FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2012年12月31日 (月) | 編集 |
 2012年もいよいよ今日で終わりですね。今年もこのブログを見て下さって、ありがとうございました。今年最後のブログです。

 今年は1月の義妹のお父様に始まり、東京在住の高校の同期の友人、田舎のおじ、2月に母、その後田舎のいとこ(1月に亡くなったおじの二男)、11月の祖母と、身近な人がずいぶん亡くなった悲しい年でした。今の仕事を始めて一番親しくなった友人は9月に脳梗塞になり、今も入院中です。

 悲しいことばかりではなく、少しはおめでたいこともありました。5月に息子ができちゃった結婚をし、12月25日に無事女の子が産まれました。小柄なママに3250gの結構大きな赤ちゃんでしたが、21歳と若いためか安産でした(ちなみに私は子供二人を帝王切開で産みました)。
121225_1928~02
名前は莉実(りみ)です(上は産まれた日)。12月29日にはもう退院。退院した日は↓
SN3P0582.jpg
赤ちゃんは、顔がどんどん変わりますね。今は横浜のママの実家にいます。1月の連休に、会いに行きます。

 今年の私は仕事と家事に明け暮れたけど、7月から週4日勤務に変わったので、少しは楽になりました。時々とった有給休暇と休日を利用して、映画と美術館、旅行に行けたので、良かったかな。北海道ガーデン街道の残りと近場の気になるガーデンは制覇しました! 日帰りだけど、ニセコにも3回行ったし、東京にも3回行きました。後半は美輪明宏、桑田佳祐、中島みゆき、大好きな吉田拓郎にSMAPまで、コンサートにも行ったので、結構充実していましたね。

 今年の札幌は異常気象で、9月は暑く、初雪は11月18日と遅かったのに、12月に大雪が続き、合計の降雪量が2メートルを超えました。普通12月はこんなに積もりません。先日の朝、起きて窓を見たら↓
DSC_0063_convert_20121229222606.jpg
ガラスに雪が張り付いたよう・・・。子供のころに見たことがあったけど、久しぶりに見ました。吹雪いて雪の量も多かったのでしょうね。まだまだ冬は続きます。あと3カ月、辛抱です。

 喪中のため、年始の挨拶は失礼させていただきますが、来年が皆様にとって良い年となりますように願っています。来年もお暇なときには、見に来てくださいね。次回は1月2日にアップする予定です。


スポンサーサイト
2012年12月30日 (日) | 編集 |
 早いもので、2012年も今日と明日の2日だけになりましたね。恒例(?)の今年私が見た映画のベスト3を発表します。今年は38本の映画を見ました。今年は良い映画が多く、3本にはしぼれません。

 第3位がナント3本もあります。公開時期の早いものから紹介します。
ヘルプ 心がつなぐストーリー
ヘルプ
今年度アカデミー賞助演女優賞受賞作。笑って感動して、見ていて勇気が湧いてくる映画です。

ダークナイト ライジング
ダークナイト1
クリストファー・ノーラン監督のバッドマンシリーズの3作目。ハラハラドキドキ、驚くようなどんでん返しもあるアクション満載の大作です。これで終わってしまうのが、悲しかった。

アルゴ
アルゴ2
俳優ベン・アフレックが監督した実話に基づく映画。ハラハラドキドキの連続で、とても面白かった。来年のアカデミー賞の候補作になるかも。


 第2位は、今年最後に見たミュージカル映画の「レ・ミゼラブル」。
レ・ミゼラブル
誰もが知っているヴィクトル・ユゴーの「レ・ミゼラブル」が原作の世界的なミュージカルの映画化。歌は素晴らしく、感動的な泣けるミュージカルでした。


 そして第1位は、やっぱり「最強のふたり」ですね。
最強の二人
単館系の映画ですが、今でも上映してます。笑って、感動して、泣いて、「絆」を感じる、まさに今年最強の映画。これも実話に基づいてます。来年のアカデミー賞・外国語映画賞の最有力候補でしょうね。


 おしくも3位以内には入らなかったけど、お薦めの映画を次点として2本紹介します。

 アカデミー賞の作品賞、監督賞、主演男優賞など5部門を受賞した「アーティスト」。
アーティスト
モノクロのサイレント映画ですが、想像力を刺激し、心に迫るものがありました。ラストのタップダンスシーンは素晴らしかった。

 そしてもう1本は、007シリーズの最新作「007 スカイフォール」です。
007-ス~1
6代目007のダニエル・クレイグ主演の3作目。ほどほどのアクションとCG、納得のストーリー、豪華な俳優。まさしく007シリーズ50周年にふさわしい映画です。

 以上7本は、本当に面白く良い映画でした。どれもお薦めです。

 来年も大好きなトム・クルーズ主演の「アウトロー」、テレビドラマの映画化「ストロベリーナイト」、「ライフ・オブ・パイ」など、見たい映画が待っています。来年もたくさん見られるといいな。
2012年12月28日 (金) | 編集 |
 年内の仕事が先週末で終わったので、今週は2本の映画を見ました。

 「ホビット 思いがけない冒険」 札幌シネマフロンティアで。

 ピーター・ジャクソン監督、イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、ケイト・ブランシェット、ヒューゴ・ウィービング他出演。

 ホビット族のビルボ・バギンズの家に突然13人のドワーフ族と魔法使いのガンダルフが現れる。ビルボは、ドワーフ族の国を取り戻すための旅に一緒に行くことになるが・・・。

 2001年~2003年に公開された名作「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の60年前の話。前3作の主人公フロドのおじいさん、ビルボの冒険の話です。前作に出てきた魔法使いのガンダルフ、エルフ族のガラドリエル、エルロンド、サルマン、そしてフロドとゴラムも登場します。

 前作とつい比べてしまいます。今回は前半がちょっと淡々としている感じ。でも後半はタイトル通り、冒険の話で面白い。相変わらずいろいろなキャラクターが出てきて、ハラハラドキドキも。私がうれしかったのは、ガラドリエル役のケイト・ブランシェットが見られたこと。相変わらずきれいで、素敵です。

 そして面白いのは、やっぱりゴラム! 前作とのつながりもよく分かりました。ニュージーランドの風景はとてもきれいで、前作よりロケシーンが多いかも。

 第2部は来年12月、第3部は再来年の7月の公開です。早くも次回作が待たれます。レゴラス役のオーランド・ブルームの出演も楽しみ!(評価★★★★)

ホビット
ホビット2



 今年最後の映画は、1985年のロンドン初演以来世界43カ国で上演され、6000万人が見たミュージカルの映画化「レ・ミゼラブル」です。 札幌シネマフロンティアで。

 トム・フーパー監督。ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、ヘレナ ボナム=カーター他出演。

 ヴィクトル・ユゴー原作のフランスを舞台にしたミュージカル。パンを1切れ盗んだ罪で19年服役したジャン・バルジャン。1815年に仮出獄して教会で再び銀の食器を盗むが、司祭に許され、過去を捨てる決意をする。その後市長となり新たな人生を送り、孤独な女性フォンテーヌと出会う。娘コゼットを託されるが、ジャン・バルジャンを追う警部に再会し、パリに逃亡する。

 原作の「ああ、無情」は子供のころにダイジェスト版を読んだだけ。ミュージカル好きの私ですが、「レ・ミゼラブル」はとても見づらい帝国劇場での上演だったため見たことがありませんでした。だから全く初めて見るようなもの。アカデミー賞監督に舞台版のプロデューサー、そして名俳優ぞろい。つまらないわけはないと思いましたが、本当に素晴らしいミュージカル映画でした。

 普通のミュージカル映画と違うのは、歌の場面もアテレコは一切使っていないところ。演技しながら歌って、それをそのまま録音してます。だから感情の入り方が、まるで違います。ひしひしと心に迫るものがありました。ハリウッドの俳優は完ぺきなトレーニングをするので、当然歌もみんな上手です。

 ストーリーは1815年、1823年、1832年のフランス。1830年のフランス7月革命をモチーフにしているようですね。ドラクロワがこの革命をテーマにして描いた「民衆を導く自由の女神」に出てくるピストルを持った少年をモデルにした少年が、原作にもこのミュージカルにも出てきます。

 フォンテーヌが歌う「夢やぶれて」には、感動しました。エポニーヌの「オン・マイ・オウン」や民衆が歌う「民衆の歌」など、名曲もあります。

 セリフのほとんどが歌なので抵抗のある人もいるかもしれませんが、俳優の名演技と素晴らしい歌、何より愛にまつわるストーリーに感動します。久しぶりに見た泣けるミュージカル、お薦めです。私は、来年4月から始まる新演出による帝国劇場の再演を見に行くことにしました。(評価★★★★☆)

レ・ミゼラブル
れ・ミゼラブル

2012年12月26日 (水) | 編集 |
 今年もあと5日で終わりですね。クリスマスはいかがでしたか?

 私のクリスマス、当初は何の予定もなく、いつも通り父と2人の地味な日常になるはずでした。ところが1週間前、元同僚から「周りにSMAP好きはいらっしゃいませんか?12月24日のコンサートの着席ブロックのチケットが3枚余ってます」というメールが来て、急遽同僚2人と行くことになりました。

 12年ほど前まではキムタクのファンで、ドラマやテレビ番組はほとんど見ていましたが、今はまるで見ていません。「ロングバケーション」や「HERO」など、好きなドラマは多いけど、「PRICELESS」は2回見ただけでやめてしまいました。なのでファンクラブには入っていないし、もちろんコンサートにも行ったことがありませんでした。ジャニーズ事務所のコンサートは、中学3年の時にフォーリーブスで行ってますけどね。

 でも札幌の友人には熱心なSMAPファンが複数いてコンサートの話も聞いていたので、今回のメールで、即行ってみようかなと思いました。

 「GIFT of SMAP-CONCERT TOUR'2012-」 大ラスです。会場は札幌ドーム、5万人が入場しました。
DSC_0054+(2)_convert_20121225134112.jpg
DSC_0055+(2)_convert_20121225134149.jpg
 
 地下鉄が混んで大通駅の乗り換えが大変と友人から聞いていたので、1時間早めに出て安心と思ったら、トイレ待ちで30分以上かかりました。ドーム内は混むと思って、最寄駅の福住にあるイトーヨーカ堂のトイレに行ったのに、同じでした。誰しも、考えることは一緒のようです。

DSC_0058_convert_20121225134310.jpg
今回の席はスタンド3列目(実質前から2列目でした)の着席ブロック。チケットの直接の購入者はもちろんファンクラブの会員です。チケットが送られてきた宛先を書いた紙に「着席ブロックのご案内」というのがあり、席で本人確認を行う場合があると書いてありました。名義人はなんと小学生の子供で、本人確認があったら大変! それで名義人のお母様と連絡を取って、一緒に入場しました。

 お子さん2人がファンクラブに入り、お母様と3口申し込んだら、子供2人分が当たってしまったとか・・・。結局座席がすぐ近くで何かあっても大丈夫だったし、何より本人確認なんてありませんでした! いろいろ心配して、ファンクラブに入っている友人にも相談したけど、すべて杞憂に終わりましたね。
 
 開演ぎりぎりかちょっと遅れて席に着いたのですが、なかなか始まりません。開演したのは30分遅れの4時半過ぎでした。これは、香取慎吾君がこの日の「笑っていいとも」に出演していて、到着が開演に間に合わなかったためでした。

 さすが前から2番目、よく見えました。この日は「PRICELESS」や「SMAP×SMAP」の生中継もあり(もちろんコンサート終了後)、その関係でナインティナインと少女時代の特別出演もあったので、見ごたえたっぷり。懐かしいキムタクのPちゃんも見られました。噂通りの長いアンコールで、終わったのは9時近かったと思います。

 レーザー光線や花火やCGの炎を使った派手な舞台に、長い花道とトロッコのようなもので会場を回るなど、あきさせない演出はさすがですね。ダンサーはジャニーズジュニアだけかと思っていたら、桑田君の時のようにきれいな女性もいました。

 一人ずつの時もそれぞれなじみのキャラ(最近の仲居君と吾郎ちゃんのは知らなかったけど)を演じて、とても楽しかった。でも、肝心の歌は・・・。キムタクはもっと上手だと思っていたのにそれほどでもなく、他のメンバーは言うに及ばず・・・。でも上手な時もあって、ギターの弾き語りの時に双眼鏡で見て気づいたのですが、口パクのようでした。生で歌うときと録音の口パクをうまく組み合わせているみたい。上手な時は、ほとんど口パクかも・・・。

 開演して暗くなった時の会場、青や緑の光が星のようで、とてもきれいでした。コンサートグッズのペンライトの明かりです。迷ったけど、私も買いました。
DSC_0061_convert_20121225152113.jpg
ペンライトとは思えない大きさです。しかも1500円! ほとんどの人が持っているのにも驚きました。青、緑、水色と3色が自動的に変わる4種類の光が楽しめるけど、このコンサート以外には使い道はないよね・・・。

 5万人のコンサートだから、帰りは本当に大変。私の家は比較的近いほうで、いつも利用する地下鉄駅の隣駅までのシャトルバスを利用したけど、家まで1時間半はかかりました。ドームコンサートは大変ですね。

 SMAPのおかげで楽しいクリスマスイブになりました。もう少しSMAPの歌が上手で、会場の女性用トイレがもっと多く、帰りももう少し楽なら、SMAPのコンサートにまた行きたいけど、今の状況では微妙ですね。

 それにしてもジャニーズファンはすごい。ほとんどの人がグッズを買い、しかもたくさん買って大きなショッピングバッグ(もちろん有料300円)を持っている人がかなりいました。ファン層も幅広く、小学生はもちろん赤ちゃんや幼児連れも結構いたし、60代以上の方や男性も少なくありませんでした。ジャニーズ事務所、おそるべしですね。


2012年12月24日 (月) | 編集 |
 クリスマスイブですね。でもクリスマスとは全く関係のない内容です。最近食べたスイーツでおいしかったものを三つ、まとめて紹介します。

 サークルKサンクスの「窯出しとろけるプリン」。これはモニターで当たり、1個試食しました。

1355089939753_convert_20121223150025.jpg
名前の通り、とろけるような食感。濃厚なのかと思ったけど、そうではなく、どちらかというとあっさりとした味です。でも適度な甘さで、私は割と好きな味です。濃厚好きには物足りないけど、そうでない人にはおいしいと思います。

 濃厚で売っているみたいだけど、私には濃厚とは思えませんでした。でもちゃんとバニラビーンズが入っているので、120円なら安いかも。

 
 滋賀県の近江八幡の老舗和菓子店たねやが、1月8日までの期間限定で大丸札幌店に出店しています。

1355356542012_convert_20121223150056.jpg
ここは、最中が有名です。6月に東京に行ったときの帰りに、横浜そごうで父へのお土産用に買ったら、とってもおいしくて、びっくりしました。私は和菓子はあまり好きじゃないし、特に最中はねぇ・・・。でも、ここの最中は別格です。バラ売りがあるのもうれしい。

 SNSで知り合った滋賀県の方にお勧めを聞いたら栗饅頭もおいしいらしいので、もう1回買いに行く予定です。


 最後は、やっぱり北海道スイーツです。六花亭の新商品「マルセイキャラメル」。
DSC_0010_convert_20121223153415.jpg

 マルセイビスケットと大豆が入ったキャラメルです。バターの風味とビスケットの食感が楽しめ、カリッとした大豆もおいしい。主原料はもちろん全て北海道産。キャラメルのようでもあり、ビスケットのようでもあり、ヌガーのようでもあり、なんとも言えないおいしさでした。

 6袋(12個)入り420円とお手頃だし、軽いし、賞味期限も長いし、冷蔵品でもないので、お土産にも最適かも!

 
 札幌はもちろんホワイトクリスマスですよ。小さい子供がいなければ、クリスマスも別にいつもの日常と同じです。でも今年は、急きょSMAPのコンサートに行くことになりました(詳細は後日)。いまさらですが、初SMAPです。皆様も楽しいクリスマスをお過ごしくださいね。
DSC_0053_convert_20121223194956.jpg
こんなに雪が積もってます! 近所の公園の木に誰かがイルミネーションを・・・。