FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2010年07月31日 (土) | 編集 |
 今週は2軒の美術館に行きました。

 映画「小さな命が呼ぶとき」を見る前に行ったのは、三井記念美術館で9月20日まで開催している「奈良の古寺と仏像 會津八一のうたにのせて」です。6月に奈良に行ったばかりなので、奈良旅行を思い出しながら、楽しく見ました。

 法隆寺、東大寺、薬師寺、唐招提寺、興福寺、西大寺、大安寺、室生寺など奈良の20の古寺に伝わる飛鳥時代から室町時代の仏像46点、仏教工芸品19点が展示されています。

 展示数が少なく、ちょっと物足りない気もしたけど、最後の展示室にある仏像は圧巻でした。長谷寺、室生寺、當麻寺、橘寺、法隆寺、大安寺、秋篠寺、元興寺の仏像12点が展示されていました。有名な法隆寺の「観音菩薩立像」は、悪夢を良い夢に変えてくれるという夢違観音。さすがにやさしいステキなお顔です。
夢違観音

 私が一番気に入ったのは、元興寺の「如意輪観音菩薩坐像」です。画像がないのが残念ですが、斜めに座った妙に女っぽい観音様は、とてもきれいでした。會津八一の句と合わせて展示しているコーナーもありました。私は、會津八一って名前しか知らなかったので、今ひとつピンと来なかったけど・・・。

 昨年の阿修羅のように、美術館などで見る仏像は仏様というよりもただの展示物に見えてしまって、ありがたみが薄れるけど、でも奈良まで行かなくても見られるのはうれしいことです。気持ちも改まりますね。

三井記念美術館
エレベーターを降りると目の前にあるのがこれ。池田勇八の「鹿の彫像」です。


 スパイアスに行く(詳細は後日)前は、横浜美術館で9月4日まで開催している「ポーラ美術館コレクション展 印象派とエコール・ド・パリ」に。ポーラ美術館の9500点の所蔵品の中から印象派とエコール・ド・パリの名品74点が展示されています。

 箱根・仙石原にあるポーラ美術館はステキな建物で、私の大好きな美術館です。3,4回行ったことがあるので、今回の展示品の半分は見たことがあるのではと思っていたけど、ほとんどの作品が初めて見るものでした。印象派は、モネ、ルノワール、ピサロ、セザンヌ、スーラ、ルドン、ゴッホ、ゴーギャンなど、有名な作家の作品がずらり。印象派の初期からポスト印象派まで、時代順に展示されているので、とてもわかりやすいのがいいですね。

 どれもステキな作品ばかりですが、やっぱり私が一番好きだったのはモネの「エトルタの夕焼け」です。
エトルタの夕焼け 
2002年にパリのマルモッタン美術館で見た「印象・日の出」と同様に、雲間と海に映る朱色の太陽の色が印象的。

 歌舞伎役者柄の花瓶と花を描いたルドンの「日本風の花瓶」は面白い。セザンヌの「静物」は、背景がとても不思議。何の解説がないのも、またまた不思議でした。画像がないのでわかりにくいでしょうけど、他の静物画は背景が単色なのに、この絵は背景に人らしきものが見えたり、透明な水のようなものが見えたり、なんだか気になる絵でした。

 エコール・ド・パリの絵もピカソ、シャガール、モディリアーニ、ローランサン、キスリング、レオナール・フジタなど、有名作家の作品ばかりです。ユトリロの「ラ・ベル・ガブリエル」には、ユトリロ自身が描かれているそうです。ピカソの「海辺の母子像」は、典型的な青の時代の絵です。

 最後に展示されている5点のレオナール・フジタの絵は、とても素晴らしかった。すべて子供を題材にしたものです。19人の子供が体操をしている「校庭」は、一人一人の表情とポーズが微妙に違うところが楽しくて、とても気に入りました。
レオナール・フジタ
これは「つばめと子供」。子供の表情がなんとも言えません。

 フジタの子供の絵を見ていつも思うのは、奈良美智さんはフジタの影響を受けているのではないかということ。どちらもとても癒される絵で、大好きです。

 久しぶりに行った横浜美術館、時間があったので常設展や写真展もじっくり見ました。展示替えをしていたので、初めて見る作品も。みなとみらいで、芸術に触れるステキな癒しの時間が過ごせました。
スポンサーサイト
2010年07月29日 (木) | 編集 |
 今週は2本の映画を見た。

 「インセプション」 109シネマズMM横浜で。
 クリストファー・ノーラン監督・脚本、レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、マリオン・コティヤール他出演。

 「ダークナイト」の名監督クリストファー・ノーランが創った画期的な映画。ディカプリオと渡辺謙が共演し、東京ロケから撮影がスタートした。今までにない映像とストーリーで、あっという間の2時間30分だった。

 他人の潜在意識に侵入してアイデアを盗んでいるコブ(レオナルド・ディカプリオ)に、新しい仕事の依頼が来た。それは、他人の潜在意識にある考えを植えつけるというものだが・・・。

 エレン・ペイジ、マイケル・ケインも出演する豪華な俳優陣、日本、フランス、モロッコ、カナダ、イギリス、アメリカの5カ国での撮影など、とにかくスケールが大きい。初めはストーリーがややわかりにくいが、いつのまにか引き込まれてしまう。クリストファー・ノーランが10年前から考えていたストーリーだというから、驚く。期待を裏切らない面白さだ。

 何度も流れるエディット・ピアフの曲が印象的だが、マリオンの出演(エディット・ピアフ役でアカデミー賞主演女優賞受賞)は偶然だそうだ。新しいタイプのアクション映画、お薦めです。もう1回見て、細部を確認したいとも思う。(評価★★★★)

インセプション



 「小さな命が呼ぶとき」 TOHOシネマズシャンテで。
 ハリソン・フォード製作・総指揮、トム・ヴォーン監督、ハリソン・フォード、ブレンダン・フレイザー他出演。

 ポンペ病という難病の子供を二人抱えるエリートビジネスマンのジョン(ブレンダン・フレイザー)は、子供の命を救うため、ポンペ病の研究者ロバート(ハリソン・フォード)を訪ね、二人でポンペ病のための製薬会社を立ち上げるが・・・。

 アメリカで実際にあった話に基づいている。ポンペ病は日本でも難病指定を受け、150~300人の患者がいるそうだ。子供を思う父親と頑固な研究者の対比が面白い。途中は、いかにもアメリカ的なビジネスの世界の話になるが、最後まであきらめないジョンといつの間にか芽生えたジョンとロバートの友情らしきものに心が温かくなる。実話というのが、すごい。

 CGとは縁のないこのような感動的な作品もいいものだ。(評価★★★★と★★★☆の間)

小さな命がよぶとき

2010年07月28日 (水) | 編集 |
 今年の夏は暑い! 気温が上がるたびにななちゃんの毛は抜けて、すっかり夏毛になったみたいです。おかげで抜け毛が減って、お掃除が少しだけ楽になったかな。

 エアコンが嫌いなななちゃんは、玄関にいることが多いようです。でも、気まぐれだから、やっぱりいろいろ・・・。
7月のななちゃん 002
7月のななちゃん 003
7月のななちゃん1
息子がおきっぱなしにしているかばんがお気に入り。時には、パソコンを使っている私の横にも・・・。
7月のななちゃん 001 これは私のひざの上(めったにありません)

 お昼寝中のななちゃんはこんな感じです。
7月のななちゃん2
7月のななちゃん3

 先日、隣のるるちゃんが来ました。ななちゃんは2階の廊下で寝ていたので、「ななちゃん、るるちゃんが来たよ」って呼ぶと、急いで下りてきました。ご対面!
7月のななちゃん 004
るるチャンはいつものように、ななちゃんにシャーッと威嚇。ななちゃんは家の奥へ。るるちゃんはつまらないから帰ってしまい、ななちゃんはその後るるちゃんのほうを見つめ・・・。いつものことながら、情けない。でも、お互いに気になる2匹の猫でした。
2010年07月25日 (日) | 編集 |
 ケラスターゼ「感動のヘアエステ体験」が当たり、無料体験チケットが送られてきました。今回のヘアエステは、ケラスターゼの日本デビュー20周年を記念して、5万人にヘアエステを無料体験してもらうという太っ腹な企画。素晴らしい! そこで私は早速、以前から気になっていたトツカーナのアアルトで体験しました。

 アアルト横浜戸塚店は、JR戸塚駅からそのまま行ける戸塚東急プラザ3階にあります。トツカーナには多くの美容院が入っていますが、東急プラザにあるのはココだけ。しかも一番人が出入りしやすく、おしゃれなお店が多い3階にあるので、ちょっと気になってました。

 入り口はちょっと暗いけど、高級な感じが漂ってます。
ヘアエステ2 (写真はちょっとピンボケ、実際はもっと素敵です)

 入り口は広くないのに、中に入ると、広くて明るくてびっくり。とてもきれいな美容院です。

 ヘアエステは、ケラスターゼのREビタセメントという集中ヘアトリートメントを使います。補修と保護のトリートメント効果があるそうです。

 まず、落ち着いた雰囲気のシャンプー室でシャンプーをします。

ヘアエステ3

 その後明るい部屋で、トリートメントをしてもらいます。スチーム状のミストのようなトリートメントでした。髪に浸透させるためしばらくおきますが、その間ハーブティーか紅茶のサービスがありました。再びシャンプー室に行って、その後ブローをして終了。

ヘアエステ1

 ブローの前には、息子よりも若い20歳の男性美容師さんがマッサージをしてくれました。美容院ではどこでもしてくれるけど、ほんの少しだけで物足りないことが多い。でも今回はかなり長めでした。おかげで慢性的に凝っている肩と首が、とっても楽になりました

 ブロー代は有料(オープン記念で2割引)だったけど、髪の毛はしなやかでつやつやさらさら! しかもその効果が長続きするのに驚いています。2日たった今日もしなやかです。今までにも数回ヘアエステの経験はありますが、こんなに効果が長続きするのは初めてです。私の髪はあまり傷んでいないけど、傷みがひどい人なら、より効果もあるでしょうね。髪の毛がきれいになって、肩や首も楽になって、ヘアエステっていいですね!

 美容院はあまり変えないほうだけど、たまに違うところに行くのもいいかな。今度はアアルトで、カットしてもらうのもいいかも。
2010年07月24日 (土) | 編集 |
 今週行った2軒のレストランを紹介します。

 劇団四季の「アイーダ」を見る前(午後1時開演なので)は、四季劇場海があるカレッタ汐留地下2階にあるスペインバル「VENGAVENGA」で、リーズナブルランチ。

 私がオーダーしたのはパエリアランチセット(1050円)。パエリアのほかにサラダ、スープが付き、ドリンクバーまであるのです。しかも劇団四季の当日のチケットを見せたら、デザートまで付いてきました。とってもお得!味も文句はありません。

恐竜展他718~721 002 サラダと枝豆の冷製スープ
恐竜展他718~721 003 私が注文したパエリア
恐竜展他718~721 004 友人は単品でアクアパッツァ
恐竜展他718~721 005 四季のチケットのおかげで食べられたデザート!

 カジュアルで気軽だけど、意外と落ち着いて食事ができるスペインパル、なかなか良かったかも。


 有楽町マリオンの映画館で「ザ・ウォーカー」を見た後(六本木ヒルズの恐竜展に行く前)は、高級料亭のカジュアル系、カウンター割烹でランチです。

 一見さんお断りの高級料亭金田中にはたぶん一生行けないでしょうが、そのチェーン店なら何とか行けそう。銀座並木通りにある金田中のカウンター割烹「金田中 庵」に行ってみました。

 銀座金田中ビルのほんとんどのお店は夜だけの営業だけど、2階のこのお店はランチ営業があります。お手軽な4種類の昼膳から、数量限定の鯛のあら炊き(2625円)を注文。いかにも料亭の味的な、薄めの上品な味でした。小鉢に赤だし、デザートもつきます。

恐竜展他718~721 008 恐竜展他718~721 009
恐竜展他718~721 010

 お店の人は板前さんばかり。ホームページにも書いてあるとおり、愛想はありません。だからなのか、とてもすいていました。別に感じが悪いわけではないんですけどね。年配のサラリーマンのお客が多かったのは、意外でした。

 金田中庵に行く途中に通った銀座ソニービル。沖縄の美ら海水族館のPRで、こんな水槽が。熱帯魚がきれいでした。
恐竜展他718~721 007

 六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで「地球最古の恐竜展」を見た後は、同じフロアの「マドラウンジスパイス」で、ケーキセット(1200円)を食べました。ここはボストン美術館展を見たときも、来ました。
恐竜展他718~721 017 手前は私が食べたハートの苺チーズケーキ、奥は友人が食べたクレームブリュレ