FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2013年01月31日 (木) | 編集 |
 先日母の1周忌があり、夫と娘が札幌に来ました。翌日の最終便で帰るというので、日中は出かけることにしました。でも冬の札幌、スキーやスノボをしないなら行くところはほとんどありません。やっぱり温泉ですね。温泉天国(日本の都道府県で一番温泉の数が多い)の北海道、日帰り温泉もたくさんあります。

 で、結局選んだのは「定山渓温泉 湯の花」です。ここは日帰り専門ですが、札幌の奥座敷と言われる定山渓にはもう20年近く行ってないのと、家から割と近い地下鉄白石駅から送迎バスが出ているので、決めました。

 雪が降っていたせいか、予定時刻を過ぎても送迎バスが来る気配はなし。待っている間に、バス停のすぐ前のブランドもの専門のリサイクルショップで、なぜか娘がコーチのバッグを購入。あまりにも来ないので、あきらめて近場の日帰り湯に行こうかと言っていたときに、ようやくバスが到着しました。
DSC_0110_convert_20130129133801.jpg

 遅れてくるだけあり、道路が混んでいて(積雪のため、冬は2車線が1車線になる道路が多いから)、定山渓に着いたのは1時間半後。本当は1時間かからないんですけどね、冬はやっぱりダメですね。

DSC_0111_convert_20130129133832.jpg
広くてきれいな日帰り温泉です。床暖房なので、とっても暖かい! 

 お風呂の種類も豊富でした。内風呂では、打たせ湯やミストサウナ、腰掛湯が良かった。打たせ湯はちょっとぬるかったけど・・・。中で充分に温まってから露天風呂へ。すぐ前に見えるのは山。洞窟風呂と寝転び湯がいいですね。露天は、やや熱めです。雪がちらほら降る中で入る露天風呂は最高ですよ(屋根があるので濡れません)。

 1時間ほど入ってすっかり温まり、おなかがすいたので2階の大広間へ。入浴と食事がセットのプランにしたので、こんなお弁当がつきました。
DSC_0112.jpg
もちろん味噌汁付き。無料送迎付きの源泉かけ流し温泉と食事で、ナント1300円。驚くほどリーズナブルです。お弁当も十分においしかったですよ。

 温泉はナトリウム塩化物泉。芯から温まり、疲れも取れました。帰りは、来た時の地下鉄駅行きにすると1時間は待たなければいけないので、地下鉄真駒内駅経由のバスに乗ることにしました。ところが帰りは日曜日だったせいか渋滞し、通常30分のはずが1時間半かかって真駒内駅に着きました。

DSC_0113_convert_20130129133904.jpg
窓の外は、こんな雪景色です。

 きれいでお得でとてもいい日帰り温泉だけど、冬は行き帰りに時間がかかりますね(定山渓は1本道なので、どうしようもない)。また行きたいけど、冬は避けたほうがいいかも・・・。
スポンサーサイト
2013年01月29日 (火) | 編集 |
 ニューヨークのメトロポリタンオペラのライブ録画を映画館で観るMETライブビューイング、クラシックは好きじゃないけど、オペラは例外なので1年に1回は見ています。今回見たのは、ヴェルディ作曲の「アイーダ」、昨年12月15日の公演です。

 「アイーダ」は何年か前に、私が初めて観たオペラです。たぶん東欧のどこかの歌劇場だったと思います。西欧系のオペラは恐ろしく高いけど、東欧系はそれほどでもないので、生で観るのはもっぱら東欧系でした。

 METの「アイーダ」は、以前観た某東欧系オペラの「アイーダ」とはまるで別物でした。エジプトに奴隷として連れてこられたエチオピアの王女アイーダと、エジプトの英雄ラダメス、エジプトの王女アムネリスの三角関係というストーリーと音楽はもちろん同じだけど、スケールと出演者のレベルが全然違います。

 ラダメス役はかなり有名なロベルト・アラーニャ(でも私は知りません)。アイーダ役はウクライナ出身の新人、リュドミラ・モナスティルスカ、いま世界で最も注目されているソプラノの一人だそう。アイーダもアムネリスもオペラ歌手にありがちの太めではあるけど、歌はさすがに上手でした(東欧系のオペラは時々それほど上手でない人がいます)。

アイーダ2
アイーダ3

 何より驚いたのは、豪華な演出です。先日見た映画「月の輝く夜に」でメトロポリタン歌劇場の立派さ、広さは知っていました(客席が5階まである)が、その大きさを生かした素晴らしい演出がありました。

アイーダ
「凱旋行進曲」(唯一私が知っていた曲です)で有名な第2幕は、馬車がいくつかと総勢1000人ほどが出演しています。セットの大きさも半端ではありません。グランドオペラというそうですが、以前観た東欧系はこんなすごいグランドオペラではありませんでした。

 最後の4幕では、なんと舞台が3階建て! 地上ではアムネリスと僧侶たち、地下には生きたまま埋められたラダメスとアイーダ。こんなスケールの大きな舞台は、初めて見ました。

 ライブ映像なので、当然幕間の休憩があります。その間は出演者やスタッフへのインタビューと舞台裏の様子がわかり、楽しめます。10時に始まり、途中2回の休憩を入れて4時間近く、さすがに2回目の休憩では軽食を買いに行きました。

 映像の良いところは、出演者の表情がはっきりわかるところ。アムネリス役のオルガ・ボロディナの目と表情の演技はなかなかのものでした。

 一流のオペラが解説付きで、表情までよく見えるのだから、3500円の料金は高くないですね。実際、席がかなり埋まっていました。

 数年前に劇団四季のミュージカル版「アイーダ」を一緒に見た友人が、オペラはアムネリス側から描かれていて、ミュージカルはアイーダ側から描かれていると言っていたことを、実感。四季の「アイーダ」が、また見たくなりました。
2013年01月27日 (日) | 編集 |
 先日の東京行き、友人と会うのはやっぱり横浜が多くなります。今回行った横浜のレストランは、2軒ともイタリアンレストランでした。

 孫の出産祝いを作ってくれたむらななさん始め、地域情報紙のかつての仕事仲間8人とランチをしたのは、みなとみらいに新しくできたビルのレストラン。去年の月9ドラマ(小栗旬や石原さとみ出演の「リッチマン、プアウーマン」)のロケにも使われ、結婚式もできる「レオーネ・マルチアーノ」です。

 素敵な庭に面した明るい店内は、さすがにおしゃれな雰囲気でした。店内と外の写真も撮っておけばよかった、と後悔。

 ランチメニューは↓
DSC_0077_convert_20130126234431.jpg DSC_0078_convert_20130126234507.jpg
DSC_0079_convert_20130126234550.jpg
前菜、パスタ、デザートにコーヒーか紅茶で2100円です。ちょっと変わったパスタですね(あまり覚えていませんが)。デザートがおいしかった。1年半ぶりの再会で、食事より話に夢中でした。


 夕方の飛行機で帰る予定だった最終日に、横浜で最後にしていた仕事の仲間とランチしたのは、横浜そごうの10階にある「イルピノーロ レヴィータ」。

 大きな窓から海が見える景色のよいレストランなのに、あの爆弾低気圧で外は吹雪でした。
DSC_0106_convert_20130117001335.jpg

 私たちがオーダーしたのは、土、日、祝日限定のランチ、レヴィータコース(2500円)。
DSC_0101_convert_20130126235812.jpg DSC_0102_convert_20130126235840.jpg
DSC_0104_convert_20130127000005.jpg DSC_0103_convert_20130126235931.jpg
DSC_0105_convert_20130127000038.jpg
前菜orスープ、パスタorピッツァ、ドルチェ、コーヒー又は紅茶のコースですが、4人だったので全種類を注文し、シェア。パスタは写真を撮り忘れました。デザートの盛り合わせがうれしいですね。ピザもスープもおいしく、ボリュームもたっぷりでした。でも、お天気が気になって・・・。

 ホントは食事の後、元町と中華街に行く予定だったのに、雪ではいつ電車が止まるかわからないので中止、あわただしく別れて、私は羽田空港へ。結局飛行機は欠航でしたけどね。

 今後も横浜方面に行くことは多くなりそうです。やっぱり東京よりなじみがあるし、友人も圧倒的に横浜が多いので・・・。
2013年01月25日 (金) | 編集 |
 先日の東京行き、東京と横浜のレストランで食事しました。今日は東京のレストランを紹介します。

 去年の9月に平河町に開店した下関の老舗春帆楼 東京店に行きました。下関と言えばふぐ! ここは「ふく(下関ではふぐではなく、ふくと言うそうです)料理公許第一号店」で、伊藤博文も宿泊した由緒あるお店です。明治28年に日清講和条約が締結されたのも、春帆楼の本店でした。

DSC_0087_convert_20130125001413.jpg
お店に入ってすぐにある額は、伊藤博文直筆の書でした。

 砂防会館や自民党本部のすぐ近く。ちょっと敷居が高い感じの(実はそうでもないらしい)とても広いお店だと思ったら、山口県出身の政治家杉孫七郎さんのお屋敷跡だそう。絵や掛け軸を飾った落ち着いた和室でいただくふく料理は格別でした。

 私たちがオーダーしたのは↓
DSC_0088_convert_20130125001511.jpg DSC_0090_convert_20130125001622.jpg
DSC_0089_convert_20130125001540.jpg DSC_0091_convert_20130125001845.jpg
DSC_0094_convert_20130125002026.jpg DSC_0093_convert_20130125001939.jpg
DSC_0095_convert_20130125002104.jpg
先付、お椀、造り、ふく薄造り、替鉢、酢物、ご飯、香の物、菓子の籠盛り膳(3150円)です。季節を先取りした菜の花もうれしいけど、やっぱり数十年ぶりに食べたふく刺しは最高でした。Kさん、ありがとうございました。
2013年01月23日 (水) | 編集 |
 先日の孫との初多面、出産祝いにこんなかわいらしいものもあげました。

IMG_0203_convert_20130122223625.jpg
IMG_0202_convert_20130122223522.jpg
ハンドメイドのスタイです。「りみ」の名前入り。

 アップリケと刺繍がかわいいでしょ。もちろん私が作ったのではありません。以前の仕事仲間のむらななさんの手作りです。最初はマスクに刺繍をすることから始めて、いつのまにやらハンドメイドの大家(?)になってました。時々雑誌にも紹介されてます。

 スタイ以外にオーダーしたのは↓
IMG_0204_convert_20130122223700.jpg
息子とお嫁さんの名前入りの写真立てです。こちらは結婚祝いということで。

IMG_0205_convert_20130122223730.jpg
これからの季節、お嫁さんにはマスクもプレゼント。

 IMG_0206_convert_20130122223801.jpg
これは、むらななさんからのプレゼントのポシェットです。

IMG_0209_convert_20130122223836.jpg
莉実ちゃんが大きくなったら、このポシェットを持ってどこに行くのかな?

 むらななさんは、時々横浜や鎌倉のフリースペースに出店してます。むらななさんのブログは→マスク&雑貨 気ままにステッチ日記

 
 今日1月23日で、約1年半続けた仕事の契約が終わります。横浜の5カ月と合わせると2年近くしたことになります。明日からは失業者…。4月末~7月末は東京で仕事の予定があるけど、それまでどうしよう? 失業保険も中途半端。短期の仕事があればいいけど・・・。とりあえずは、しばしの休養になりそうです。