FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2012年04月29日 (日) | 編集 |
 ゴールデンウィークがスタートし、4月ももう終わりですね。私は無事に34年ぶりの北海道の冬を乗り越えました。さすがに雪も解け、暖かくなってきました。そうはいっても、まだ東京や横浜の冬の気温です。桜は連休の後に咲くのでまだまだですが、クロッカスやふきのとうが咲いてます。

CA392237.jpg
CA392236.jpg
上はふきのとうですが、下のお花は?

 札幌では、冬の初めの雪が降るまでと冬の終わりの4月は、どんなに寒くても冬のコートを着ない人がほとんどです。横浜では1年に半月も着なかった合いコート(昔はなぜかバーバリーと言ってました)や革のコートを着ます。でも、当然寒い。だから三つの首を暖かくします。手首は手袋、足首はブーツ、そして首はストールです。冬は、街を歩く人のほぼ100%がストールをしています(男性もね)。

 おしゃれだけじゃなくて実用です。ホント毎日の必需品です。巻き方もいろいろあるみたい。私は札幌に引っ越してくる時にそんな事情は知らないから、横浜にストールを置いてきたり、寒くなる前に娘に1枚送ってしまいました。だから寒くなってから、大後悔。それであまり高くなくて素敵なストールを見つけるたびに、つい買ってしまいました。

CA392233.jpg
気がついたら5枚も。高くても3150円ですけどね。一番左は春物で、グラデーションになっています。右から2番目が最初に買ったストールです。暖かくて、どれだけ助かったことでしょう。

CA392234 (2)
これは母の形見の帯揚げですが、左2枚を組み合わせてストール代わりに使いました。暖かくなったら、1枚でも使えそうです。

 ストールは、夏になるまでは、まだまだ活躍しそうです。
スポンサーサイト
2012年04月27日 (金) | 編集 |
 今の私の仕事は、朝9時から夜6時までのパソコン上のデータと紙の書類の照合です。もともと長く続けてきた仕事も校正で、どれも座りっぱなしで、目を使う仕事。だから目の疲れはもちろん、肩が凝ります。たまに美容院でマッサージしてもらうと、あまりの凝りように驚かれます。最近は慢性化し、ほとんど自覚症状は感じませんけどね。

 それでも毎日8時間、週5日仕事をしていると、週の後半には疲れが出て、肩も重く感じるようになります。そんなときに、肩こりのマッサージクリームとして使えるエヌジェイウィートグラススキンケアバームのサンプルが手に入りました。

CA392225.jpg

 ウィートグラスとは、前分岐期と言われる小麦草の発芽期に抽出されるビタミン、ミネラル、アミノ酸の含有量が多いエキスで、肌本来の力を引き出してくれるそうです。このウィートグラスをたっぷり配合したウィートグラススキンケアバーム。パラベンとラノリン無添加、無着色・無鉱物油、遺伝子組換えでない小麦を使用、動物由来の成分も含んでいません。

 ウィートグラススキンケアバームをさっそく使ってみました。こってりとした白いクリーム、湿布薬のにおいをかなり薄くしたようなにおいがありますが、それほど気になりません。入浴後の就寝前に、肩と首につけて軽くマッサージしました。

 ひんやりと気持ちよく、肩が軽くなったような気がしました。マッサージ後すぐに寝たのですが、いつになくぐっすり眠れました。翌朝の目覚めもすっきり! もちろん朝起きた時には、肩の凝りはありません。ただ根本的に肩凝りを治すものではないので、数日するとまた肩は凝りますけどね。

 肩が凝って疲れた時には、ウィートグラススキンケアバームを塗って軽くマッサージ。熟睡で疲れをとって、リフレッシュしたいですね。

エヌジェイファンサイトファンサイト参加中
2012年04月25日 (水) | 編集 |
 ここ数年、あまり化粧品を買っていません。サンプルプレゼントやモニター応募で結構なコスメがたまっています。でもサンプルもモニターも若干種類に偏りがあって、化粧水やアンチエイジング系の美容液やクリームは山ほどあるけど、同じ美容液でも美白系は少ないし、クレンジングもあまりありません。なので、クレンジングと美白美容液は自分で購入します。

 最近使っているのは結構気に入っています。それで、いつものサンプル品やモニター品ではなく、実際に買って使っているお気に入りコスメをご紹介します。今日はまず、クレンジングです。

 昨年の秋ごろからオルビスクレンジングリキッドを使っています。以前は娘と一緒に、某化粧品会社のオイルクレンジングを使っていたのですが、年を取るとオイルクレンジングは肌に良くないということを知り、代わりになるものを探していました。

 通勤路の地下歩行空間でたまたまオルビスがキャンペーンを開催中。サンプルをもらえるものではなく、店舗で購入すると500円割引になるというものでしたが、オイルを一切使っていないクレンジングがかなりお手頃価格で買えるので、店舗で会員手続きをして購入しました。
CA392097.jpg
かわいいスヌーピー柄のボトルでした(携帯カメラで縦位置で撮ると、向きが横向きになります。ご了承を)。

 一見オイルクレンジングと同じなのでとっても不思議だけど、オイルは一切使っていません。オイルじゃないからヌルヌル、べたべたがなく、当然使い心地もいい。洗浄力も抜群です。クレンジングの後にタオルで拭くと、全然化粧品が残っていないのがわかります。

 そして使用後はしっとり、肌がとってもなめらかです。お化粧をしないときはクレンジングを使わず、石鹸で洗顔するだけですが、洗った後の肌はなんだかゴワゴワ? クレンジングリキッドの良さを実感しました。

 お風呂で使えるのも便利だし、何より経済的です。しかも詰め替え用もあってエコもバッチリ! ちなみに今使っているのは2個目で、もちろん詰め替え用を買いました。

 エイジングケア美容液やファンデーションはなかなか決まらないけど、クレンジングはこのクレンジングリキッドに決まりです。
2012年04月23日 (月) | 編集 |
 友人が車で、住宅街の中にあるとても素敵なレストランに連れて行ってくれました。小さな教会の隣にある一軒家のレストランです。中は明るくて、リトグラフが壁にかかったモダンな感じ。でも中華料理のレストランでした。

CA392230.jpg

 チャイニーズレストランクラブチャイナです。一軒家なので中は結構広く、明るくて素敵な雰囲気。ランチメニューは1260円から、4種類のコースがありました。

 私と友人が食べたのは、おすすめランチ(1260円)です。
CA392226.jpg CA392227.jpg
CA392228.jpg CA392229.jpg
お肉料理がメインです。豚フィレ肉か鶏肉を選びます。私は豚フィレ肉、友人は鶏肉にして、シェアしました。スープとライス、デザート、ドリンクが付きます。

 適量で、豚肉も鶏肉もとてもおいしかった。デザートはイチゴソースがかかった杏仁豆腐でした。こんなにおしゃれでおいしい杏仁豆腐を食べたのは初めてです。素敵なレストランでモダンな中華料理を楽しみました。

CA392231.jpg
隣は教会なので、ハウスウェディングができます。2階は個室みたい。この日は、結婚間近のカップルとお母さん同士の初顔合わせといった感じのグループがいました。もしかしたらここで式を挙げるのかな?

 庭には、北海道には珍しい大きな桜の木がありました。連休明けの桜の季節に、桜を見ながら食事をするのもいいですね。
2012年04月21日 (土) | 編集 |
 昨年の東日本大震災から1年余り。いざというときのために防災の用意はしなくちゃと思いながらも、ほとんど何もしていません。「災害は忘れたころにやってくる」、これではいけませんね。そんな時に、最近再び始めたヨガに通う途中、札幌市民防災センターを発見。さっそくヨガの帰りに行ってきました。

 ここはいろいろな災害の模擬体験をしながら、防火や防災に関する知識と災害時の行動を学ぶ施設です。受付でパンフレットと「防災博士挑戦カード」をもらって、見学スタート。周りはほとんど小学生で、大人は家族連れが少しいるだけ。大人一人で来ているのは私だけのようでした。
img006_convert_20120415144756.jpg

 入ってすぐに目をひくのははしご車。実物と同じで、サイレンを鳴らしたり、無線交信を聞くことができるそうです。
P4140332_convert_20120415143858.jpg

 2階の展示コーナーで消防服や防災グッズを見て、1階に戻ります。消防士の活動服には放射能防除の服もありました。隣の消防署も2階から見学できます。
P4140336_convert_20120415144046.jpg

 救急体験コーナーでは訓練用の人形を使って応急処置を学べますが、私は映像を見るだけにしました。
P4140335_convert_20120415143953.jpg

 災害の恐ろしさを体験できる3Dシアターもありました。地震の映像の時には椅子も少し揺れます。ただ、映像はかなり前に作られたもので、阪神淡路大震災までの情報を基にしているようです。そのため、実状とはちょっと合わないような気がしました。

 煙避難体験コーナー、119番通報体験コーナーもありましたがパスして、消火体験コーナーへ。実は私、消火器の使い方を知らないのです。大人一人の参加はちょっと恥ずかしいけど、思い切って体験しました。
P4140337_convert_20120415144129.jpg
目の前に写る炎(てんぷら鍋から火が出ている映像)に向かって、実際の消火器を使って火を消します。ただし、消火器の中に入っているのは水ですけど。消火器は結構大きなもので、割と重い。使い方を教えてもらって挑戦したけど、火は消えませんでした。

 消化するときは、炎ではなく鍋の中を目標にするといいそうです。消火器の中の粉を替えるのは、5年に1回くらいでいいとか。

 最後に行ったのは地震体験コーナーです。昨年の大震災で、横浜・みなとみらいのクイーンズスクエアで仕事中に、震度5強を体験しました。そこで、今回は震度6に挑戦です。
P4140338_convert_20120415144220.jpg
椅子に座って始めます。揺れが納まったら、ガスコンロの火を消し、湯沸かし器のスイッチを切り、左側にあるドアを開けて椅子で押さえ(余震が来た時のための避難口の確保)、電気のブレーカーを落とすまで(子供はドアを開けるまで)が課題です。難なくできました。

 ここの震度6よりも去年の横浜で経験した地震のほうがはるかに大きく感じました。時間が長いのもありましたが、免震構造のビルの10階だったので、より揺れが大きかったのでしょうか。

 貴重な体験ができました。でも気になったのは見学者のほとんどが子供だということ。大人にも体験してもらうことが大切だと思います。津波体験コーナーと暴風体験コーナーを新たに設置するという改修計画があるようですが、海に面していない内陸部の札幌に津波体験は必要でしょうか? 3Dシアターの内容は変えたほうがいいと思うけど、大規模な改修の前に、もっとこの施設を大人にもアピールしたほうがいいと思います。なんといっても無料で、いざというときに役立つ体験ができるのですから。

 大人も十分に楽しめますよ。今度は友人を誘って、今回体験しなかった煙避難体験と震度7の地震体験をしたいと思います。