FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2019年01月15日 (火) | 編集 |
 昨年紹介しきれなかったランチに行ったレストランの紹介。次は11月と12月に行ったレストラン4軒+αです。最初に紹介するのは、国立新美術館でボナール展と東山魁夷展をはしごした日のランチです。
ポールボキューズ3
ポールボキューズ4

 あの独特な形の国立新美術館3階にあるフレンチレストラン「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」。昨年91歳で亡くなったポール・ボキューズ、50年以上ミシュラン☆☆☆をとり続けたレストランの日本の支店の一つです。国立新美術館ができたときからありましたが、ここに入ったのは2回目かな。ランチは予約ができないので、少し待ちました。

 いただいたのは、MENU BLANC (本日のランチセット) 2,200円(税別)。
ポールボキューズ ポールボキューズ2
さすがのポール・ボキューズ、とてもおいしくいただきました。

 国立新美術館の3階に、こんなスペースがあるのは知りませんでした。
ポールボキューズ5
夏は出られるのかな?


 翌日は原宿へ。娘が友人の結婚式の引き出物のカタログで選んだペア食事券、平日にしか使えず行けなくなったので、私に回ってきました。
南国酒家
南国酒家原宿本店本館です。

南国酒家2 南国酒家3
南国酒家4 南国酒家5
平日限定ランチ(1450円)だったのかも。ボリュームたっぷりで、おいしかったですよ。広い店内が平日にもかかわらず、満席に近かったのに、納得です。


 TOHOシネマズ日本橋で「ファンタスティック・ビースト」と「人魚の眠る家」のはしごをした日のランチは、割烹とよだ。夜は割烹だけど、平日の昼はお手頃なランチがいただけます。
とよ田5
とよ田4
とよ田 とよ田2
左は友人、右は私がオーダーしたもの。1620円ととてもお手頃でした。もちろん、とてもおいしい。日曜日はお休みなので、これからは土曜日に映画を見に行くようにしようかな。


 そして、「ボヘミアン・ラプソディ」の1回目を見た日のランチは、銀座ことひで。A5ランク隠岐牛ハンバーグコース。季節のすり流し、海鮮彩りサラダや季節の焼野菜などで、2500円。一休.comで予約しました。
銀座ことひ

銀座ことひ2 銀座ことひ3
銀座ことひ4 銀座ことひ5
隠岐牛のハンバーグはもちろん、すり流しがほんのり甘くて特においしかった。


 おまけです。原宿の南国酒家でランチをした日、最後にお茶したのは↓
セレンディピティ
セレンディピテ2
とってもおしゃれでかわいいカフェは、ニューヨークから来たSerendipity 3

セレンディピテ3
有名なのはフローズンホットチョコレートだけど、これはカフェセレンディップ(745円)かな。たまたま入ったのですが、ニューヨーク・マンハッタンの本店は、2001年公開の映画「Serendipity(セレンディピティ)」の舞台になったのですね。

 Serendipity3があるのは、東急プラザ表参道原宿店。店内から外に出る時に鏡に映って見える景色が面白い。
セレンでぴてぃ





スポンサーサイト
2019年01月11日 (金) | 編集 |
 最近とても寒い日が続いてますが、体調を崩したりしていませんか?今さらではありますが、昨年書けなかったランチで行ったレストラン、昨年の10月と11月に行った4軒のレストランと+αの情報です。

 最初に紹介するのは、10月に東京メトロのウォーキングイベントに参加した時に行った浅草の創業67年の洋食店「ヨシカミ」です。
ヨシカミ3

 有名店だけあって、土曜日の午後2時半過ぎでも少し並びました。店内は結構広い。そしてあちこちに、この店に来た芸能人らの色紙を飾ってます。
ヨシカミ4

 いただいたのは、ズパゲティナポリタン(1200円)、一緒に行った娘はオムライス(1300円)。
ヨシカミ
ヨシカミ2
ナポリタンは懐かしい味で、もちろんとてもおいしかった!懐かしい雰囲気の洋食レストランって、いいですね。


 続いては、午前十時の映画祭で「ソフィーの選択」を見た後に行った「ハタケカフェ」。9月にオープンした日本橋高島屋新館の4階にあります。
はたけ
はたけ3
はたけ4
はたけ5
野菜中心のヘルシーなランチ(1840円)です。もしかしたら、メイン料理の写真を撮り忘れてる?高級系のレストランが多い新館ですが、ここは比較的お手頃価格です。

はたけ2
日本橋高島屋の新館と本館の間は、まるでヨーロッパの街角みたいにおしゃれな雰囲気でした。


 東京文化財ウィークで芝と白金を歩いたときに行ったランチは、一休.comで予約した「ブラッスリーHARUNA」。白金にあるのに、お手頃なレストランです。
ハルナ
ハルナ5 ハルナ6
ハルナ3 ハルナ4
ハルナ2
前菜、サラダ、スープ、大山鶏のロースト(季節の野菜を添えて)、デザート、コーヒーで税・サービス込み1944円。おいしくて、リーズナブル。鶏肉あまり好きじゃないけど、大山鶏のローストはおいしくいただきました。


 久しぶりに行ったのは、「美々卯」京橋店。
みみう

いただいたのは、もちろんこれ↓
みみう2
冬はやっぱりうどんすき!とってもおいしくいただきました。Kさん、ごちそうさまでした。


 おまけです。TOHOシネマズ日本橋で「旅猫リポート」を見た後に行った有名パティシェのチョコレートカフェ↓
アランデュカス
ルショコラ アラン・デュカス」、チョコレートショップとファクトリーとサロンがあるチョコレートの工房です。奥のサロンでいただいたのは↓
アランデュカス2
ショコラ・ショーとブリオッシュ・オ・ショコラ・トステ(セットで1620円)。席から、ファクトリーで働いている人が見えました。
アランデュカス3
さすが有名店、おいしいけど、ちょっとお高いかな。

 
 昨年10月と11月に行った東京のレストランとチョコレートサロンの紹介でした。11月と12月に行ったレストランとカフェ、まだ10軒ほどあります。2回に分けて、後日紹介しますね。




2019年01月07日 (月) | 編集 |
 長いと思っていた年末年始休暇もあっという間に終わり、昨日、1月7日は仕事始めでした。お休みの間、ほぼ予定通りに映画を見ました。4本見る予定が、上映劇場と時間の関係で3本になってしまったけど、どれも音楽系の映画です。

 2019年の最初に見たのは、午前十時の映画祭9の「パリの恋人」でした。オードリー・ヘプバーン主演のミュージカル映画です。

 スタンリー・ドーネン監督、オードリー・ヘプバーン、フレッド・アステア ケイ・トンプソン、ミシェル・オークレール他出演。TOHOシネマズ日本橋で。

 なんと1957年の映画です。本屋の店員だったオードリーがモデルにスカウトされて、パリに行って、カメラマンと恋をして・・・。オードリー自身が歌って、ダンスもします。「マイフェアレディ」では歌は別の人の吹き替えになったけど、こちらは本人が歌って踊ります。オードリーの歌なかなか上手ですよ。ダンスもまあまあ。オードリー初のミュージカル映画です。

 ジバンシーのドレスに身を包み、凱旋門やオペラ座、ルーブル美術館でファッション雑誌のモデルとしてポーズをとるオードリーはとっても素敵で、なかなかおしゃれな映画ですが、相手役のフレッド・アステアがいくらなんでも年を取りすぎていて、ちょっとね。ミュージカルのビッグスターだから当然ダンスは素晴らしいけど、27歳のオードリーの相手役が57歳のフレッドって、無理がありますね(57歳よりは若く見えたけどね)。

 でも、60年前のパリはやっぱり素敵でした。とても素敵な教会が出てきましたが、Château de la Reine Blancheというシャンティイの森の近くにある小さなお城だそう。いつか行ってみたい。(評価★★★★)

パリの恋人2
パリの恋人


 往年の名画が見られる午前十時の映画祭、なんと4月から来年3月までの次のシーズンで終わってしまうそう。とても残念です。今回のシーズン9、3月の「大統領の陰謀」も見に行かなくては!

 
 この日はまたしても映画のはしごで、午後は2回目の「ボヘミアン・ラプソディ」。念願の応援上映で見たけど、意外とおとなしい人が多くて、今一つ盛り上がりに欠けたのがちょっと残念!12月1日に初めて見て(記事はここをクリック)、すっかりクイーンにはまり、サントラ盤CDも買いました。DVDが出たら、もちろん買いますよ。
ボヘミアン・ラプソディ2 ボヘミアン・ラプソディ1
ボヘミアンラプソディ
なんと、ゴールデン・グローブ賞の作品賞と主演男優賞を受賞しました。アカデミー賞もとれるかな?

 
 翌日見たのは、超有名オペラ歌手のドキュメンタリー映画、「私は、マリア・カラス」です。

 トム・ヴォルフ監督、マリア・カラス、ファニー・アルダン(朗読)出演。TOHOシネマズシャンテで。

 没後40年にして存在がわかった未完のマリア・カラスの自叙伝と未公開映像や音源でマリア・カラスがよくわかる映画です。もちろん、マリア・カラスの現役時代の曲も聴けます。マリア・カラスは有名だから名前は知ってるけど、リアルタイムはもちろん、映像でも聴いたことがありませんでした。マリアの歌を聴きたくて映画を見に行ったのですが、驚くようなエピソードがありました。

 マリア・カラスは、あのジャクリーヌ・ケネディの再婚相手のオナシスと長い間愛人関係で、ジャクリーヌとの婚約寸前まで続いていたとは、まったく知りませんでした。一人の女性としてのマリアの苦悩も伝わります。

 ドキュメンタリーなので、ちょっと眠くなる時もあったけど、マリア・カラスの歌はさすがに素晴らしかったです。できれば、舞台の場面をもっと増やしてほしかったかな。(評価少しおまけして★★★★)

私はマリアカラス
私はマリアカラス2

私はマリアカラス3
日比谷シャンテの3階に、こんな展示がありました。


 ミュージカルが好きだから、音楽系の映画はほぼ見てしまいます。もちろん、音楽系以外も見ますけどね。今年も見たい映画がたくさんあります。ゴールデングローブ賞で3部門を受賞した「グリーンブック」やクリスチャン・ベイルが主演男優賞をとった「バイス」、「女王陛下のお気に入り」「天才作家の妻―40年目の真実ー」「ビール・ストリートの恋人たち」などの女優賞受賞作も見なくっちゃね!
2019年01月04日 (金) | 編集 |
 昨年は忙しすぎて、ブログを書く時間もあまりなくて、書き残しがありました。ホントは年内にと思ってましたが、無理だったので、昨年の記事をいくつか書きます。最初は、12月に行った札幌のホワイトイルミネーション以外のことです。

 12月14日の夜の便で札幌に行きました。目的は、大学時代のミニ同期会に出席するためですが、今回は実家には泊まらず、ホテルを予約しました。父が11月にサービス付き高齢者向け住宅に入居したので、現在実家は空き家です。北海道の真冬の空き家には私はいられないので(ストーブの付け方も知らないし、何より雪かきをしていないので入るのが大変です)、ホテルに泊まることにした次第。12月からフルタイムの仕事もしてるので(3か月更新、最長3年の派遣契約ですけどね)、2泊3日の旅です。

 12月14日の日中、札幌や千歳はかなり雪が降ったようで、その影響で飛行機が1時間半以上も遅れ、ホテルにチェックインしたのは夜中の12時近く。15日の夜が同期会だったので、午前中は父がいるサ高住に行き、その後友人Pちゃんとの遅めのランチ(詳細は後日)までの空き時間に行ったのは、8月から気になっていたここです↓
IMG_5520_201901021304217ff.jpg
IMG_5521.jpg
旧永山武四郎邸及び旧三菱鉱業寮。下の写真は、明治10年代前半に建てられた永山武四郎の私邸。1911年に三菱合資会社が土地と建物を買収し、上の写真の三菱鉱業寮を増築したものです。

 永山武四郎は鹿児島出身の明治時代の軍人で、北海道庁長官となり、北海道の開発に尽力した人です(小学校の社会科で北海道の歴史を習ったけど、永山武四郎は今回初めて知りました)。明治初期の建物が札幌にあったとは、ちょっと感激でした。今は地域のコミュニティの場にもなっているようです。中の見学は無料、和洋折衷喫茶もあります。

 最初に見たのは、旧永山武四郎邸。広い和室(表座敷)と応接室などから成ってますが、窓から見える雪景色がきれいだったので、なぜか窓の写真ばかりです。
IMG_5512_2019010213041738d.jpg
IMG_5513_201901021304181c6.jpg
障子窓の格子が素敵です。
IMG_5514.jpg
こちらは、家族の居室への入り口だったはず(今は行けません)。応接室の写真を撮っておけばよかった、残念!

IMG_5515_20190102130512c14.jpg
歌人であり鉱山学者だった山口青邨が、ここの庭にある朴の木を見て詠んだ句です。

 続いて旧三菱鉱業寮へ。昭和12年(1937年)ころに建てられた洋館です。こちらは地域のコミュニティに開放されている部屋が多いようです。
IMG_5516.jpg
レトロな電話室
IMG_5519_20190102130516940.jpg
素敵なホール
IMG_5518.jpg
クラシックな丸窓から見る雪景色は何とも言えず、素晴らしかった!

 明治時代初期と昭和初期、古い建物が札幌に残っていて、良かった! 古い建物って、なぜか落ち着くんですよね。昨年8月に隣のサッポロファクトリーで映画を見たときにここを通ったけど運悪く休業日で入れず、ずっと心残りでした。これからは札幌に行く機会が減るので、見られてホントに良かったです。ただ一つ残念だったのは、時間がなかったので、和洋折衷喫茶の「ナガヤマレスト」に入れなかったこと。いつになるかわからないけど、行けたらいいな。

 すぐ隣のサッポロファクトリーは、季節柄クリスマスムードでいっぱいでした。ここのクリスマスツリーは、札幌ではとても有名です。
IMG_5509_20190102130511ddf.jpg
IMG_5528_20190102191842e56.jpg

 
 他の札幌の名所もご案内。10月いっぱいまで外装工事中で見られなかった札幌市時計台、きれいになりました。
IMG_5507.jpg
 
 北海道庁旧本庁舎の冬景色も。夏には睡蓮が見られた池、半分凍ってましたが、カモが元気に泳いでいてビックリ!
IMG_5565_20190102191845ed9.jpg
IMG_5566_201901021918460b8.jpg

 クリスマスシーズンはさっぽろテレビ塔のイルミネーションがとってもきれい。
IMG_5560_201901021918433d9.jpg

IMG_5568_201901021919132b6.jpg
こちらは、石屋製菓キャンディラボ。キャンディを作っている様子が見られ、もちろん買うこともできます。私も買いました。
IMG_5616_201901021948553c0.jpg
キャンディだと思っていたけど、チョコレートでした。でもとってもおいしくて、くせになりそう。ここにはお手頃価格の商品が多いので、お土産をたくさん買わなければいけないときにお薦めかも。

 冬の札幌、寒くて映画くらいしか楽しみがない(美術館も今一つの時が多いので)と思っていたけど、そうでもないですね。冬に行くことは、たぶんもうないかもしれないけど、スキーやスノボ以外にも楽しめるところがありますよ。
2019年01月02日 (水) | 編集 |
 明けましておめでとうございます。平成最後のお正月ですね。東京はとても穏やかな天候です。この天候のように、今年は穏やかな1年であればいいですね。

 私は元旦から、温泉旅行に行っている娘に頼まれて、娘の飼い猫に餌をやるために横浜の綱島まで行きました。仕事は来週の7日からで、3日と4日に映画を見に行くくらいでこれといって予定はありません。こんなに何もないというのは、初めてかも。まあ、今日2日は初詣に行きましたけどね。

 住んでいる地区が深川と呼ばれる東京の下町で、近くの清澄白河付近は寺町なのかお寺がたくさんあります。そのせいか、お正月になると寺社巡りをする人がたくさんいます。明治末期から始まったらしい深川七福神巡りです。私も引っ越してきてすぐのお正月は七福神巡りをしましたが、翌年からは全部は回らず一番近い深川神明宮(寿老人)か他のお寺1か所くらいで済ませています。

 今年とりあえず目指したのは、七福神ではないけど、昨年あまりの混雑で参拝を断念した深川不動堂。門前仲町にありますが、歩いて20分ほどで行けます。
深川七福神2
ここは成田山の分院なんですね。

 去年ほどじゃないけど、行列だったので、やはり断念。でも、面白いものを発見。
深川七福神3 深川七福神4
大きな白いわらじ。去年行ったとき(初詣ではなくそのあとに)にもあったようだけど、気がつきませんでした。今回は真っ白だから目についたのでしょうね。右の写真の仏像もなかなかいいと思いませんか?


 深川不動堂のすぐ隣は、深川七福神の恵比須神が祭られている富岡八幡宮。一昨年12月に忌まわしい事故があったのは、まだ記憶に新しいですね。ちょっと覗いてみました。
深川七福神
昨年はさすがにガラガラだったけど、今年はそこそこ混んでました。でもやっぱり以前ほどではないような・・・。


 結局行ったのは、昨年と同じ龍光院、深川七福神の毘沙門天が祭られてます。
深川七福神7
深川七福神6
上の写真を拡大すると、勇気の神様、毘沙門天がチラッと見えますよ。

深川七福神9
可愛いちんねんさんの像も。ここは小さなお寺で、参拝客もそれほど多くありません。おみくじには、小さな毘沙門天がもれなく付いてきます。
深川七福神10


 おまけです。龍光院に向かう途中に見つけたお花、きれいでした。
深川七福神5

深川七福神8
こちらは深川七福神ではありません。昨日娘のアパートに行く途中にあった綱島諏訪神社、ものすごい行列でした。元日って、一番混みますね。

 遠くまで初詣に行くのも悪くないけど、お散歩を兼ねて歩ける範囲で初詣ができるのはとてもいいですね。去年はホントにいろいろあって大変だったので、今年は良い年になればいいな。

 今年もよろしくお願いいたします。皆様にとっても良い年となりますように、願ってます。