさすがの演技。年下男は有名なジャスティンだったのね。ジャスティン、名前しか知らなかったので、まったく気が付きませんでした。82歳の監督が創ったとは思えない、センスある映画です。(評価ちょっとおまけして★★★★)

女と男の観覧車
女と男の観覧車2
女と男の観覧車3
女と男の観覧車4
↑前日行ったユナイテッドシネマ豊洲で、衣装を展示してました。


 3連休最終日は映画のはしご。午前中に見たのは、あの恐竜映画の最新シリーズ「ジュラシックワールド 炎の王国」。2015年のヒット作「ジュラシック・ワールド」の続編。今年は「ジュラシックパーク」公開から25周年だそう。音響のいいドルビー・アトモスで見ました。

 J・A・バヨナ監督、クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、レイフ・スポール、ジャスティン・スミス、ダニアエラ・ビネダ、ジェラルディン・チャップリン他出演。TOHOシネマズ日比谷で。

 ストーリーは前作からつながってますね。今回は恐竜+火山の爆発で、最初から迫力満点、ハラハラドキドキの連続でした。恐竜の数はシリーズ最多だとか。確かにいろいろな恐竜が出てきます。ストーリー展開も巧みで、面白い。「ジュラシックパーク」を彷彿させるようなシーンがあったり、懐かしいマルコム博士も登場。あっという間の128分、とても楽しめる(ちょっぴり怖いけど)極上のエンターテインメントです。

 ただ、ラストはえっと驚きます。次も間違いなくありますね。この映画は長く語るよりも、実際に見てほしい映画です。IMAX 3Dで見てもいいかなと思ったけど、+500円になるのでやめました。IMAX 3Dなら、どれだけの迫力なんでしょうね。(評価ちょっとおまけして★★★★☆と★★★★★の間)

ジュラシックワールド
ジュラシックワールド2


 午後に見たのは、とても評判のいい「ワンダー 君は太陽」です。予告を見たときは、障害児のお涙ちょうだいものかなと思い、見る気はなかったのです(そういう映画は大嫌いなので)が、そうではないことがわかり、急きょ見ることにしました。

 スティーヴン・チョボスキー監督・脚本、ジュリア・ロバーツ、オーウェン・ウィルソン、ジェイコブ・トレンブレイ、イザベラ・ビドビッチ他出演。TOHOシネマズ日比谷で。

 全世界で800万部を突破したベストセラーの映画化。遺伝子の間違いで特殊な顔に生まれた男の子が5年生から学校に通うようになり、起きる出来事の数々。当然いじめが出てくるけど、アメリカの先生の対応は素晴らしい(現実はわからないけど)。友情あり家族愛ありのハッピーエンド。笑えるシーンも結構あって、決まりきった障害ものじゃないのがいいですね。健常者の姉が放っておかれて、孤独を感じているのが、とてもリアル。高評価の理由がよくわかりました。

 主役の少年は、2016年の「ルーム」に出ていた子、すっかり大きくなりましたね。子役がみんな素晴らしく、上手。この映画にも、「女と男の観覧車」と同じコニーアイランドのシーンがあります。コニーアイランド、いいですね。特殊メイクの担当は、今年アカデミー賞を受賞した辻一弘さんです。(評価:いい映画だけど、あまり私の好みではないのでおまけで★★★★☆)

ワンダー
ワンダー2


東宝シネマズ日比谷
TOHOシネマズ日比谷のロビーは、とっても広い。次に見るのは、当然「ミッション・インポッシブル」。昨日のプレミア試写会、応募したのに外れてガッカリ! トムはもう帰ってしまったかな。
スポンサーサイト
2018年07月17日 (火) | 編集 |
 7月4日に行った札幌の百合が原公園の続きです。ここには、約600種類の国内外の高山植物、極地植物、山草類が見られるロックガーデンとエリカ、カルーナなどの低性花木が見られるヒースガーデンがあります。小さくてかわいらしい花が見られました。
IMG_9567.jpg
IMG_9566.jpg
IMG_9565.jpg
IMG_9563.jpg
3枚目の写真はエーデルワイス。高山植物が市内で見られるなんて、うれしいですね。
IMG_9559.jpg
名前がわからないけど、きれいな花です。
IMG_9557.jpg
エリカスツアルテイイ(アイリッシュレモン)

 リリートレインと有料施設のセット券(500円)を買ったので、有料の世界の庭園にも行きました。最初は昭和58年造園の日本庭園(他の3庭園は昭和61年造園)へ。
IMG_4230_2018071710262983c.jpg
IMG_9569.jpg
IMG_9570.jpg
東京や京都にある歴史ある日本庭園ではないけど、それなりに美しい景色です。東屋に座って景色を見ると、落ち着きますよ。紅葉の時季はきれいでしょうね。

 続いて、中国庭園の瀋芳園へ。中国の伝統的な自然山水の庭園で、木組と屋根の瑠璃瓦は中国で造られたものだそう。
IMG_9571.jpg
IMG_9573.jpg
IMG_4231_20180717102631386.jpg
IMG_9575.jpg
↑奇岩『太湖石』は、瀋陽市から贈られたもの。ただここにはカラスがいるので、要注意です。

IMG_9576.jpg
IMG_9577.jpg 
ミュンヘンの造園家、G.トイチェが設計したムンヒェナーガルテン↑と
IMG_9579.jpg
札幌の姉妹都市、ポートランドの女性造園家B.フェリー設計のポートランドガーデンにも行きました。

 最後に行ったのは、緑のセンター温室。
IMG_9580.jpg
フクシアの展示会「貴婦人のイヤリング~多彩な花色と花形のフクシアコレクション~」が、なかなかきれいでした。

 なんとか雨に降られず、いろいろなお花を楽しめました。今は百合も見ごろになっているそう。世界の百合広場、今はきっときれいでしょうね。次回また行けたら、やっぱり百合の見ごろの時に行きたいな。
 
2018年07月15日 (日) | 編集 |
 6月30日~7月6日の札幌への帰省、行きは娘と一緒で、翌日から7月4日までは息子一家も来て、お掃除や食事の用意に追われ、大忙し。さらに、たまたま私と娘が買い物に行っている間に父が椅子から落ちて右肩を痛め、入院。病院通いで、ますます忙しくなりました。しかも、東京は梅雨が明けたのに、札幌はなぜか梅雨真っただ中。そんなわけで、7月の札幌を楽しめたのは正味1日半(半日×3)でした。

 父が入院して、息子一家が帰った7月4日の午後に中学時代の友人Yさんと彼女が運転する車で行ったのは、札幌市内北東部にある百合が原公園。昭和58年開園の25.4haものフラワーパークで、私は初めて行きます。札幌市の公園なので、一部を除いて無料。もちろん駐車場も無料というのが、いいですね。天気もなんとか曇りで、雨は降っていません(7月1日~3日はずっと雨でした)。

IMG_9581.jpg
公園に入ってすぐに迎えてくれるのは、名前の通りの百合の花。でもまだ時季が早かったようで、百合が見られたのはここを入れて数か所だけでした。

 園内を走るリリートレイン(有料)に乗れば公園全体の様子がわかるというので、乗ることにしましたが、次の発車まで30分近くあるので、駅舎の近くを歩いてみました。
IMG_4220_201807151147387b9.jpg
IMG_4222_2018071511474029c.jpg IMG_9539.jpg
IMG_9541.jpg
IMG_9542.jpg
少し歩くときれいな花が見えてきました。数は多くないけど、いろいろな種類の花が咲いてます。2段目左はマグノリア、名前は知ってたけどこんなに素敵な花だったのですね。右は百合ですが、つぼみはきれいなピンクで花が開くと黄色になるんですね。3段目はヤマボウシ、他の名前はわかりません。

IMG_4221_20180715114739c82.jpg
丘珠空港が近いので、こんな景色も見られます。

IMG_9545.jpg
IMG_9546.jpg
きれいな景色の中のリリートレインを見て、駅舎に向かいました。お得なリリートレイン+世界の庭園+温室のセット券(500円)を買って、12分の乗車を楽しみました。

IMG_4233_20180715125006732.jpg
IMG_4223.jpg
素敵な景色が見られます。サイロは昔実際に使われていたものですが、今は展望台です。

 リリートレインから降りたら、一番きれいだった景色が見られたところに向かいます。
IMG_9548.jpg
IMG_9550.jpg
IMG_4224_20180715125000ac5.jpg
IMG_4225_20180715125002ece.jpg
IMG_4226.jpg
紫のラヴェンダーと真っ赤な薔薇が同時に見られました。とってもきれい! 薔薇とラヴェンダーのコラボなんて、他では見られないかも。

IMG_4227.jpg IMG_9551.jpg
IMG_9552.jpg IMG_9553.jpg
薔薇とラヴェンダー以外にも、きれいな花が咲いてました。

IMG_9554.jpg
早咲きの百合も少しだけ咲いていたり、
IMG_9555.jpg
素敵な白樺並木も。
IMG_9556.jpg 
IMG_9561.jpg
ローズウォークの薔薇は、残念ながらほとんど終わり・・・、
IMG_9560.jpg
宿根草のボーダーガーデンもあります。

 この日、私が一番きれいだと思ったのはこの花↓ 名前はわかりませんが…(温室の近くで咲いてました)。
IMG_4234_20180715125743cbd.jpg

 百合が原公園は、とても広い! 続きは次回に。
2018年07月13日 (金) | 編集 |
 先週末に札幌から帰り、あわただしく予定をこなしてましたが、とりあえず一息つきました。それにしても、梅雨明けの東京はやっぱり暑い! 暑い日は涼しい映画館と美術館がいいですね。今週、あるモニター調査をするついでに見た2本の映画を紹介します。

 9日に見たのは、あの有名なスターウォーズシリーズのスピンオフで、ハン・ソロの若いころを描く「ハン・ソロ スターウォーズストーリー」です。

 ロン・ハワード監督、オールデン・エアエンライク、ウディ・ハレルソン、エミリア・クラーク、ドナルド・グローヴァー、タンディ・ニュートン、ポール・ベタニー他出演。TOHOシネマズ日本橋で。

 スターウォーズシリーズで有名になったハリソン・フォード。ハン・ソロといえば、やっぱりハリソン・フォードが浮かびます。若いころのハン・ソロは誰が演じるのかと思ったら、まったく知らない人。ハリソン・フォードはやや面長の顔なのに、全然違う四角い顔。ここで、まずイメージがくずれました。もう少し雰囲気が似ている人にはできなかったのでしょうか? あまりにも違うので、ちょっとね。アメリカ本国で不人気の理由は、もしかしてこれ?

 チューバッカやファルコン号との出会いやちょっとしたロマンスもあり、そこそこアクションもあって、ストーリーはまずまずなんですが、どうせならR2-D2やC-3POも出てきてほしかったかな。チューバッカとの出会いはかなり意外で、面白かったんですけどね。スターウォーズシリーズ本来の面白さには欠けるけど、SFアクションとしてはまあまあ楽しめました。(評価★★★★)

ハンソロ
ハンソロ2


 翌日に見たのは、迷路シリーズの最終作「メイズ・ランナー 最期の迷宮」。1作目はとても面白かったのに、2作目があまりにもつまらなくて、ネットで見る評価もかなり低かったので、最初は見なくてもと思ったのですが、先に見た友人に感想を聞いたら「とても良かったし、バージョンアップして面白かった」というので、見ることにしました。

 ウェス・ボール監督、ディラン・オブライエン、カヤ・スコデラリオ、トーマス・ブロディ=サングスター、キー・ホン・リー、ローサ・サラザール、エイダン・ギレン、ウィル・ポールター、パトリシア・クラークソン他出演。ユナイテッドシネマ豊洲で。

 2014年の1作目はタイトル通り迷路脱出、2015年の2作目はなんだかチャチな怪獣が出てきたりしてつまらなかったことしか覚えていません。最終の3作目は、いきなり列車のアクションシーンから始まります。2作目のつまらなさで、前作のストーリーをあまり覚えていなかったのに、話はつながっているのですね。せめて冒頭にダイジェスト版(ホームページにはありますが)をつけてくれると、もっとわかりやすかったのにと思います。

 アクションシーン満載だし、ストーリーもとてもいいので、そのうち映画に集中してしまいましたが。ハラハラドキドキの連続+友情の話で、感動もあります。まあ、「バイオハザード」に出てくるようなゾンビみたいな感染者が出てくるのは、ちょっとありきたりですが(アメリカ映画はゾンビ物が好きなのでしょうか?)。

 ラストはちょっと悲しいこともあるけど、最初から最後までとても面白く、あっという間の2時間22分でした。結構長い映画なのに、まったく飽きることはありません。ネットの評価に惑わされてはいけませんね。ホントに、見て良かったです。

 これだけの映画が、なぜ評価が低く、人気がないのかとても不思議。字幕版しか作らなかったのと、2作目がつまらなかったから見ない人が多い(翌日会った友人がそうでした)からでしょうか。翌日見た映画(近日中に紹介します)も入れて、3日続けて見た3本の映画の中では、この映画がダントツに面白かったですよ。上映館も上映回数も減ったけど、今上映中の映画の中では、これがお薦めです! 今の若い方(私の娘も含めて)、字幕の洋画は見ないんですよね。こういう若い世代が出る映画は、吹き替え版は必須でしょうね。もちろん、私のようなシニア世代が見ても、とっても楽しめる映画です(もちろん吹き替えではなく、字幕のほうがいいです)。(評価ちょっとおまけして★★★★☆)

メイズランナー
メイズランナー2


 おまけです。ハン・ソロを見たTOHOシネマズ日本橋があるのは、コレド室町。外に出たら、こんなものが見えました。
IMG_4277.jpg


 ユナイテッドシネマ豊洲があるららぽーと豊洲の前は、東京湾の入り江(?)。景色がいいですよ。
豊洲2
豊洲


2018年07月11日 (水) | 編集 |
 映画と同じくらいミュージカルが大好きな私、1年に数回は見てますが、ほとんどは劇団四季か東宝のミュージカル。先日、ブロードウェイなどで上演した海外のメンバーによるミュージカルを、2年ぶりに見ました。
IMG_4269.jpg
IMG_4273_20180711003128ba1.jpg

 ティム・ライス作詞、アンドリュー・ロイド=ウェバー作曲、ハロルド・プリンス演出というミュージカル界のゴールデントリオによる「エビータ」、渋谷ヒカリエの東急シアターオーブで見ました(7月29日まで上演中)。「エビータ」は、劇団四季の上演を何回か見た大好きな演目の一つです。浅利慶太さんが劇団四季を引退してからまったく上演がなくなり(たぶん10年以上)、ガッカリだったので、来日公演を知り、すぐに見ることを決めました。

 演出はたぶん四季とは多少違っていたと思いますが、曲はもちろん同じ。ストーリーは、1946年~1952年にアルゼンチンの大統領夫人だったエバ・パロンの半生を基にミュージカルにしたもので、史実とは若干異なるようです。1978年、ロンドンのウェストエンドで初演、その後ブロードウェイやブラジルでも上演、2012年にブロードウェイで再演されてます。

 この日、なぜか私も一緒に見た友人も開演時間と開場時間を勘違いし、開演に10分ほど遅れてしまいました。12時30分開演なんて、とても中途半端ですよね。

 付き合った男を利用し、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスに行き、ペロン大佐と知り合い、愛人になり、ついには大統領夫人になるが、33歳の若さで病死してしまったエビータの半生が、よくわかりました。今ならさほど珍しくない話ですが、第二次世界大戦前後の話で、ほぼ事実というのに、驚きます。素晴らしいのは、やっぱりエビータが歌う「Don’t Cry for Me, Argentina(ともにいてアルゼンチーナ)」。素晴らしい歌です。本場のミュージカルスターは、さすがに上手ですね。

 日本のミュージカルも結構レベルが高いと思いますが、たまには本場のミュージカルを見るのもいいですね。もちろんブロードウェイかウェストエンドで見られたらそれが一番ですが、アメリカやイギリスにはそうそう行けないので、来日ミュージカルを見るのがいいかもしれません。実話に基づく面白いストーリーと素晴らしい曲、「エビータ」見られて良かった! ロンドンのウェストエンドには5年前に行ったので、いつかブロードウェイで本場のミュージカルを見たいな。

エビータ2
エビータ


 東急シアターオーブがあるのは、渋谷ヒカリエ。上演の前に、7階のスペインバル(レストラン)「Bar Español LA BODEGA(ラボデガ)」で早めのランチ(ゆっくりしすぎました!)。

IMG_4270.jpg IMG_4271_201807110027157a2.jpg
2014年にスペインに行ったときに食べられなかったタパスのセットのランチ(1200円)にしました。今回は開店と同時に入ったので混んでいませんでしたが、何年か前に行ったときは行列でした。おいしいだけあって、人気店です。

 ミュージカルを見た後は、他のフロアをのぞきながら、エスカレーターで下りました。
IMG_4272_201807110031266c8.jpg
11階の東急シアターオーブから見た渋谷の街
IMG_4274_20180711003128f00.jpg
ただいま工事中の渋谷駅周辺。完成後の予想模型も11階で見られます。

IMG_4275_20180711003130f2f.jpg
8階にある「川本喜八郎人形ギャラリー」。NHKの人形劇「三国志」や「平家物語」などの人形を制作した川本喜八郎のギャラリーです。ギャラリー内での撮影はできませんでした。