FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2012年08月30日 (木) | 編集 |
 高校時代の友人に誘われて、また札幌芸術の森美術館に行きました。今回は9月2日まで開催中の「福田繁雄大回顧展」を見るためです。

 その前に、以前から気になっていた芸術の森の手前にある関口雄揮記念美術館に行きました。


P8170417_convert_20120819155720.jpg
白い棒状のものは、渋谷俊彦のインスタレーション「風の森Ⅱ」。

 埼玉県出身なのに、北海道が気に入り北海道の風景画を多く描いた日本画家、関口雄揮さんの個人美術館です。10月21日まで「色彩幻想Ⅱ」を開催中。

 モノクロに近い厳しい冬の北海道を描いた絵ときらびやかな紅葉(金色に近く、とてもきれい)の絵が対照的でした。
関口1
「彩」

 私と友人のお気に入りは、微妙な薄い緑色がとても美しかった「早春の林」。ちょっと東山魁夷を思わせると思ったら、東山魁夷に師事していたそう。この絵、画像がないのが残念! 東山魁夷同様、洋画っぽい日本画で、独特の風景画です。

 所蔵作品は3000点くらいあるらしいけど、展示数は多くありません。でもすいているし、ゆったり見られるのはいいですね(入場料800円)。

 
 この美術館のすぐそばにあるボザール橋を渡ります。
P8170418_convert_20120819155753.jpg
P8170419_convert_20120819155829.jpg
小さなつり橋です。ちょっと揺れました。川が流れる景色も素敵です。

 橋を渡ると、札幌芸術の森美術館は目の前でした。こんな近道があったとは・・・。

 札幌芸術の森美術館の「福田繁雄大回顧展」の副題は「ユーモアのすすめ」。美術館に入ってすぐに目に付いたのが↓
P8170420_convert_20120819155908.jpg
ちょっと古い車だけど、別にどうってことはなさそう。でも、横から見ると↓
P8170421_convert_20120819160002.jpg
とっても薄いんです。

 こんなユーモアあふれる作品が300点ほども見られました。世界的に有名なグラフィックデザイナーだからポスターなどの作品が多かったけど、立体作品も100点ほどあります。

 見て楽しく、「へーっ、すごいね」と感心する作品ばかりでした。
蛻・焔縺ョ+1_convert_20120825232812
「切手のモナリザ」このモナリザは2552枚の切手を手作業で並べて描いたものです。

「アンダーグランドピアノ」不思議な形の黒い板の組み合わせを鏡で見ると↓
福田繁雄3
鏡の中は黒いピアノでした。

 848本のスプーンとナイフとフォークで作ったオブジェかなと思ったら↓
福田繁雄2
ライトをつけて影を見ると、バイクの形です。現物はバイクには見えないのに、とっても不思議・・・。「ランチはヘルメットをかぶって」

 このような不思議な作品がたくさんありました。どうしてこんなことを考えられるのでしょう?福田さんの頭は、とってもやわらかかったのでしょうね。

 入場料1000円ですが、とても見ごたえがありました。この展覧会に行く前は、こんなに面白い展覧会とは思いませんでした。行って、よかった! なお、私はGWに行った「トリックアート展」の半券を持って行ったので、団体料金の800円で見られました。


 友人のスタンプラリーに付き合って、芸術の森美術館の近くにある「有島武郎旧邸」にも行きました。私は何年か前にも来たことがあって、今回で2回目です。
P8170422_convert_20120819160237.jpg
P8170423_convert_20120819160320.jpg
とても広い2階建ての洋風住宅。有島武郎が札幌を去った後、昭和35年から58年まで北大の所有で寮として使われていたものを移築したそうです。聞いたことがあったような気もするし、なかったような気も?

 風景画とトリックアート的な作品、まるで違う2軒の美術館を堪能した、有意義な1日でした。Iちゃん誘ってくれて、ありがとう。
スポンサーサイト
2012年08月28日 (火) | 編集 |
 先日北海道立近代美術館で「東山魁夷展」を見た後、近くの北海道知事公館に行きました。先月は中が見られなかったけど、8月26日までは土・日、祝日でも中の見学ができるので、見学してきました(無料)。

P8040366_convert_20120816155651.jpg
素敵なイギリス・チューダー様式の洋館。昭和11年に三井合名会社の別邸として建てられた建物です。昭和28年に北海道の所有となり、知事公館として会議や行事に使われているそうです。札幌市の「さっぽろ・ふるさと文化百選」、登録有形文化財。

P8040370_convert_20120816155728.jpg
1階の明るい応接室。応接セットは留辺蘂町のカラマツの間伐材を使っているそう。

P8040372_convert_20120816155843.jpg
1階の食堂。天皇陛下がいらした時の昼食時に使われたそうです。

P8040371_convert_20120816155811.jpg
食堂に飾られている安田侃の「妙夢」。

P8040374_convert_20120816155919.jpg
一番素敵だった2階の応接室。合掌造りの天井がいい感じでした

P8040375_convert_20120816155954.jpg
応接室に飾られていたステンドグラスでできた旧北海道庁です。

 他に昭和天皇・皇后両陛下が寝室として使った部屋や控室があり、展示室には姉妹都市から贈られたものや駒大苫小牧高校が甲子園で優勝したときの記念品がありました。

 こんな素敵な建物で会議ができる北海道職員がうらやましい。知事公館の敷地の一部は「環境緑地保護地区」に指定され、北側は市民に開放されています。
P8040376_convert_20120816162509.jpg
敷地内にある安田侃の「意心帰」。
P8040377_convert_20120816162554.jpg
同じく流政之の「サキモリ」。
2012年08月26日 (日) | 編集 |
 最近お気に入りのスイーツを紹介します。

 今月の初めに友人からもらったこれ↓ とってもおいしかったんです。
CA392452.jpg
アニバーサリーの「ハチミツマドレーヌ」です。

 パッケージもかわいいでしょ。アニバーサリーは、ウェディングケーキの専門店から始まったケーキショップで、東京の青山と早稲田、札幌の円山に店舗があります。ハチミツの上品な甘さとしっとりした食感がいいです。こんなにおいしいマドレーヌは初めて食べたかも。


 私が大好きな「ハスカップジュエリー」のもりもと、夏はこちらのほうがいいかな↓
CA392321.jpg
「太陽いっぱい」シリーズの「真っ赤なゼリー」と「ハスカップゼリー」です。お薦めは「太陽いっぱいの真っ赤なゼリー」ですね。トマト独特の臭みがなく、トマトのおいしさだけをギュッと詰めてゼリーにしたみたい。ほのかに甘くて、さわやかで、トマトはフルーツだったっけ?と思ってしまいます。

 夏は絶対にお勧めです。6月に東京に行ったとき、息子の結婚相手のご両親と息子夫婦、友人へのお土産にしました(行くときは重くてちょっと大変だったけど)。札幌のお店ではバラ売りがあるので、便利です。

 最近この真っ赤なゼリーのプレミアム版「太陽いっぱいの真っ赤なゼリー ファンゴッホ・スペシャル2012」ができたようです(期間限定?)。近いうちに食べてみようかな。でも、ちょっと高めのようですね。
2012年08月24日 (金) | 編集 |
 8月18日に職場の友人とクラブツーリズムの日帰りバスツアーで、北竜町の「ひまわりの里」と当麻鍾乳洞に行きました。

 札幌駅北口を8時に出発して途中砂川SAで休憩、10時20分頃にひまわりの里に到着。行く途中の風景は水田ばかりでした。

 人口2000人余りの北竜町にあるひまわりの里は、23.1haもの広大な敷地に130万本もの花が咲いています。見渡す限りひまわりという風景に圧倒されました。緑と黄色の広いスペースは、とっても気持ちが良かったです。レンタサイクルや観覧用の遊覧車もありましたが、歩いて回りました。

P8180428_convert_20120819132220.jpg
P8180427_convert_20120819132139.jpg
P8180430_convert_20120819132300.jpg
P8180442_convert_20120819132340.jpg
9年前に山梨県・明野のひまわり畑に行ったことがありますが、まるでスケールが違います。さすが北海道!

 このひまわりの里で新たに知ったのは、ひまわりの種類の多さでした。大きなひまわりと丈の低いひまわり、八重のひまわりくらいは知ってたけど、赤いひまわりやレモン色のかわいいひまわりは初めて見ました。大きなひまわりは直径30センチくらいもあるのですね。

P8180433_convert_20120819133049.jpg
P8180434_convert_20120819133126.jpg
P8180435_convert_20120819133205.jpg
P8180436_convert_20120819133244.jpg
P8180437_convert_20120819134108.jpg
P8180439_convert_20120819134201.jpg
「世界のひまわりコーナー」には、30種類のひまわりが植えられています。

P8180438_convert_20120819133434.jpg
これだけ見たら、ひまわりとは思わないかも・・・。マーガレットのような可憐なひまわりもいいですね。このコーナーの花は、北竜中学校の生徒が育てたものです。

 ひまわり畑の迷路(300円)にも挑戦しました。時間がなくて、途中でやめたのが残念!
P8180441_convert_20120819134235_20120819135129.jpg
迷路の入り口は、なぜかかぼちゃやへちまのアーチでした。

 ひまわりの里にはカモやダチョウもいます。8月25日まで「ひまわりまつり」開催中です。
P8180445_convert_20120819134505.jpg


 ひまわりの里を後にして、昼食のために旭川ラーメン村(詳細は後日)へ。昼食後、当麻鍾乳洞に向かいました。

  昭和32年に発見され、鍾乳洞全体は全長135m、高さ7~8mあります。1億5千万年前のジュラ紀から、時間をかけて地下水の溶蝕作用がつくりあげた石灰洞窟です。鍾乳石が3センチ伸びるのに、200年かかるとか。当麻鍾乳洞には長さ数メートル、直径10センチ以上の石柱があるそう。北海道指定天然記念物。

P8180448_convert_20120819141108.jpg
狭い通路を屈んだり、階段を上り下りしながら進みます。

P8180451_convert_20120819141150.jpg
P8180453_convert_20120819141228.jpg
P8180455_convert_20120819141348.jpg
説明の音声が流れ、見所にはそれぞれ名前が付いていました。見学は10分ほどで終わりますが、中は10℃ととても涼しい。

P8180457_convert_20120819141531.jpg
敷地内には、小さな滝が流れる憩いのスペースもありました。


 午後7時半~8時半帰着予定でしたが、6時前に札幌駅北口に着きました。雄大なスケールのひまわり畑と珍しい鍾乳洞を体験できた楽しいバスツアー、WEB限定のせいか、なんと2980円でした!
2012年08月22日 (水) | 編集 |
 ニセコで温泉巡りをする前にランチしたのは、おいしい野菜料理が食べられると評判の↓
P8120407_convert_20120814211432.jpg
レストランPRATIVOです。ニセコミルク工房の敷地内にあります。

 メイン料理は肉、魚、パスタから選び、野菜中心の10種類以上の料理とデザート、ソフトドリンクはビュッフェ形式で、好きなだけ食べられます(1500円)。

CA392466.jpg CA392465.jpg
ほぼ全種類を少しずつとってみました。
CA392467.jpg CA392468.jpg
義妹のメインは魚(左)、私はパスタ(右)です。先に写真を撮るのを忘れ、食べている途中で撮りました。デザートのプリンも撮り忘れ。噂に違わず、どれもおいしくいただきました。

CA392464.jpg
こんな素敵な緑を見ながらの食事は、さらにおいしさが増しますね。

 レストランの待ち時間に入ったのは↓
P8120399_convert_20120814211732.jpg
ソフトクリームを買う人がたくさん並んでいました。奥は売店です。私も↓を買いました(250円)。
CA392469.jpg
シューラスクです。かすかにシナモンの香りがして、食べ始めると後を引きます。