FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2019年06月15日 (土) | 編集 |
 5月のことですが、高尾山に登りました。高尾山は9年ぶり、2回目。前回は往復リフトでしたが、今回は上りも下りも自力です(前回の記事はここをクリック)。前日までケーブルカーにしようか、自力で登ろうか、友人とLineで相談。結局、当日高尾山口まで行って、その時の体調で決めようということに。
IMG_0406_20190615151201323.jpg

 登山は体調が悪いと危険です。なんとか大丈夫そうだったので、とりあえず登りはケーブルカーもリフトも使わず自力で行くことにしました。帰りは、またその時に考えることに。
IMG_0407.jpg
IMG_0408.jpg
IMG_0411.jpg
前回はリフトだったから、登り口にある小さな滝や石碑は見ていなかったかも。

 高尾山の登山路はたくさんあります。一番人気なのは、頂上の近くまで舗装されている1号路、最初はこの道を進みます。
IMG_0417.jpg
IMG_6676.jpg
IMG_6678_2019061515151380c.jpg
高尾山には杉の木が1万本植えられてるみたい。昔誰かが奉納したらしい。その頃は、まさか花粉症が起きるとは思っていなかったのでしょうね。

 景色が開けたところはケーブルカーの降り口。急に人が増えました。この辺りにはいろいろなお店がありますね。
IMG_6679_20190615151514311.jpg
IMG_0422.jpg
IMG_6682_20190615151515285.jpg
お昼にはちょっと早いけど、混まないうちに十一丁目茶屋で、高尾山名物のとろろそばのランチ。谷側の席で絶景を見ながらのランチは、格別でした。

 山頂目指して、登山を再開します。
IMG_6683_201906151533443d4.jpg
前回も見た樹齢450年のたこ杉。
IMG_0423.jpg
IMG_0424.jpg
浄心門をくぐって、1号路とはお別れ。2号路経由で4号路に進みます。

IMG_0427.jpg
IMG_6688_2019061515334525a.jpg
舗装道路ではないので、ようやく登山って感じ。鎌倉の天園ハイキングコースに雰囲気が似てるかも。浄心門から15分くらいで4号路のハイライト、みやま橋に到着。つり橋だけど、全然怖くありません。橋を渡ってからも、まだ登りは続きます。

IMG_0435.jpg
ちょっと険しいところもありましたが、30分ほどで無事山頂に着きました。時期的に毛虫がとても多かった。虫が怖くて泣いている子供やキャーキャー言う若者が結構いました。私の服にも毛虫が付いたり、さすがに嫌でしたね。

IMG_6692_20190615153520afd.jpg
IMG_6693_201906151535223c8.jpg
IMG_0439.jpg
10連休の翌週だったので、それほどの混雑ではなかったかもしれないけど、山頂の標識のところは写真を撮る人が行列でした。9年前にはほとんど見なかった外国人がとても多い。

 山頂で写真を撮ったり、一休み。高尾ビジターセンターにも寄ってみました。
IMG_0440_20190615160623bc1.jpg
IMG_0442.jpg
スタッフはとても親切。トイレの場所と食べてる人が多かったソフトクリームを売っているお店を教えてもらい、帰りのコースを相談しました。

 11時前に登り始め、途中ランチなどで1時間くらい休憩して、山頂に着いたのは1時20分過ぎ? 登山の正味時間は1時間半くらいかな?いろいろな山の花を見ながらの登山は想像以上に楽しかったです。山頂ではソフトクリームを食べて、今度は下山です。下山も歩いて下りることにしました。続きは次回に、お花の写真も次回にね。

スポンサーサイト
2019年06月13日 (木) | 編集 |
 5月は例年のごとくお子様映画ばかりで、珍しく映画は1本しか見ませんでした。6月に入り大人向け映画も増えたので、先週末は久しぶりに映画のはしごをしました(間は美術館でしたけどね)。2本まとめて紹介します。
パリ、嘘つき3
パラレルワールド3

 最初に紹介するのは、久しぶりのフランス映画「パリ、嘘つきな恋」。フランスの有名なコメディアンが監督、脚本、主演を兼ねてます。

 フランク・デュボスク監督・脚本・出演、アレクサンドラ・ラミー、キャロライン・アングラ―ド、エルザ・ジルベルスタイン、ジャラール・ダルモン他出演。シネクイントで。

 女好きでリッチな独身アラフィー男ジョスランが、実家で母が使っていた車いすに座っていたらたまたま隣の美女が現れ、車いす利用者と思われて・・・。障碍者の話だけど、一味違います。クスッと笑えて、感動しての大人のラブストーリー。コメディアン俳優の初監督作とは思えないほど完成度が高く素敵な映画です。

 パリが舞台なのに、なぜかパリの有名な景色は出てこないけど、プラハのレストランとジョスランの自宅での食事のシーンはとっても素敵でした。邦画にはまずない大人のラブストーリー、そして障碍をつらいものや悲しいものとして扱わないところが素晴らしい。久しぶりに見たフランス映画、とても良かったです、(評価★★★★と★★★★☆の間)

パリ、嘘つき2
パリ、嘘つき


 次に紹介するのは、私も大好きな人気作家東野圭吾の小説の映画化「パラレルワールド・ラブストーリー」。難解なミステリーが映画になりました。

 森義孝監督、玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太、筒井道隆、美村里江他出演。渋谷HUMAXシネマで。

 東山圭吾が20代で構想し、30代で書いたミステリー小説の映画化です。私は数年前に原作を読み、とても面白かったのは覚えてますが、ストーリーはほとんど覚えていませんでした。それでもキーになることはなんとなく覚えていたので、すんなりとストーリーに入っていけましたが、原作を読んでいないと理解するのに多少時間がかかるかもしれません。

 主演の玉森君、なかなかの演技でした。ジャニーズのKis-My-Ft2のメンバーなんですね。嵐以降のジャニーズ、全然知りません。脳科学がテーマのストーリーは面白いけど、初めはちょっとわかりにくい。わかりにくいのに、ひきこまれます。

 最初私は、東野圭吾の別の小説「パラドックス13」と混乱してました。パラドックスも面白かったですよ。こちらも映画化されないかな?(評価★★★★)

パラレルワールド2
パラレルワールド

 渋谷で映画を見たのは、久しぶりです。もともとBunkamuraミュージアムに行く予定で、映画もということになり、渋谷だったので「パリ、」を見ることに。夕方から別件で出かける予定が中止になり時間ができたので、パラレルも見られました。渋谷は基本、Bun
kamura とヒカリエのシアターオーブにしか行きません。久しぶりにセンター街を通りましたが、やっぱりあの通りは人が多くて、疲れますね。

ゴールデンウィークのお子様映画の反動で、6月は見たい映画が多い。ディズニーだけど、四季のミュージカルが最高に楽しかったから「アラジン」は絶対に見たいし、樹木希林企画の「エリカ38」も見たいけど、見る時間があるかな?
2019年06月09日 (日) | 編集 |
 4月終わりの連休中というちょっと古い話になりますが、十数年ぶり(?)に代官山に行きました。目的は、大正8年に建てられた旧朝倉家住宅の見学。東京府議会議長や渋谷区議会議長を歴任した朝倉虎治郎氏の旧住宅で、重要文化財です。
IMG_0290.jpg

 にぎやかな旧山手通りから1本中に入ったところにある木造2階建ての立派な邸宅、60歳以上はなんと無料でした(一般100円)。1階の応接間を見てから2階へ。
IMG_0293.jpg
IMG_0294.jpg
IMG_6412_20190609151031f3f.jpg
IMG_6413_20190609152740b0d.jpg
とても広くて、とても素晴らしい和室ばかり。2階から見た庭園が素敵。2階の広間を見たら1階に戻ります。

IMG_0291.jpg IMG_0292.jpg
IMG_0297.jpg IMG_0299_201906091511115fc.jpg
IMG_0300_20190609151112793.jpg IMG_0301.jpg
細かなところにも歴史を感じます。

 1階のかつての大会議室だった部屋からはきれいな庭園が一望できます。まるで額縁庭園!
IMG_6416_201906091527413c6.jpg

 もちろん、この素晴らしい庭園の散歩も。
IMG_6420.jpg
IMG_6417_20190609152743048.jpg
IMG_6418.jpg
青モミジが美しい。モミジの花(下の写真)を初めて見ました。

IMG_6421.jpg
IMG_0303_201906091527392f0.jpg
美しい日本庭園に素敵な住宅が映えますね。土蔵もありました。


 素晴らしい日本住宅と庭園を満喫して外に出たら、すぐ近くに神社があるようなので、ちょっと寄り道。
IMG_6424.jpg
IMG_0305.jpg
階段を上った先にあるのは、地名「猿楽町」の由来になっている猿楽神社。小さな神社で、この小さな山(?)は、なんと猿楽塚という古墳でした。

 次に15分ほど歩いて行ったのは、西郷隆盛の弟西郷従道の邸跡にできた西郷山公園。10549.6㎡の結構広い公園です。
IMG_6428.jpg
IMG_6429_201906091606356ac.jpg
IMG_6430.jpg
IMG_6431.jpg
IMG_0306.jpg
4月末だったので八重桜などのお花がきれい。青い花はネモフィラ?

IMG_6432.jpg
冬は富士山も見えるらしい。

IMG_6434.jpg
天皇陛下と皇后陛下のご成婚記念樹もありました。


 代官山って素敵なレストランやカフェや雑貨店が多い街だけど、ちょっと歩けばこんなに素敵な公園もあるのですね。駅に戻る途中にあったのは↓
IMG_6426.jpg
IMG_6427.jpg
エジプト大使館
IMG_6435.jpg
フレンチレストラン「マダム・トキ」。とっても素敵なレストランだけど、ランチが平日でも4300円じゃ、絶対に行くことはないと思います。この後、有名カフェでお茶をして(詳細は後日)、解散となりました。

 
 この日、午前中は国立新美術館で、ランチは恵比須(詳細は後日)、そのあとの代官山散歩でした。10年以上前には雑貨店巡りやレストランなどでヒルサイドテラスに行ったりしましたが、最近はすっかりご無沙汰していた代官山。レストランや雑貨店以外にもいろいろあるんですね。久しぶりの代官山、楽しい散歩になりました。
2019年06月06日 (木) | 編集 |
 6月に入り、今週末あたりからそろそろ梅雨入りでしょうか? 梅雨はうっとうしいけど、梅雨時に映える花もありますね。この時季は花菖蒲か紫陽花でしょうか。先日、東京メトロのウォーキングイベントで花めぐりをしました。参加したのは、東京まちさんぽです。

 東京まちさんぽは東京メトロの駅をスタートし、別の東京メトロの駅がゴールとなる不定期のウォーキングイベントで、私はこれまで2回参加し、今回は昨年の1月以来3回めになります。今回は季節の花を楽しめるとても魅力的な散歩コース。スタートは半蔵門線押上駅、我が家の最寄り駅からわずか3駅です。押上駅の改札で友人と10時に待ち合わせ、受付を済ませて、スタートです。

IMG_6770_20190605220344c89.jpg
スカイツリーを横目で見て、
IMG_0491_201906052209387fb.jpg
古そうな陸橋を見ながら道路を渡り、
IMG_0492_2019060522093989b.jpg
IMG_6771_20190605220346f69.jpg
隅田川沿いを歩いて、さらに進みます。

 1時間ほど歩いて着いたのは、向島百花園(入園料150円)です。
 IMG_6772_20190605220347ce9.jpg
ここは2014年4月に来て以来2回目。前回はあまり花は咲いていませんでしたが(前回の記事はここをクリック)、今回は?

IMG_6773_20190605220349e8f.jpg
IMG_6775.jpg
IMG_6776_2019060522094265b.jpg IMG_6774_201906052203500e6.jpg
IMG_6781.jpg
IMG_6783.jpg
名前を知らない花が多かったけど、かわいい花がたくさん咲いてました。一見地味だけど味がある野花でしょうか。白い花が素敵でしょ。

 今あちこちで咲き始めている紫陽花もありましたよ。
IMG_6779.jpg

IMG_6780_20190605221946e39.jpg
絶景ポイントを眺めながら、しばし休憩。5年前より草木が生い茂っているかも。ここでは600種類もの花が咲くとか。萩のトンネルを見に、秋にまた行くのもいいかな。


 次の目的地に向かい再び歩きます。
IMG_0495_20190605223512c4d.jpg
荒川を渡って、
IMG_0496.jpg
堀切菖蒲水門を見ながら、さらに進むと↓
IMG_0497.jpg
堀切菖蒲園です。6月16日まで堀切菖蒲まつりを開催中。向島百花園から約1時間でした。

 いつか行ってみたいと思っていた菖蒲園です。6月1日、この日は四分咲きくらい?なかなか見ごろでしたよ。昨年リニューアルしたそう。一緒に行った友人はかなり前に行ったことがあって、ずいぶん変わったと言ってました(広く、バリアフリーになったみたい)。
IMG_0500.jpg
IMG_6785.jpg
IMG_6786.jpg
IMG_6789_201906052237108f3.jpg
色とりどりで、とってもきれい! 花菖蒲もいろいろな種類がありますね。

IMG_6790_20190605225146756.jpg
園内に初めて見る珍しい花が咲く木がありました。フェイジョアという南米原産の花です。

 入ってきたところとは違うところから出たら、こちらには紫陽花が!
IMG_6795_20190605224803487.jpg
IMG_6793_2019060522480084f.jpg
IMG_6796.jpg
IMG_6797_2019060522480616b.jpg
IMG_6794_20190605224802ae3.jpg
IMG_6798_201906052251472c6.jpg
咲き始めだけど、十分にきれい! 最近の紫陽花はかわいらしい花が多いみたいね。
 
 紫陽花を見ていたら、1匹の猫が。「ななちゃん」と去年亡くなった我が家の愛猫の名前を呼んだら、私のところに来てくれました。
IMG_6799_20190605225149b9d.jpg
ななちゃんよりかなり小さいけど、かわいい猫でした。

 堀切菖蒲園の近くのスナックらしき建物の庭には、サボテンの花が咲いてました。
IMG_6801_20190605225150b50.jpg

 珍しいものが見えたので、ちょっと寄り道。
IMG_0503.jpg
IMG_0504_20190605230956e1e.jpg
堀切十二支神。十二支が神様になってる?結構大きな像です(これは私の干支の羊です)。

 おなかもすいたので駅の近くの蕎麦店でランチ(後日紹介)して、さらに歩きます。

IMG_0505.jpg
なんともモダンな東京武道館を左に見て、進んだら↓
IMG_6804_20190605231001045.jpg
IMG_6805_201906052310449f1.jpg
小川が流れ、緑がさわやかな東綾瀬公園。堀切菖蒲園から1時間ほどでした(食事時間をのぞく)。

IMG_6807.jpg
イベント開催中の公園では、こんな楽しいものも。ホントに歌ってましたよ。

 ゴールはすぐ先、
IMG_6810.jpg
IMG_0506_2019060523095902e.jpg
しょうぶ沼公園です。140品種、約8,100株もの花菖蒲が咲きます。この日は「しょうぶまつり&スタンプラリー」を開催していて、とても賑やかでした。

 花菖蒲畑の中に木道があるので、間近で見ることができます。
IMG_6812_20190605231048439.jpg
IMG_6813_20190605231050848.jpg
IMG_6814.jpg IMG_6815_20190605232843e36.jpg
IMG_6818_2019060523284420e.jpg
色とりどりの花菖蒲がとってもきれい!黄色の花は初めて見たかも。私が好きなのは、やっぱりピンクの花菖蒲ですけどね。

IMG_6808.jpg
IMG_6824_20190605232845b4f.jpg
ゴールのしょうぶ沼公園に着いたのは、午後3時20分過ぎ。スタートしてから5時間(食事や向島百花園での休憩と見学、堀切菖蒲園での見学も含む)、実際に歩いたのは3時間半くらい?スマホのアプリ、ヘルスケアによると、約15km、26000歩くらいかな?受付した時にヘルシア緑茶とマップを入れたクリアファイルを、完歩賞はくじでクレラップをいただきました。

 きれいなお花を見ながらのウォーキング、普通のウォーキングよりもはるかに楽しかったです。ハイキング用のスニーカーで行ったので、足も腰も膝も大丈夫でした。これからは雨が降ったり暑い日が多くなるから、ウォーキングイベントはしばらくお休みかな。でも6月と言えば紫陽花!紫陽花は見に行きますよ(入るのに2時間以上も待つ鎌倉には行きませんけどね)。

2019年06月02日 (日) | 編集 |
 早いですね。もう6月、ということは梅雨も間近なんですね。先週ですが、上野で素晴らしい日本美術の作品を見ました。東京国立博物館で6月2日まで開催の「美を紡ぐ 日本美術の名品」です。
上野19
作品は20点余りと少ないけど、ほとんどが宮内庁と文化庁所蔵なので、なかなか見る機会が少ないものです。しかも、展覧会のタイトルそのまま、どれも名品ぞろい。教科書で見た有名作家の有名な作品ばかりです。

 入ってすぐに驚いたのは↓
上野国博4
狩野永徳の「唐獅子図屏風」、とても大きな屏風絵で、国宝です。これは屏風の右側で、左側は後に狩野常信が描いたといわれてます。凄い迫力で、さすが永徳です。
永徳の晩年の作「檜図屏風」もありましたが、こちらはなんだか弱弱しくて、あまりいいとは思いませんでした↓
上野国博

上野国博2
久隅守景の「納涼図屏風」。一見どうってことのない絵に見えるけど、風情を感じるちょっと魅力的な絵、国宝です。

 他にも雪舟、尾形光琳・乾山、長澤芦雪、北斎、若冲、狩野探幽、横山大観、黒田清輝、竹内栖鳳など有名画家の作品が見られます。絵以外の彫刻や工芸品も素晴らしい。高村光雲、仁清、初代宮川香山、並河靖之、濤川惣助ら、こちらは見たことがある作品が多かったけど、初めて見る素晴らしい作品もありました。
上野国博3
明治時代の彫金師、海野勝珉の「太平楽置物」。小さいけど、とても細かなところまでリアルに再現した彫金の作品です。ホントに素晴らしいですよ。

 数は少ないけど、あまりにも素晴らしい作品ばかりでした。日本の美術ってすごいですね。もっと早く紹介すればよかったのですが、行ったのが先週で、平日は残業はないものの帰ってからは夕食の準備や片付けなどで忙しく、こんなに遅くなってしまいました。


 5月の連休中にも上野に行きましたが、美術館や博物館ではありません。フェイスブックのお友達のKさんとSさんに会いに(初めて)「上野の森親子ブックフェスタ」に行くのが目的で、そのついでに上野東照宮に行きました。ぼたん苑や無料のところには行ってますが、有料の社殿は見ていなかったので、今回初めて有料拝観をしました。
上野4
ここまでは無料なので、何回か行きました。

 ここからは初めて、有料の拝観(500円)です。社殿に行く前にあったのは↓
上野5 上野6
ご神木(左)と開運開祖合格必勝祈願の栄誉権現社(右)。栄誉権現社は、なぜか狸を祭ってました。

上野8
上野10
上野13
1651年造営の社殿、中が見られないのは、残念!

上野12 上野11
上野9
彫刻が美しい唐門。

上野7
上野15
透塀の彫刻は動物や植物のかわいいものが多い。

 正直狭くて、これだけ見るのに500円はちょっと高いかなと思いました。当然ガラガラ。日光の東照宮は混みすぎて陽明門なんか全然じっくり見られないことを思えば、じっくり見られるのはいいけど、やっぱりちょっと高いのでは?

上野16
境内から見る五重塔はいいですね。


 時間があったので、上野公園内を少し歩いて発見も!
上野2
上野3
明治12年(1879年)に家族で来日したアメリカのグラント将軍(南北戦争の北軍の将軍)とその妻が植樹した木があります。

上野17
5月4日のこの日は、シャクナゲがまだ少し咲いてました。

上野
上野公園に行くたびに見かける水で道路に絵を描くおじさまの作品です。

 上野は奥が深い! 行くたびに新たな発見があります。美術館や博物館の後に時間があったら、ぜひ上野公園内を歩いてみてください。