FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2012年07月31日 (火) | 編集 |
 イコロの森の次に行ったのは、ノーザンホースパーク(入場料500円)。ここは馬と触れ合えるとても広い施設ですが、その中にK's Gardenという17のテーマガーデンからなる約1万坪の大きなガーデンがあります。

P7220264_convert_20120726163456.jpg
こんな素敵な階段や
P7220267_convert_20120726163543.jpg
花みずきが咲いていたり(戸塚に花みずきの並木道があったので、懐かしい)
P7220269_convert_20120726163636.jpg
P7220256_convert_20120726015840_20120726164105.jpg
ワイルドなガーデンも。

 もちろん、ローズガーデンもありました(ローズガーデンはイコロの森のほうが良かったかな)。
P7220272_convert_20120726163903.jpg
P7220273_convert_20120726165127.jpg
P7220271_convert_20120726163817.jpg
クレマチスも素敵でした。

 とても広くて、いろいろな花が咲いてました。
P7220275_convert_20120726165212.jpg
P7220277_convert_20120726165334.jpg
赤い花はケシの花?
P7220278_convert_20120726165417.jpg
P7220279_convert_20120726165448.jpg
CA392414.jpg CA392415.jpg
ダリアも咲いてました。きれいな色でしょ。

P7220276_convert_20120726165256.jpg
7月だから、ラベンダーも!


 お花を楽しんで、ちょっと先まで歩くと遠くに馬が見えます。
P7220284_convert_20120726170528.jpg
馬見の丘です。
P7220286_convert_20120726170608.jpg

 せっかく馬のテーマパーク(?)に来たのだから、ホースギャラリーもざっと見ました。
P7220287_convert_20120726170640.jpg
P7220288_convert_20120726170728.jpg
競走馬の牧場が経営主体なので、競馬に関する展示が無料で見られます。私が知らない馬がほとんどでしたけどね。

 きれいな花を見て馬と遊べるなんて、北海道らしいですね。広いのもさすがです。


スポンサーサイト
2012年07月29日 (日) | 編集 |
 札幌から電車で1時間ほどの工業都市の苫小牧には、いとこが住んでいます。苫小牧には素敵なガーデンが二つもあることを知り、7月22日にいとこと行ってきました。

 最初に行ったのは、イコロの森(入場料600円)。イコロとは、アイヌ語で「宝もの」のこと。名前の通り、森の中にありました。

P7220249_convert_20120726015258.jpg
 
 入ってすぐにあるのが、ローズガーデン。札幌ではもう終わりのバラが、ここでは見頃です。苫小牧は札幌から近いのに、温度がかなり低いからでしょうか。ちなみにこの日の最高気温は20℃! 涼しすぎるかも・・・
P7220253_convert_20120726015334.jpg
P7220261_convert_20120726015438.jpg
CA392411.jpg
P7220262_convert_20120726015516.jpg

 ローズガーデン以外にもいろいろなガーデンがあり、たくさんの花が咲いていました。ガーデンを出ると、森が見えてきました。ここはウッドランドガーデン。森の中を歩きます。柔らかな土の感触が、なんだか懐かしかった。
P7220255_convert_20120726015759.jpg
P7220256_convert_20120726015840.jpg
P7220258_convert_20120726015919.jpg
森の中は静かで、名前を知らない花も咲いてました。森の中には案内がないのでいつのまにか元の道に戻り、道に迷ってしまいました。そんなに広くはないけど、今いるのがどこなのかわかるような案内板がほしいですね。

 ガーデンと森をゆっくり歩いても1時間ほどでしょうか。ガーデンは手入れが行き届いて、とてもきれいでした。レストランもあったけど、ランチは次のガーデンでとることにしました。続きは次回に。
2012年07月27日 (金) | 編集 |
 先日の海の日、いつものSNSが海の日にちなんだイベントを立ち上げたので、参加しました。ニセコ積丹小樽海岸国定公園内にある小樽海岸自然探勝路を歩くイベントです。

 スタートは、小樽のオタモイ海岸の近くです。
P7160212_convert_20120721205637.jpg

 探勝路の入り口を入ってすぐに、ちょっと変わった門がありました。
P7160213_convert_20120721205719.jpg
昭和初期に建立されたオタモイの象徴、オタモイ唐門です。

 最初はひたすら上り、ちょっとした登山かも。名前の通り、自然の中を歩きます。
P7160216_convert_20120721205849.jpg
山アジサイが咲き始めてました。
P7160217_convert_20120721205926.jpg

 周りは木がほとんど、でも町が遠くに見えるところがありました。
P7160214_convert_20120721205807.jpg

 1時間以上歩いて(ほとんど上り)ベンチのある展望台に到着。景色を見ながら、一休みです。
P7160219_convert_20120721210028.jpg
 
 
 次は長い下り。とても気持ちのいい道を歩きました。
P7160224_convert_20120721213343.jpg

 スタートから1時間半ほどで赤岩峠に到着。仏像が両側にある道を上ります。
P7160227_convert_20120721213422.jpg
「赤岩霊場」です。仏像がたくさんあり、その奥にはお花が・・・。
P7160228_convert_20120721213505.jpg

 この先は、ちょっと険しい上り(でも先週の八剣山に比べればはるかに楽です)。しばらく行くと、左に海と崖が見えてきました。
P7160232_convert_20120721213600.jpg
よく見ると、崖には人の姿が・・・。ここはロッククライミングの名所だそう。

 また少し上ると、そこには・・・
CA392408.jpg
美しい海が見える秘密の絶景ポイントがありました。下赤岩山の頂上(278m)です。
CA392403.jpg
空と海の区別がつきません。
P7160239_convert_20120721213812.jpg
モーターボートが通るのが見えます。先月乗ったサンセットクルーズもここを通りました。
P7160245_convert_20120721213909.jpg
向きを変えると、これから行く祝津が見えます。
P7160248_convert_20120721214857.jpg
岩の上には仏像が。

 あとは下りを進むだけ。スタートから2時間半ほどでゴールの祝津に着きました。約5.5キロ、軽登山をしたような自然探勝路。先週の八剣山の体験があるので、楽勝(?)でした。前半はあまり景色がよくなくてただ上るだけだったけど、赤岩→祝津は景色が抜群! 北海道でこんなにきれいな海が見られるなんて、うれしいですね。

 お花は少なかったけど、小さくてきれいなユリが印象的でした。
CA392406.jpg CA392405.jpg
右の草は去年の尾瀬でも見たような気がしますが・・・。
2012年07月25日 (水) | 編集 |
 最近続けて3軒の日帰り温泉に行きました。温泉天国の北海道、札幌市内にもいろいろな温泉があります。

 八剣山登山の後に行ったのは、近くの小金湯温泉の「まつの湯」です。ここは松の湯旅館の温泉で、日帰りはもちろん宿泊もできます。

CA392390.jpg

 源泉は、豊かなミネラル成分を含む「単純硫黄泉」。29度と温度が低いため一度加熱し、源泉で割った温泉です。ちょっと熱すぎて、ゆっくり入れなかったのが残念! でも割と広くて、きれい。露天風呂は目の前に木が茂っていて、自然の中にいるのを実感できました。2時間以内なら500円で入れます。もう少し温度が低ければいいのですが・・・。


 連休中に函館から温泉好きの弟夫婦が来たので、一緒に札幌市内の日帰り温泉巡りをしました。初日に行ったのは、「東苗穂温泉 千の湯」。北海道初の韓国式岩盤浴ができる温泉です。

 とても広いと思ったら、10種類の岩盤浴施設(うち2種類はクールダウン用)があるから。温泉だけなら500円で、岩盤浴と温泉なら1000円(館内着2枚、大判タオル付き)です。お湯は茶褐色の天然温泉。肌がすべすべになります。もちろん露天風呂もあります。

 でもここに来たら、やっぱり岩盤浴でしょう。私は高温のサウナや岩盤浴は息苦しくなるので苦手だったけど、ここの岩盤浴は違います。60℃くらいが多いので、息苦しくなりません。床も細かいじゃりのようなものが敷いてあって、不思議と痛くありません。今まで岩盤浴でウトウトすることはありえなかったのに、長くいられるせいか、ウトウトしてしまいました。

 何より感激したのはクールダウンの「雪の癒」。なんと、人工雪が降っていました。もちろん涼しくて、気持ちがいいです。60℃の岩盤浴とクールダウンを繰り返せば、いくらでもいられそうです。
千の湯
岩盤浴なら、千の湯ですね!


 翌日に行ったのは、我が家から割と近い「こはくの湯」。ここは、先日入浴剤ながらも感動した炭酸泉がある日帰り温泉です(600円)。炭酸泉の他に天然のモール温泉もあります。

 洗い場も内風呂も広いのに、場所が悪いからか、すいてました。太古の植物の堆積からできる天然モール泉は、保湿成分が多い美肌の湯で、恵庭の源泉から運んでいるそうです。茶褐色のこはくのような色から、こはく湯になったとか。本当に肌がすべすべになりました。露天風呂もモール泉です。

 炭酸泉は強炭酸泉。あっという間に体中に水泡ができました。体が温まり、疲れがとれました。
こはくの湯
家の近くにこんな素晴らしい温泉があったとは・・・。でも車でなければ行きづらいのが難点です。また機会があれば、行ってみたいな。
2012年07月23日 (月) | 編集 |
 アメリカのマーベルコミックに「スパイダーマン」が登場して、今年で50年。前シリーズの1作目公開から10年の節目に、新しい「アメイジング スパイダーマン」が公開されました。

 マーク・ウェブ監督、アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、マーティン・シーン、サリー・フィールド他出演。札幌シネマフロンティアで。

 幼い時に両親が失踪し、叔父夫婦に育てられたピーター・パーカー。ある日、父失踪の謎に迫るため、父とかかわりのあったオズコープ社に行くが、実験中のクモにかまれてしまう。クモのパワーを身に着けたピーターはスパイダーマンとなるが・・・。

 2002年公開のサム・ライミ監督、トビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト出演の「スパイダーマン」とは、基本的なところは同じですが、ストーリーそのものは違います。3Dもありますが、時間の関係で2Dで見ました。3D主体にしては、ストーリーがとてもしっかりしていて面白かった。3Dで見ると、より楽しそう。

 明らかにシリーズものになるようで、今回はなぜスパイダーマンになったかというプロローグ的な内容です。終盤は、結構感動的ですよ。主役の二人、前作よりどちらも美形で、魅力的かも。私的には、ストーリーも合わせて、今回のほうが好きです。

 ロールエンドの後にまだ1シーンあります。次回作を期待させる、えっと思うようなシーンです。陰でしゃべっていたのは、いったい誰?(評価ちょっとおまけして★★★★)

スパイダーマン