FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2011年11月29日 (火) | 編集 |
 札幌は美術館は少ないけど、街全体が美術館のようなものです。私の通勤路でもある札幌駅前通地下歩行空間は、12月4日までさっぽろアートステージのアートストリートになっています。

 地下歩行空間で見られるのは、現代アート作家のインスタレーションや立体作品など。現代アートにはあまりなじみがないけど、よく見ると結構面白いものがあります。作品の意味を考えようとすると訳が分からなくなるだけなので、単純に見て楽しみましょう。

PB060176_convert_20111127215547.jpg
毛内やすはるさんの「紙による造形インスタレーション」。カラフルでなんとなくかわいい。

PB060177_convert_20111127215729.jpg
山本美沙さん「鉄の造形」。万葉虫の化石みたい。

PB060178_convert_20111127215919.jpg
11月6日の撮影ですが、まだ未完成で制作中のようでした。

PB060179_convert_20111127220113.jpg
ダム・ダン・ライさん「木彫によるインスタレーション」。まさしく制作の真っ最中でした。

PB060180_convert_20111127220613.jpg
とても楽しい作品。この絵は作品の内側に描かれています。口の中に外を歩く人が見えたりして、面白いですよ。

 他にも写真を加工したものや不思議な立体作品、参加型の立体作品などがありました。見ても楽しめ、参加してさらに楽しめる。現代アートって面白いかも。
スポンサーサイト
2011年11月27日 (日) | 編集 |
 札幌に来るたびに驚いていたのは、素敵な喫茶店(カフェというより喫茶店です)が多いということ。横浜は喫茶店というよりカフェって感じの味気ないお店ばかりが目につきます。札幌は、昔からの喫茶店文化が健在なんですね。思えば、私も高校や大学のころ3軒の喫茶店でアルバイトをしました(3軒とももうないみたいだけど)。

 先日、高校時代の友人がとても素敵な喫茶店に連れて行ってくれました。ここはちょっとモダンでおしゃれで、カフェに近いかな。札幌では有名な喫茶店のチェーン店で、倉庫を改築したお店です。
CA392041.jpg
入り口はガレージみたい。奥のドアを入っていきます。

CA392042.jpg
1階には大きなコーヒーの焙煎機があります。2階が喫茶コーナー。広い空間にテーブル席がいくつかと真ん中に大きなカウンターがありました。なんだか贅沢でとても素敵な空間、照明は抑え目で妙に落ち着きます。

CA392043.jpg
オリジナルブレンド(650円)を飲みました。コーヒーは若干酸味が強いけど、深みのある本格的な味でした。

 素敵なのにとても落ち着く喫茶店で、友人とゆっくりおしゃべり。最近は忙しくなかなかできないことでした。菊水の「Plantation」、森彦のチェーン店です。とてもおしゃれな喫茶店でした。
2011年11月25日 (金) | 編集 |
 サンプルプレゼントの文字を発見すると、申し込まずにはいられない私。大好きなランコムの新しい美容液のサンプルも使ってみました。

 マスカラはランコムに決めてます。でもスキンケアの化粧品は、今のところジェニフィックのサンプルしか使ったことがありません。今回使ったのは、新しい美容液のヴィジョネア セラムです。

CA392002.jpg
 私が好きな青緑色のパッケージ。キャップはスティック付きです。ホームページで使い方を見ようと思ったのですが、出ていません。スティックがあるということは、これを使ってつけるということでしょうね。量も適量としか出ていません。適量って・・・? しょうがないので、スティック2回分を使うことにしました。

 スティック2回分と言っても量的にはほんの少しです。スティックについた美容液を掌につけて、それからほほや額、ほうれい線など気になるところを中心につけて、伸ばしました。ヴィジョネアはほのかに甘い香りがします。だから、使っているときはとても気持ちがいい。伸びも浸透もいいので、スティック2回分で十分でした。

 朝晩使ってますが、いいですよ。肌がふんわり柔らかく滑らかになります。触るとすべすべで気持ちがいい。私が一番気になっているほうれい線も薄くなりました。これはランコムが開発した、植物の持つ働きと人間の肌との親和性を兼ね備えた化合物「LR2412」のおかげでしょうか。小じわ、キメ、毛穴などエイジングケアに効果があるようです。ほうれい線にも効果があるとは、うれしい限り。当然肌のきめが整った感じで、艶も出てきたような気がします。使い続けたくなる美容液ですね。

 最も効果的なのは、ジェニフィックを最初に使い、ヴィジョネアの化粧水→ヴィジョネア セラム→ヴィジョネアの乳液と使うことだそうです。ワーキングプアの私にはちょっと厳しいけど、心惹かれます。マスカラだけじゃなく、スキンケアもいいんですね、ランコム!

 
2011年11月23日 (水) | 編集 |
 最近食べたスイーツのいくつかを紹介します。横浜から来た友人のお土産と九州の親戚から送られてきたお菓子と、私が好きなモリモトのお菓子です。

CA392038.jpg
横浜から帰省した友人のお土産は、横浜十番館(馬車道十番館)のビスカウトです。実は食べるのは初めてです。馬車道十番館ではランチはしてますけどね。あっさりしたクッキー2枚の間にレモンやチョコレートのクリームが入ってます。さくさくした食感がイイ感じ。

CA392023.jpg
親戚が送ってきた九州大分のお菓子。渓月堂の豊の菓柿(手前)と壱万円札お札せんべい(奥)。干し柿をゆずで練りこんだ豊の菓柿は、干し柿をそのまま食べているよう。ゆずの風味があるので、後を引くおいしさです。今まで柿はあまり好きじゃなかったけど、これを食べたら好きになりました。お札せんべいは? なぜ福沢諭吉? 普通のおせんべいだし・・・。

CA392037.jpg
私が大好きなmorimotoが母の病院のすぐ近くにあり、つい買ってしまいました。ふんわり軽い口当たりのブッセに、コクのある特製クリームをサンドした雪鶴(右)とシュー生地の上に、クッキー生地をのせてカリカリに焼き上げた、個性豊かなラスクの「さっぽろサクッとシュー」ポテスク(左)。雪鶴の中にはいろいろなクリームが入ってますが、私はもちろんハスカップを買いました。でもハスカップジュエリーほどおいしくはなかった。その代り、ポテスクはおいしいですよ。これもなぜか後を引きます。ただ、くずれやすいのが難点かな。

 いろいろな地方の名産スイーツ。日本全国ではいったいどのくらいあるのでしょう。最近はネットでお取り寄せできるところが多いし、いろいろ食べる楽しみがありますね。まさか札幌で大分の銘菓を食べられるとは思っていませんでした。

 最近はケーキ類はあまり食べず(ランチについてくるデザートは食べますよ)、こういった焼菓子を食べることが多くなりました。日持ちするのもいいですね。やっぱり、スイーツですね。
2011年11月21日 (月) | 編集 |
 超豪華配役のハリウッド映画「コンテイジョン」をユナイテッド・シネマ札幌で見ました。

 スティーブン・ソダバーグ監督、グウィネス・パルトロウ、ジュード・ロウ、マット・デイモン、ケイト・ウィンスレット、マリオン・コティヤール、ローレンス・フィッシュバーン他出演。

 香港出張から帰ったアメリカの女性が倒れ、死亡。ほぼ同時に日本、イギリスでも死亡者が発生する。謎のウィルス感染が疑われ、米国疾病対策センター(CDC)や世界保健機構(WHO)は対策に追われるが、ウィルスは世界中に蔓延していく。あるフリーライターがブログで恐怖をあおり、人々はパニックになるが・・・。

 なぜ女性が倒れたのか、何が原因なのか、CDCやWHOが調査をする過程と、携わる人々の状況が描かれる一方で、謎に迫ろうとするフリーライターが対照的に描かれています。全体的には淡々とした映像が多い。ブログ、フェイスブック、ツイッターなど、現在のインターネット社会での設定なので、実際に起きたらこんな風になるのかもしれない、と思いました。

 「政府や体制側は安全な状況が確定されるまでは何も発表しない」という、つい最近日本でも見たような状況も描かれています。パニックを恐れるあまり事実を隠すと、どこかから漏れて取り返しのつかないことになりますよ。そんなことを教えてくれているような気もしました。一般庶民側の私たちは何が本当で何が嘘なのか、見極める目を持たなくてはいけないかもしれませんね。ウィルスを描いた映画なのに、なぜか今年の原発対策を連想してしまった私です。

 アカデミー賞主演女優賞受賞の3人をはじめ、豪華な出演者で描く静かなパニック映画って感じです。狂言回しのフリーライター(ブロガー)にジュード・ロウがぴったりでした。(評価★★★☆と★★★★の間)

コンテイジョン