FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2012年05月31日 (木) | 編集 |
 5月にランチで行ったレストランをまとめて紹介します。イタリアンと日本料理のお店、それぞれ2軒です。

 日本料理の最初は、茶寮をとわです。私が仕事をしているビルにもあるのですが、丸井今井百貨店の大通館10階のレストラン街がリニューアルして、新しく出店したのでそこへ。大通公園とテレビ塔がよく見える、明るい雰囲気のお店でした。

 オープン6日目の5月3日に行ったのでさすがに混んでいて、少し待ちました。一番食べたかったちょい菜御膳(1200円)は1日10食なので売り切れ、竹籠御膳(1500円)を注文しました。
CA392282.jpg
御飯と漬物、みそ汁が付きます。真ん中に見える抹茶入り茶碗蒸しがおいしかったです。今度は早く行って、9種類の惣菜が楽しめるちょい菜御膳を食べたいな。


 次は、函館で東京の夫と娘にウニを送ったお店の札幌店、うにむらかみです。私が仕事をしているビルの地下1階にありますが、50分のお昼休みでは行けません。前から気になっていたけど、入ったのは初めてです。

CA392299.jpg CA392298.jpg
平日(仕事は休みの日です)の12時前に入ったのに、人気の週替わりランチ(1150円)は売り切れ、日替わりランチ(950円)にしました。ランチタイムはウニが350円で注文できるので、もちろんオーダー。北海道のウニって、ほんとにおいしいですよ!

 日替わりランチも12時15分頃には売り切れになることが多いとか。週替わりランチも日替わりランチも数が少ないんですね。電話予約ができるそうなので、次回は予約をして週替わりランチ(無添加生ウニ付きです!)かな。


 浜松から帰省中の高校時代の友人と会ったのは、新札幌のイタリア料理クッチーナです。

 土曜日だったので、お得なホリデーランチ(980円)にしました。
CA392288.jpg CA392289.jpg
CA392290.jpg CA392291.jpg
週替わりのパスタ(エビとブロッコリーのクリームソース?)にサラダ、デザート、ドリンクが付いています。この日はクーポンを持って行ったので、さらにもう1品デザートが付きました。ドリンクのお替わりは100円です。

 そこそこおいしくてお手頃価格のお得なランチでした。両隣の席との間に仕切りがあり、ゆっくり話せるのが良かった!


 最後は街中のおしゃれなイタリアン、リストランテ・テルツィーナです。以前大通付近のレストランのランキングを見た時に上位にあって、いつか行きたいと思っていたレストランです。

 私がオーダーしたのはプランゾAのコース(1890円)です。
CA392301.jpg CA392302.jpg
右は新玉葱のスフォルマート。ふわふわして不思議な食感でした。携帯カメラで縦位置に撮った写真は横向きになってしまいます。悪しからず・・・。
CA392303.jpg CA392304.jpg
右は桜マスの塩漬けとケッパー、オリーヴのトマトソース プッタネスカ風バヴェッティーニ(パスタ)
CA392305.jpg CA392307.jpg
左は春キャベツと大麦、ミモレットチーズのリゾット。右はデザート。
CA392306.jpg CA392308.jpg
左は友人がオーダーしたデザート。右はサービスの生チョコ。

 量は少しずつだけど、種類が多いので適量でした。デザートは4種類くらいから好きなものを選びます。生チョコも10種類近くある中から、好きなだけ選べます。

 ビルの2階だけど、洗練された大人の雰囲気のレストランです。お料理もとてもおいしく、リーズナブルで大満足! リピートしたいお店です。札幌はお手頃価格のイタリアンレストランが多いようですね。
スポンサーサイト
2012年05月29日 (火) | 編集 |
 ずいぶん前ですが、連休の最後の日に「トリックアート展」に行ってきました。会場はアクセスサッポロ、我が家から自転車で10分余りのところなので、スーパーの買い物のついでに行ってみました。

 これは、上富良野や高尾、お台場など、全国あちこちにあるトリックアート美術館の展示とほとんど同じだと思います。調べたら、横浜中華街の大世界にもあったのですね。知らなかった

 最終日だったので、入場するのに10分ほど待ちました。会場内は、家族連れやカップルでいっぱい。カメラの撮影OKなので、撮影するのに時間がかかっていたのですね。デジカメ持っていって、良かった

 最初に目についたのは、名画のパロディー。
P5060017_convert_20120520135834.jpg
アングルの「泉」の前に立つ少年も絵の一部です。

P5060016_convert_20120520135757.jpg
ジョルジュ・ラトゥールの「いかさま師」。手が絵から飛び出ているみたい。

P5060013_convert_20120520135614.jpg
これもラトゥールの「マグダラのマリア」。穴をのぞくとそこには・・・。

 こんな仕掛け絵がたくさん。人気があったのは、絵の前でポーズをとって写真を撮ると面白い画像になるという仕掛け絵。ゴリラの口に入った写真が撮れる絵は、30分以上待ってました。私は一人で行ったので、自分が被写体になるのは無理。こういうトリックアートは、何人かで行くのが面白そうですね。

P5060015_convert_20120520135717.jpg
こんな騙し絵もいくつかありましたよ。

 トリックアート美術館は行ったことがなかったので、一人で行ってもそこそこ楽しめました。でも今度どこかに行ったときにあったら、一人でなければ絶対に入ってみようと思います。もちろんカメラ持参でね。
2012年05月27日 (日) | 編集 |
 半月ほど前になりますが、高校時代の友人と一緒に、桜を見る(はずの)日帰りバスツアーに行きました。目的は桜だったのですが、今年は連休の終わりに咲いて、あっという間に散り始めてしまって・・・。でも、素敵な景色が見られましたよ。

 最初に行ったのは、源義経の伝説が伝わる義経神社です。ここはパワースポットで、桜の名所でもあります。
P5130022_convert_20120520121238.jpg
P5130026_convert_20120520121352.jpg
祭神は源九郎判官義経公、1799年創建の古い神社です。境内の桜はほとんど終わっていました ちなみに私は、パワーはほとんど感じませんでしたね。

 この辺りはサラブレッドの牧場が多いので、こんなものがありました。
P5130025_convert_20120520121317.jpg


 次に行ったのは、周りがすべてサラブレッドの牧場というサラブレッド銀座。 
P5130030_convert_20120520122450.jpg
P5130028_convert_20120520122353.jpg
緑の牧草でいろいろな馬がのんびりと草を食んでいるのを見るのは、なんだかとっても癒されます。何もないけど、心が和むとてもいい風景でした。北海道ならではの景色ですね

P5130027_convert_20120520122205.jpg
自然の中です。川が流れ、遠くには海も見えました。

 展望台のベンチも馬蹄形です!
P5130032_convert_20120520122529.jpg


 そして最後に行ったのは、「日本の道百選」「さくら名所100選」「北海道遺産」に選ばれている北海道随一の桜の名所二十間道路桜並木 です。
P5130044_convert_20120520123723.jpg
例年ならこの頃は両脇の桜が満開のはずだったのですが・・・。直線7キロ、3000本の桜が植えられています。本州と違い、ソメイヨシノは少なく、エゾヤマザクラなどが多いようです。道路の左右の幅が二十間(36メートル)あるので、二十間道路と呼ばれるそう。満開の時は道路の渋滞が半端じゃないらしいけど、さすがにすいていました。バスツアーのバスは多かったけど。

P5130033_convert_20120520123542.jpg
でも少しは咲いてましたよ。桜まつりも開催中でした。

 数少ない桜を見るよりは、桜まつり開催中にしか公開しない歴史的建造物を見に行くことにしました。途中にも古そうな建物が↓
P5130036_convert_20120520123803.jpg
明治時代に事務棟として使われていた建物だそう。今は使われていなので、傷む一方。保存のための寄付金を集めていました。


 私たちが行ったのは、明治42年竣工の皇族や高官が宿泊した龍雲閣です。
P5130037_convert_20120520125613.jpg
正直、これが?って思うような、あまりにも地味な建物です。この辺りは明治時代、宮中で使う馬や軍馬の牧場だったので、皇族や高官が視察に訪れたそうです。今の天皇ご夫妻も平成18年にいらしてます。

 室内には当時使われていた食器や馬具などが展示されていました。
P5130038_convert_20120520125651.jpg
狩野探幽の屏風絵もあります。

P5130042_convert_20120520125724.jpg
P5130043_convert_20120520125834.jpg
上半分と下半分の写真ですが、伊藤博文自筆の七言絶句で、絶筆になったものだとか。まさかここで伊藤博文の書を見られるとは、思いませんでした。


 このツアーはわくわくホリデーという札幌の小さな旅行会社の主催ですが、お弁当が豪華でおいしく、お土産付きで、ナント2980円という安さ
CA392293.jpg CA392292.jpg
お土産のトマトゼリーがおいしかった

 龍雲閣では、一緒に行った友人の知り合いの方が浦河から車で来てくれて、その後一緒に見ました。私にまで下さったお土産は↓
CA392297.jpg
浦河名物の「昆布もなか」です。もなかの中に刻んだ昆布が入っています。和菓子があまり好きでない私も、おいしくいただきました。

P5130020_convert_20120520125914.jpg
おまけです。行く途中に寄った輪厚(わっつ)パーキングエリアにあったミニガーデン。北海道ガーデン街道の一つ、紫竹ガーデンが監修したものです。チューリップがきれいでした。紫竹ガーデンにも行かなくちゃ!
2012年05月25日 (金) | 編集 |
 最近2本続けて映画を見ました。まとめて紹介します。

 「幸せの教室」 札幌シネマフロンティアで。
製作・監督・脚本トム・ハンクス、脚本ニア・ヴァルダロス、出演トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ他。

 高卒を理由にリストラされたラリー・クラウンは、再就職のために短大に入る。ラリーと9人の若いクラスメートにスピーチ学を教えるのは、やる気のないテイノー。夜クラスメートたちとスクーターに乗っているときに、一人でいるテイノーを見かけたラリーは、家まで送っていくが・・・。

 アカデミー賞俳優のトム・ハンクスとジュリア・ロバーツの共演、トム・ハンクスが製作・脚本・監督・主演のすべてを手掛けるという、10年前なら絶対に話題になっていたであろう映画です。さすがに二人ともピークを過ぎてしまいました。

 でもストーリーはとても楽しく、見終わった後に心が温かくなる作品です。70年代風のBGM、明るいアメリカの街並み、クラスメートを挟む三角関係(?)も面白い。トム・ハンクスの目って、あんなにかわいらしかったっけ? 落ち込んでいるときに見ると、元気が出てくるかも。(評価★★★☆と★★★★の間)

幸せの教室


 「ファミリー・ツリー」 ユナイテッドシネマ札幌で。
監督アレクサンダー・ペイン、出演ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー他

 仕事にかまけ、家のことは一切妻に任せていた弁護士マット・キング。妻がボートの事故でこん睡状態になり、二人の娘は荒れる。先祖代々の土地の売却問題もあり、苦悩するマット。ある日妻に恋人がいることが発覚し・・・。

 「サイドウェイ」でアカデミー賞脚色賞を受賞したアレクサンダー・ペインが監督。今年度のアカデミー賞で脚色賞を受賞し、作品賞・監督賞・主演男優賞・編集賞にノミネート、ゴールデン・グローブ賞では作品賞と主演男優賞を受賞しました。ハワイを舞台にした小説「the Descendants(子孫たち)」の映画化です。

 自然に恵まれた美しいハワイが舞台で、BGMもハワイアン。オアフ島、ハワイ島、カウアイ島が出てきます。重い話なのに、映画はなぜか面白い。父親として悩むジョージ・クルーニーの表情がいい。二人の娘役はオーディションで選ばれたそう。上の娘役のシャイリーン・ウッドリーは、魅力的な美少女です。

 カウアイ島の景色があまりにも素敵で、ハワイに行きたくなりました。家族について考えさせられる映画でもあります。最後のシーンがなかなかいいですよ。(評価★★★☆と★★★★の間)

ファミリーツリー

ファミリー

2012年05月23日 (水) | 編集 |
 函館のお土産、スィーツ以外にもたくさんあります。代表的なものはイカなどの海産物。私もベイサイドの金森赤レンガ倉庫や朝市でいくつか買いました。

 金森赤レンガ倉庫で買ったのは↓
CA392280.jpg
三つまとめて買って1050円でした。
CA392274.jpg
これは非常食用に(400円だったかな)。

 同じく海産物ではないけど、こんなものも。
CA392275.jpg
タイ製のお香です。セットは100円、バラは50円という安さ! 線香はとても長く、香りが強めでした。

 北海道昆布館で買ったのは↓
CA392273.jpg
がごめ昆布はこの地方の特産で、とても粘りけが強いそうです。「納豆昆布」(350円)はお吸い物にも使えるかなと思って買いましたが・・・。左の「味付昆布」は、じゃらんのクーポンでもらったもの。昆布餅は、金森倉庫で買ったものです。

 函館朝市で買ったのは、ホッケの開き(500円)。羅臼産の根ホッケで、なかなか捕れないものだとか・・・。
CA392281.jpg
なかなかボリュームがありました。

 そして、東京の夫と横浜の娘用に東京に送ったのは、こちら「うにむらかみ」のウニ(80g、2400円)です。
P4290373_convert_20120506012534.jpg
もちろん、絶品だったようです。実は支店が勤め先のビルにあって、いつも気になってました。お昼休みが50分しかないので、ランチをするには時間がなくって・・・。いつか食べてみたいな。

 これで函館旅行の報告はすべて終了です。とても楽しかった函館、毎日車でいろいろなところに案内してくれた弟夫婦に改めて感謝します。ありがとうございました。