FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2014年01月17日 (金) | 編集 |
 昨年末、まだ札幌にいたときの話です。年末で片づけをしているときに、11月にPカードから誕生日祝いで来ていたはがきを発見。12月中有効のC化粧品のフェイシャルサロンの無料招待券でした。札幌にもサロンがあります。25日に近くまで行く予定があるので、その日の予約をしました。2時間半くらいかかると言われましたが、エステならそのくらいはかかるかなと、深く考えずに行ったら・・・。

 受付をして、着替えをして、説明を聞きました。ここは化粧品会社直営のサロンで、システムが独特。化粧品は有料で、サロンは化粧品の料金に入っているとか。最初の段階では、値段は知らされません。しかも、手や首(!)の肌がきれいと、やたらほめられます。

 次にクレンジングで化粧を落とし、酵素洗顔(これは良かった!)、肌チェック。表皮だけでなく、皮膚の数ミリ下の真皮までチェックするのがすごい! 真皮の写真は怖い! シミ予備軍だらけ! このまま放っておくとどうなるか、推して知るべし? 先ほどまでのほめ殺しは一変、怖い言葉が続々・・・。

 そして、ようやくエステの施術です。オリジナルの東洋式美顔マッサージで、ちょっと強めのタッチ。でもなかなか気持ちは良かったです。デコルテと手のマッサージもしてくれました。

 この後は、いよいよセールストーク。この段階ですでに2時間半はたっていたような・・・。私はこの後友人と会う予定があったので、時間が気になって・・・。それにしても、「ただでは帰さない」というオーラがいっぱい漂ってました。しかもチーフだけあって、セールストークが上手(マニュアルがあるんでしょうけど)! もしかしたら、歩合制なのかと思うくらい(調べたら、報奨金があるみたいね)。

 とにかく強引なセールスで、しょうがなく商品を購入してしまいました。普通に会員になったら25万くらい、商品購入でも高いものは3万とか4万とか、ありえない! どんなに良いものでも、買える値段には限度があります。高級化粧品を買う人は、最初からそのつもりで買うでしょう。強引に買わされるのって、どうなの? さすがに私は、めちゃくちゃ高いものは買えませんでしたけどね。

DSC_0980.jpg
しぶしぶ買ったのは、クレンジングと酵素洗顔剤とクレンジングタオル。どれもいいものだったけど、値段が・・・。小さいのは、サンプルでもらったものです。

 エステ分が入っているから安いという考えもあるけど、行く度にセールスされるのは目に見えてるから、エステに行くのにも覚悟がいるでしょう。1回分エステが受けられるけど、私は二度と行きません。確かにクレンジングも酵素洗顔もとってもいいものだけど、印象は悪いですね。

 しかも、クーリングオフの説明もなし。もらった書類に書いてあったので、私にはわかりましたけどね。クーリングオフがあるってことは、訪問セールスと同じじゃないですか。

 施術後と後日のメールで2回、同じアンケートに答えるけど、施術後はホントのことは書きづらい。後日のメールに、本社へ直接送れるメルアドがあったので、以下のメールを送りました。↓

「何か売るまでは帰さないという雰囲気が強く、時間がなかったので、無理して購入してしまった。こういう強すぎるセールス姿勢は今の時代は反感をかうだけです。
私も二度と行きません。もちろん誰にも勧めないし、むしろやめさせます。クーリングオフも考えましたが、年末年始で時間がないのであきらめました。
どんなに良いものでも、高すぎます。いくら高くても買える人なんて、東京以外にはそうそういないと思います。」

 その日のうちに、お客様総合窓口からこのようなメールが来ました。

「前略 日頃より弊社製品ならびにフェイシャリストサロンをご愛顧賜りまして誠に有
難うございます。
このたび頂戴したメールを拝読し、ご連絡致しました。
先日ご来店いただいた札幌店にて、お客様が大変ご不快な思いをなさったとの事、
スタッフの不適切な対応につきましては、誠に申し訳なく、心より深くお詫び申し上
げます。
ご指摘頂きました札幌店には、厳重注意と改善指導をし、今後このような事のないよ
う、徹底して参りたく存じます。
また、未使用品でございましたら、クーリングオフ期間が過ぎましても(ご購入日か
ら18ヶ月間)返品を承っております。
ご希望の際は、お手数ではございますが、下記までご連絡頂きますようお願い申し上
げます。
貴重なご指摘を頂戴し、誠に有難うございました。
今後におきましては、お客様に気持ち良くご来店頂けるよう、社員一同努めて参りま
す。
取り急ぎ、お詫び申し上げます。  草々
平成25年12月27日」

 こんなやり方だから、苦情を言う人多いんでしょうね。化粧品会社の名前だったので、深く考えないで行ったけど、エステチェーンと変わらなかったですね。去年最大の失敗でした。自分が情けなくなりますね。

 返品も考えたけど、いいものだし、東京に置いてあると思っていた洗顔石鹸がなかったので、使うことになりそうです。でも、リピートは絶対にありません。あのやり方じゃ、1回限りの客ばかりじゃないのかな? やっぱり、ただより高いものはありませんね!
 
スポンサーサイト
2013年12月09日 (月) | 編集 |
 先月東京から札幌に帰ってすぐに友人とランチをした時に、友人がランチのあとに献血に行くというので、私も一緒に行くことにしました。初めての献血です。場所は、6月に移転した大通献血ルームです。

 大通献血ルームは、6月に新しくできた札幌大通西4ビルの11階にあります。
DSC_0876.jpg

 大通公園が見える新しくきれいな献血ルーム、受付で初めての献血であることを告げ、書類を書いたり、説明を聞いたり。歯科治療を受けたばかりだったり、海外から帰国したばかりだったり、ピアスをあけたばかりだったり、そんな人は献血ができないそうです。他にもいくつか確認事項がありました。私は初めてで、血管が細いので、200ccの献血にしました。

 事前に血圧とヘモグロビン濃度、血液型を測る際、血管が細く血液が取りにくいことを伝えたら、腕をシップで温めてくれました。大通公園が見える待合室で飲み物を飲んでいると名前を呼ばれ、いよいよ献血です。
DSC_0872.jpg

写真_0001
明るい採血コーナーで、スパにあるようなリクライニングシートに座っての献血です。もちろん、パーソナルテレビで有線放送も見られます。腕を温めていたおかげで、難なく採血終了。それほど痛みもなく、さすがプロと感心しました。

 採血後は水分を取って、しばし休養です。飲み物の自動販売機が2台あり、なんでも飲み放題。ちょっとしたお菓子も食べられます。雑誌が置いてあり、子供を遊ばせるコーナーもありました。パソコンもあるので、インターネットができますね。
DSC_0873.jpg
DSC_0875.jpg

DSC_0874.jpg

 私と友人はここでしばらくおしゃべり。平日なのに、次から次と献血に来る人がいました。

 献血をすると、ちょっとしたお礼の品ももらえるのですね。たまたま11月は私の誕生月だったので、特別に誕生日祝いの品(かりんとう)ももらえました。
DSC_0877.jpg

 きれいな献血ルームでくつろぎながらの献血。思ったほど時間もかからず、ちょっとした社会貢献ができました。献血をすると、血液の生化学検査などの結果も教えてもらえます。

 献血後1週間ほどで、結果が送られてきました。以前受けた健康診断でもそうだったけど、私はコレステロール値が高いようです。札幌に帰ったら、病院に行かなくては・・・。
2013年12月01日 (日) | 編集 |
 今日から師走! 月日がたつのは、なんて早いんでしょう。実は私、3日前からまた東京に来てます。娘が今月転職することになり、それなら有給休暇中に一緒に旅行に行こうと、先月急きょHISの格安香港ツアーに申し込み、今日から4日まで香港&マカオに行ってます(記事はいつものように予約投稿です)。

 娘と二人の海外旅行なんてそうそう行けないので、このチャンスを逃すと二度とないかもしれないと、思い切りました。11月15日の夜に札幌に帰って、28日にまた来たので、どうせならそのままいれば良かったのですが、そうもいかないわけがありました。

 まあ、職安に行かなければならないのもあったけど、実は11月16日の札幌ドームの嵐のライブのチケットが取れたのです。娘がファンクラブに入っていて、二人分申し込んだので、15日に一緒に札幌に行きました。娘はほとんど毎年どこかで嵐のライブに行っていて札幌ドームも3回目だけど、私は初嵐です。

 嵐のライブは6時からなので、その前に娘が食べたいと言う海鮮丼を食べるために、「函館うに むらかみ日本生命札幌ビル店」へ。娘は選べる二色丼(うにとサーモンを選択)、私は三色丼(うに、イクラ、タラバ蟹)のハーフサイズを食べました(以前紹介しているので写真はありません)。

 その後のデザートは、地下街オーロラタウンにある「さっぽろスイーツカフェ」へ。ここは月替わりで札幌市内近郊のお店のスイーツが食べられるカフェです。11月は私の好きなmorimotoや小樽のルタオのケーキがありました。娘はさっぽろスイーツグランプリの入賞ケーキのセット、私はルタオのケーキ(写真)にしました。
DSC_0863.jpg

 最初に行ったうにむらかみもさっぽろスイーツカフェも、嵐のバッグを持った人ばかりでした。今年の嵐ライブは去年同様、金・土・日の3日連続。当然、道外から来ている人もたくさんいて、札幌市内のホテルはどこも満室で、小樽のホテルに泊まった人もかなりいるらしい。ライブが終われば、観光する人も多いでしょうから、この期間札幌近郊の観光地や観光客に有名なレストランはどこもにぎわったことでしょうね。

 食べたいものを食べておなかもいっぱいになって、開場時間の4時が近づいたので、私たちも地下鉄で札幌ドームに向かいました。まだ開場してすぐなので、電車は思ったほど混んではいなかった(東京のラッシュより少しすいてたけど、札幌にしたらメチャ混みに入るかも)けど、福住駅に着いたら人がいっぱいでした。

 会場に近い出口が混雑で行けなかったので、道路の反対側から行きました。おかげでスムーズに歩けたけど、歩道橋の途中から渋滞です。
DSC_0864.jpg
歩道橋の上から会場の札幌ドームを撮りました。ドームの周りはすごい人です。

 去年のSMAPは5時過ぎに行ったから混んでいて、ぎりぎりになったけど、さすがに開演2時間前なら余裕です。恐ろしい行列になっているのは、グッズ売り場。札幌ドームのすぐ近くに友人Yさんが住んでいて、彼女が木曜日にグッズを買ってくれて、この日の午前中に家まで届けてくれました。だから、私たちは並ばずに済んで、超ラッキーでした。ありがとう、Yさん!

DSC_0891.jpg
これが今年のペンライト(1500円!)。緑、青、紫、オレンジ、赤の5色に光ります。やっぱりペンライトは必須かも。今年は、特にね。

 チケットが送られてきたときに、「コンサート当日までに覚えて、みんなでコンサートを盛り上げよう!!」と、「嵐Loveファンキーダンス」のお知らせが入ってました。インターネットで振り付けも見られます。メンバーが交代で解説してます。東京にいるときに娘と練習したけど、肝心のサビの部分の説明がほとんどなく、わかりません??(説明は翔ちゃんですけどね)。このダンス、ペンライトを持って踊るんですよね。だからペンライトが必須なんです。

 席は上から5,6番目の58列! ステージがはるか下に見えました。近くに人が来るたびに、みんなあまりの席の悪さに思わず笑っているのがおかしかった。私と娘もそうでしたけどね。
DSC_0892.jpg
 
 いよいよ"ARASHI Live Tour2013 LOVE"の始まりです。一人一人のコーナーもあれば、5人全員のコーナーも。途中の語りの時は座れたけど、あとはずっと立ちっぱなし! でも、嵐は思ったより歌が上手で、5人が平均した感じで、もちろんファンキーダンスはみんなで楽しく踊って、盛り上がりました。嵐が人気の理由が、少しわかったような気がしました。

 知っている曲は3曲くらいしかなかったんですけどね。映像もうまく使って、花火を使う演出はあったけど、それほど派手というほどでもなく、意外とアットホームな感じで良かったです。SMAPと比べると、ファン層がはるかに若い! 中学生くらいから20代までがほとんどでしょうか。みんな手作りの服やバッチリ決めたメイクで頑張ってました。

 席は悪かったけど、出口には近く、帰る順番も早いほうだったので、帰りはとても楽でした。

 この日の北海道新聞には「嵐ライブは経済効果抜群」と記事になってたし、月曜日に娘が帰るときも千歳空港は嵐ファンばかりだったとか。嵐って、やっぱりすごい!

2013年08月11日 (日) | 編集 |
 7月までの東京生活、最後のイベントです。札幌に帰る前日、以前の仕事仲間の集まり(アドバンスツアー)に参加し、横浜・元町のパン屋「ポンパドール」の工房見学に行きました。

 2カ月に1回(?)くらい開催されている人気のイベントです。グループの代表のMさんが何回も応募して、ようやく当選! 無料で見学して、試食とお土産付き。このために、札幌に帰る日を翌日にしました。

 最初に行くのは3階の会議室(?)、テーブルの上には↓
IMG_1079_convert_20130807232627.jpg

 担当者の挨拶と説明を聞いて、マスクとキャップをつけてエレベーターで地下へ移動します。作業中の工房を見学しました。作業の都合で、実際に作る順番ではありませんでしたが、パン作りの大変さが少しは分かったような気がします。

IMG_1082_convert_20130807232715.jpg
最初はミキシングです。

 次は発酵。部屋の中の気温が高いので、目の前のパンが見る間に膨らんでいくのが面白かった。
IMG_1084_convert_20130807232801.jpg

 そして、分割したり、丸めたり・・・
IMG_1081_convert_20130807232653.jpg

 いよいよ成型です。これはどんなパンになるのかな?
IMG_1083_convert_20130807232738.jpg

 次は2次発酵。
IMG_1085_convert_20130807232938.jpg

IMG_1088_convert_20130807233008.jpg
あとは、最後の焼成を待つばかり。意外と狭く暑い工房で、職人さんが一生懸命パンを作っていました。

 見学が終わったら、再び3階へ。
IMG_1090_convert_20130807233034.jpg
出来立てのおいしいパンを試食しながら、パンについての勉強会(?)です。

 パンの始まりは約6000年前のエジプトで、日本では1842年に江川太郎左衛門が伊豆・韮山で初めてパンを焼いたとか、ポンパドールは昭和44年に開業したけど、元町を選んだのは一番ファッショナブルな街だったからとか、パンやポンパドールに関する楽しいお話を聞きました。

 ポンパドールでは1日に4000~5000個のパンを8~10人の職人さんが作っているそう。12日はパンの日で、ポンパドールでは毎月12日に新商品を発表しているとか。フランスパンはスティック状に切ってもおいしいとか、カモミールティーにミルクを入れると甘めのパンによく合うなど、役に立つお話もありました。

 30分ほどの工房見学と1時間程度の試食しながらの説明、帰るときにはお土産(もちろんポンパドールのフランスパン)までいただいて、楽しくておいしい工房見学でした。試食したのは新商品で、もちろんとてもおいしかったです。

 残念ながら、ポンパドールは北海道にはないんですよね。また横浜に行ったら、ポンパドールのパンを買います。毎年2月頃には、モニターも募集しているそうです。その頃に店舗のチラシをチェックするといいですよ。

 
2013年07月19日 (金) | 編集 |
 あさっては参議院選挙ですね。選挙権は札幌にある私、帰るのは24日なので札幌では投票できません。でも、棄権もイヤ! 投票率が下がると、先日の東京都議選と同じ結果になります。それは絶対に阻止したい。だから、不在者投票をすることにしました。

 札幌の選挙管理委員会のホームページから、不在者投票宣誓書(兼請求書)をダウンロードし、記入後札幌の選挙管理委員会に郵送します。すぐに簡易書留で投票用紙など一式が送られてきました。

DSC_0525_convert_20130719003338.jpg
転送されてきた投票所案内のはがきは使いませんでした。送られてきた書類の中に「このまま開けずに選挙管理委員会に持参してください」とあるのが、投票用紙のようです。

 黄色の紙は、北海道選挙区の候補者氏名の一覧です。離れていると、東京の立候補者はわかっても(さすが東京、著名人が多い! 私には関係ないけど・・・)、肝心の北海道の立候補者がわからなかったので、助かりました。ネットで選挙活動ができるようになったのもありがたい。各候補者のブログなどを見て、投票する人を選びました。

 時間があった17日、歌舞伎町にある新宿区役所の第一分庁舎に行きました。1階は期日前投票の会場、私は不在者投票なので3階です。3階に着いて担当者に例の封筒を渡します。担当者が開封し、説明をしてくれました。投票用紙が二重の封筒に入ってました。

 記入用のブース(通常の選挙会場と同じ)で投票用紙に記入し、二重封筒に入れ、封をして、表に名前を記入したら、担当者に渡し、終了です。私以外にも、投票する人が数名来てました。インターネットのおかげで、離れていても投票が不自由なくできます。期日前投票をする人も多いようですね。

 皆さん、必ず投票に行きましょうね。無関心のまま選挙に参加しなければ、日本はどうなるのでしょう? いつのまにか原発は復活し、物価と消費税は上がり、わけのわからない契約正社員(要は非正規社員です!)が増えて、貧富の差はますます拡大、職につけない若者は相変わらず多く、老人の医療費は上がり・・・、そんな世の中になりそうですよ! これからのことを考えるなら、選挙に行きましょう、絶対に!