FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2019年03月21日 (木) | 編集 |
 季節の変わり目ですね。暖かくなるのはうれしいけど、何年振りかで風邪をひいてしまいました。なんとか仕事には行ってるけれど、なかなか治りません。こんな時に頼りたいのは、やっぱり神頼み? 今年行った2軒のお寺、神様ではないけど、仏様も願いを聞いてくれるでしょうか。

 最初に紹介するのは、1月に行った招き猫発祥のお寺、豪徳寺です。
IMG_5737_2019032021325399a.jpg
 
 世田谷の住宅地の中にある結構大きなお寺です。小田急線に豪徳寺という駅があるけど、東急世田谷線の宮の坂駅のほうがはるかに近い。招き猫のいわれは、400 年ほど前の江戸時代初期、彦根藩主・井伊直孝が鷹狩りに出かけた帰り道、1匹の白猫が手招きするほうに行くと、先ほどまでいたところに雷が落ち、命拾いをしたことだとか(単に雷雨で雨宿りができたという説もあり)。そこでここにお寺を建て、井伊家の菩提寺にしたそう。だからお寺の入り口には↓
IMG_5734_20190320213249d70.jpg
もちろん井伊家の人のお墓があります。あの桜田門外の変の被害者、井伊直弼のお墓も。

 でも最近有名なのは、やっぱり招き猫! 私も井伊家菩提寺や井伊直弼のお墓があるということは、ここに行って初めて知りました。招き猫たくさんいましたよ。
IMG_5738_20190320213255dc8.jpg IMG_5736_20190320213252f49.jpg
↑こんなところにも、招き猫!

 境内は結構広く、なかなかきれい。
IMG_5740_2019032021333222c.jpg
IMG_5743.jpg
IMG_5742.jpg
IMG_5735_20190320213251be9.jpg
招き猫に癒されながらも、落ち着くお寺でした。


 1月のカンボジア旅行は成田発着。成田と言えば成田山 新勝寺。実は一度も行ったことがありませんでした。そこで、成田空港に着いたのが早朝6時半だったので、行ってきました。
IMG_0177.jpg
ここが総門ですが、こちらからは入っていません。
IMG_5947.jpg
あまりにも広い!

 境内には5件の重要文化財を始め、いろいろな建物が。
IMG_5949.jpg
大本堂。この数日後、有名な節分の豆まきがここで行われました。大本堂の裏には、こんなものも↓
IMG_0168.jpg
あちこちに小さな仏像があります。

IMG_5948.jpg
三重塔、1712年建立の重要文化財。十六羅漢の彫刻があるそうですが、行ったときは全く知らず、見ていません。残念!
IMG_0169.jpg
IMG_0170.jpg
1861年建立の額堂(重要文化財)。市川團十朗の石像はじめ、江戸時代に奉納された絵馬など歴史あるものが見られました。
IMG_0171.jpg
1701年建立の重要文化財、光明堂。さすがに歴史を感じる建物が多い。もう1件の重要文化財、1858年建立の釈迦堂は写真を撮りませんでした。ここもとっても古い建物でした。

IMG_0172.jpg
古い建物が多い新勝寺の中では珍しく新しい1984年建立の平和の大塔。かなり上にあります。


 成田山の境内には、16万5000m²もの広大な成田山公園があります。平和の大塔の近くから下りて行きました。1月30日だったので、お花はほとんど咲いていませんでしたが、広い池のあるなかなか素敵な公園です。
IMG_0173.jpg
IMG_0175.jpg
IMG_0176.jpg
紅葉の季節は、きっととてもきれいでしょうね。まだ9時前の早朝だったので、私たち以外には、1組くらいしかいませんでした。


 IMG_0178.jpg
お寺を出たら、成田山表参道。昔ながらの街並みが素敵!こういう商店街、いいですね。 鉄砲漬けを買って帰りました。
 
スポンサーサイト
2019年03月15日 (金) | 編集 |
 3月も半ばを過ぎ、ようやく1月に行ったカンボジア旅行記も最後になりました。最後にお伝えするのはホテルやランチなど。今回の阪急交通社トラピックスの「ANA往復直行便利用(成田→プノンペン)!カンボジア縦断満喫周遊6日間」の旅、最後の1泊は機内、最初の1泊はプノンペン、真ん中の3泊はシェムリアップです。

 プノンペンのホテルは、リバーパレスホテル&スパ。名前の通り、トンレサップ川沿いのホテルです。
IMG_9919.jpg
IMG_5771_2019031422500168d.jpg
IMG_5773_20190314225002f43.jpg
☆☆☆☆です。残念ながら部屋は川とは反対側に面してました。窓から見えるのは、ホテルの前の街並みです(下の写真)。でも部屋はとっても広い!(前回もそうでした。カンボジアの☆☆☆☆以上のホテルはみんな広いのでしょうね)。

 この日の夕食はホテルのレストランでした。
IMG_5774_201903142250042db.jpg
トンレサップ川が見えました。
IMG_5775.jpg IMG_5776_201903142250598ff.jpg
IMG_5777_2019031422510125b.jpg
クメール料理です。見た目は地味だけど、おいしいですよ。デザート(写真下)はカボチャのプリン。

 このホテル事前に調べたネット情報では今一つだったのですが、なんの問題もなく、とても良かったです。Wi-Fi(無料)もバッチリでした。ここもそうですが、カンボジアのホテルは欧米とは違い、歯ブラシやスリッパなどもあり、アメニティもそこそこ用意されてます(質は今一つかも)。

 翌日からのシェムリアップ3泊は、エンプレスアンコールリゾート&スパ。こちらも☆☆☆☆サイトによっては☆☆☆☆☆)。このホテルはとても広くて、造りも素敵です。
IMG_0137.jpg
IMG_5816_201903142305200ce.jpg
IMG_9987.jpg
もちろん部屋もプノンペン同様にとても広い。

IMG_5817_20190314230522d3b.jpg
IMG_5815_20190314230519899.jpg
IMG_5818_2019031423322086a.jpg
IMG_0069.jpg
中庭やプールがあり、渡り廊下には小川(?)が流れ、
IMG_9989.jpg
IMG_0134_20190314232640c2d.jpg
客室棟への入り口も素敵です。
IMG_0136_20190314232641771.jpg
フロントのあたりはエキゾチックでしょ。

IMG_0138.jpg
IMG_0139.jpg IMG_0158.jpg
ホテルの外も素敵。仏像があって、ホテルのスタッフがお掃除をしてました。あちこちにお花があるのもうれしい。

 4日目のお昼休憩は、ホテル内のエステへ。日中はサービスタイムでとってもお得。1時間の施術でナント20ドル!アロママッサージだったので、とっても気持ちが良かった。サービスタイムのことは現地スタッフのファーヴィーさんが教えてくれて、予約もしてくれました。エステティシャンは現地の若い女の子で、当然英語も日本語もわからず、だから最初はちょっと戸惑ったけどね、
IMG_0108_2019031423301694e.jpg

 もちろんプノンペン同様、スリッパや歯ブラシもあるし、ポットと紅茶などもセットされてました。ただWi-Fi(無料)の入りが悪い。しょうがないので、auの世界データ定額を使いました。私はau STAR会員だから1日分は無料。だから料金は1日分の980円ですみました。海外旅行用のWi-Fiをレンタルするよりはるかに安くなりました。

 このホテルの初日、なんとお風呂のお湯が出なくなりました。朱い水になって、入れません。ヨーロッパのホテルでお湯が出ないことはよくあるので、私はしょうがないなと思っただけでしたが、同じツアーの方が旅行社に苦情を言ったようで、翌日全員にホテル側から丁重なお詫びとクッキー1箱が。こういうところは☆☆☆☆☆だからかな?


 今回は食事が似たようなものばかりだったので、紹介するのはこれだけです↓
IMG_5840_20190314230523699.jpg
3日目のランチの「タイスキ」です。初めて食べましたが、日本の鍋物みたいで、とってもおいしかったです。


IMG_5944.jpg
IMG_5945.jpg
最終日、シェムリアップ空港からプノンペン経由で帰国です。シェムリアップの空港はとってもかわいい(国際空港だけど小さい)。プノンペン空港での待ち時間が結構あったので、フレッシュマンゴージュースを飲みました。
IMG_5946.jpg
3分の1くらい飲んでから気が付きました。氷大丈夫かな。結局、私もSさんもなんともありませんでしたけどね。カンボジア、水の事情があまりよくないので、生水は飲まなかったし、生野菜もほとんど食べませんでした。ミネラルウォーター、ホテルの部屋に1日1人1本無料で飲めるのが置いてあるし、見学中も1日1本バスの中でもらえたので、ほとんど買わずに済みました。


 これで1月に行ったカンボジア旅行の紹介は終わりです。アンコールワットは2回目だけど、2日目と最終日に行ったところは初めてでした。6年前より物価は少し上がっていたような気がするけど、日本よりははるかに安いし、素晴らしい世界遺産と美しい朝日と夕日が見られました。ベストシーズンのカンボジアはいいですよ。立派なホテルに食事と観光が付いて、親切な現地スタッフが案内してくれて、ツアー代金は10万円もしません(オイルサーチャージや空港税は別にかかるけどね)。
  
 実は今回のツアー、一緒に行った74歳のSさんがどうしてもアンコールワットに行きたくて、旅費を出すから一緒に行こうと誘われたもので、私は旅費等は払っていません。前泊の成田は私が持ちましたけどね。楽しい旅ができたのも、Sさんのおかげです。Sさん、ありがとうございました。

2019年03月05日 (火) | 編集 |
 1月のカンボジア旅行、まだ紹介していなかったことがあります。3日目の1月27日の夜、オプショナルツアー(30ドル)を申し込みました。ナイトマーケットやパブストリートに行くナイトウォーカーです。

 夕食後の夜8時にホテルを出発。まずは、ナイトマーケットへ。
IMG_5862_20190304214242fc3.jpg
IMG_5863_20190304214243315.jpg
IMG_5865.jpg
いろいろな果物や虫(!)も売ってます。マンゴー2個で1.5ドルくらい(要交渉)。現地スタッフのファービーさんが交渉してくれました。カンボジア滞在最後の日に食べましたが、とってもおいしかった!

 ナイトマーケットは何か所かあります。最初に行ったところはあまり人がいなかった(時間が早かった?)けど、こちらはにぎやか。
IMG_5866_20190304214312bc2.jpg
IMG_5867_201903042143141fb.jpg
同じツアーの方でストールを買った方もいました。

 最後に行ったのは、パブストリート。ここで有名なのは↓
IMG_5868.jpg
レッドピアノ」、アンジェリーナ・ジョリが「トゥームレイダー」撮影中に通ったバーです。

IMG_5869_20190304214317a58.jpg
IMG_5870.jpg

 お酒はほとんど飲めないけど、思い切ってアンジーが飲んでいたというカクテル「トゥームレイダー」をいただきました。オプショナルツアーに入っているのはソフトドリンク代だったので、2ドル追加で払いました。
IMG_5871.jpg IMG_5872.jpg
結構飲みやすくておいしかったけど、全部は飲めませんでした。

 
 前日の夜はアプサラショーを見ながらの夕食でした。会場は前回と全く同じアマゾンアンコール。ダンスの内容も同じでした。
IMG_0124.jpg
IMG_0126.jpg
IMG_0129.jpg
IMG_5920_20190304223314c43.jpg
アプサラとは、天の踊り子という意味のサンスクリット語で、踊り子たちは豊作や国の繁栄のために踊るそう。

 食事はビュッフェスタイルです。
IMG_5919_2019030422334888c.jpg
生春巻きがうれしい。
アマゾンアンコール
前回気が付かなかった日本語のパンフレットが席にありました。そして、今回はステージに上がって踊り子と一緒の写真も撮れました。
IMG_5922_20190304223349cb6.jpg


 ナイトマーケットに行ったけど、日中は昼に営業しているオールドマーケットにも行きました。
IMG_0021.jpg
こちらは食べ物よりも雑貨などのお土産屋が多かったかな。お土産に黒胡椒とハーバルボール(日本人経営のお店)とバスソルトを買いましたよ。何個かまとめて買うと1個おまけというシステムがほとんどでした。黒胡椒とハーバルボールは、日本人経営のクルクメールで購入。日本人の店員がいるので、安心です。

 買ったお土産はこちら↓
IMG_5953.jpg
空港で買ったものもあります。右上から時計まわりで紹介します。紫色の円形の竹の包みに入っているのは黒胡椒(パウダー)、その下はハーブのマッサージ、ハーバルボール(電子レンジで温めて繰り返し使用できるとか、まだ使っていませんが)、黄色い竹の包みに入っているのはバスソルト(ジャスミンを使ったけどほとんど香りがなく、ちょっとガッカリ)、その上はカシューナッツ、隣はジャックフルーツのチップス、その左隣はアンコールクッキー(前回も買った日本人マダムサチコが経営のクッキー屋さん「アンコールクッキー」で購入)、その上はホテルからいただいたクッキー(前回買ってトランクに入れて預けたら半分割れてしまったので、今回は機内持ち込みにしました)、右隣の丸いのもアンコールクッキーのクッキー、右隣はマンゴーのジャム、下は生胡椒(あまり辛くなくて風味豊か、お薦めです)。

 まとめ買いが多いので1個おまけなどで、胡椒2~3ドル、ハーバルボール2.5ドル、バスソルト2ドル、クッキーは20個入りのアンコールクッキー1箱と胡椒入りクッキー2箱(写真の丸い箱)、ココナツクッキー1箱(丸い箱)を合わせて27.5ドル、空港で買ったカシューナッツ3ドル?、ジャム4ドル?チップス4ドル? カンボジアはアメリカドルを使います。

 シェムリアップは、昼も夜も楽しめる街なんですね。カンボジアは物価も安い!でも、6年前より少し上がっていたかも。前回はスーパーに行ったのでドライフルーツがとってもお安く買えたけど、今回はスーパーに行く時間がなくて空港で買おうと思ったらあまりにも高いので、やめました。


 カンボジア旅行記、いよいよ次がラストです。近日中にアップしますね。

2019年02月26日 (火) | 編集 |
 1月のカンボジア旅行に出発してから1か月がたちました。旅行記もあと少しです。今日は観光の最終日に行ったトレンサップ湖とラッフルズホテルのハイティーの報告です。

 旅行5日目の1月29日は朝8時40分にホテルを出発。東南アジア最大の湖、トレンサップ湖に向かいます。シェムリアップからはバスで1時間ほど。進むにつれ、周りの景色は完全な田舎になり、家も貧しく見えました。

IMG_5924_20190225214114fd4.jpg
IMG_0140.jpg
はっきり言って水は全然きれいではありません。下水設備が整っていないので、しょうがないでしょうね。乾季は琵琶湖の3倍、雨季には10倍以上の大きさになる淡水湖。船に乗って湖の中心まで行くちょっとしたクルーズです。

IMG_0144.jpg
行きは下の船室で。

IMG_0148.jpg
IMG_0149.jpg
IMG_5926.jpg
中心に進んでいくと、船上生活をしている集団(ベトナム人が多いとか)が現れます。教会(写真上)も学校(写真中)も船の上です。

 中心部(?)で停泊、大きな船(?)に移動し、しばし休憩。
IMG_0151.jpg
IMG_5928.jpg
なんとワニがいます。土産店やカフェもあります。

IMG_5930.jpg
IMG_0153.jpg
展望台から見る景色は、まるで波のない海のよう。360度が湖、やっぱり地球は丸いことがわかりました。

IMG_5932.jpg
帰りは上のデッキ席で。涼しくて、とっても気持ちが良かったです。カーブの時だけは、揺れたけどね。

 ランチの後は一度ホテルに戻って休憩(シェムリアップ滞在中の3日間は、毎日昼食後はホテルに一度戻る休憩タイムがありました)。そして荷物をまとめて、チェックアウトです。

 次に向かったのは↓
IMG_0163.jpg
ラッフルズグランドホテル、ここでハイティー(遅い時間のアフタヌーンティー)です。

IMG_5935.jpg
IMG_0161.jpg
IMG_0165.jpg
さすが☆☆☆☆☆ホテル、雰囲気が違います(宿泊したホテルは☆☆☆☆)。ラッフルズホテルと言えばシンガポールが有名だけど、カンボジアにもあったのですね。35年ほど前にシンガポールに行ったとき、ラッフルズホテルでお茶をしたかったのに、なぜかグッドウッドパークホテルでのお茶になってしまい、心残りでした。シェムリアップで夢がかなったみたい。

IMG_5938.jpg
IMG_5937.jpg
写真は二人分です。昼食もとっていたので、あまりおなかがすいていなくて、食べきれませんでした。こういう優雅な時間があるツアーって、いいですね。

 このあとはシェムリアップ空港に行き、現地スタッフのファービーさんと別れ、プノンペン経由で帰国しました。まだ報告していなかったランチやディナーショー、マーケットなどは、また後日にね。
2019年02月21日 (木) | 編集 |
 少し間が空きましたが、1月のカンボジア旅行記の続きです。今日は4日目1月28日の午前に行ったアンコール・トムの紹介です。アンコール・トムは12世紀後半にジャヤーヴァルマン7世によって作られた広大な城塞都市。有名なバイヨンのほかにいくつかの遺跡があります。前回も行ってますが、いまだにすべては見ていません。
IMG_5889_20190220205920816.jpg
IMG_0071.jpg
アンコール・トムの入り口、南大門です。ここにも蛇の神様(ナーガ)が。
IMG_0078.jpg
南大門の反対側です。

 南大門までの参道、横を見るとなかなか素敵な景色でした。
IMG_0073.jpg
IMG_0076.jpg

 アンコール・トムの中でも大きくて、メインの遺跡はバイヨン
IMG_5894.jpg
ここも修復中、日本の大学(早稲田大学か上智大学)が修復をしているらしい。

 上りづらい階段を上がって奥へ進むと↓
IMG_0081.jpg
IMG_5895_20190220210710830.jpg
IMG_5897_201902202107118b0.jpg
IMG_0091.jpg
IMG_0087.jpg
IMG_0088.jpg
「クメールの微笑み」と呼ばれる観世音菩薩像(巨大な顔だけですが)。京唄子に似ているのもあって、本人が見に来たそう。ここは人気スポットで、観光客があふれてます。

 ここにもやっぱり美しいデヴァターや彫刻があります。
IMG_0082.jpg IMG_0086.jpg


 続いて行ったのはすぐ隣のバプーオン。お寺だったみたい。
IMG_0092.jpg
IMG_0094.jpg
IMG_0095.jpg
ここは初めてです。でも遠くから見ただけ(写真は望遠で撮影)。アンコール・トムの中で一番高い建物のようです。とっても見晴らしがよさそうだし、上のほうがギリシャの遺跡(行ったことはないけど)みたいな気がするのは、私だけ? ここには、いつか必ず行って、上からアンコール・トムの景色を見てみたい!

IMG_5899.jpg
唯一近くに行ったのは、バプーオンの参道だけでした。

 次はピミヤナカス。王様が儀式を行うところだったようです。
IMG_0098.jpg
バプーオン同様ピラミッド型だけど、それほど高くはありません。特に見どころはなさそうで、外観を見ただけでした。前回のブログを見て今気が付きました。前回も来てましたね。バプーオンの参道も。まるで同じ写真みたい(今回のほうが少し風化が進んでますね)。

 アンコール・トムはとっても広い。あちこちに門があるみたいです。
IMG_0101.jpg
IMG_0102.jpg

 
 最後に行ったのは、前回も来たここ↓
IMG_5903_20190220220744b01.jpg
IMG_5905.jpg
IMG_0107.jpg
写真を拡大したらすぐにわかります。有名な象のテラスです。ここは車が通る道路に面しているので、車からも見えるんですよ。

 象のテラスのすぐ隣はライ王のテラス、今回は行きませんでした。でもすぐ隣なので、写真だけ撮りました(前回の記事はここをクリック)。
IMG_0104.jpg
IMG_0106.jpg
三島由紀夫の最後の戯曲を舞台化した「ライ王のテラス」(宮本亜門演出)、2016年に上演されたのですね(宮本亜門が好きじゃないので、見てませんが)。その関係で宮本亜門がシェムリアップに来たときに、現地スタッフのファーヴィーさんが案内したそうです。

 アンコール遺跡の見学はこれでおしまいですが、カンボジア旅行記はまだ続きます。アンコール遺跡は、結局すべて前回行ったところばかりでした(見るだけだったバプーオン、前回は参道しか見てませんが)。それにしても2013年の前回の旅行、アンコール遺跡を2日で14か所も回ってました。今回は9か所だから、負けてるかも。ただ1か所にいる時間が長かったので、じっくり見られましたけどね。続きは、また後日にね。