FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2013年05月30日 (木) | 編集 |
 GWの1日、東京散歩に出かけました。四谷三丁目から歩いて行ったのは、東京23区内で一番緑が多いところ(?)です。

005_convert_20130525233438.jpg
満開のツツジや
006_convert_20130525233535.jpg
国会議事堂を近くに見ながら歩き、

 初めて行ったのは、二重橋です。外国人観光客が多かったですね。
007_convert_20130525233609.jpg

 皇居の周りはマラソン練習コースのメッカだけあり、連休中もランナーがたくさんいました。
010_convert_20130525233645.jpg
向こうに見える緑の建物は、現在の宮殿らしい。
011_convert_20130525233732.jpg
松の木越しに東京駅が見えました。

012_convert_20130525234840.jpg
大手門から皇居東御苑に入ります。東御苑は2、3年前に行ったことがありました。でも春は初めてです。

013_convert_20130525234936.jpg
番屋の近くにもツツジが・・・。

 ここは緑が多くて、とても気持ちがいいところです。前に来たのは夏の終わりで、トンボがたくさん飛んでいたのにびっくりしたっけ・・・。
014_convert_20130525235042.jpg
今はいろいろなお花が咲いています。
016_convert_20130525235144.jpg
それぞれの花には説明板がありました。

 連休中なので人も多かったけど、広くて緑が多いので、全く気になりませんでした。うれしかったのは、三の丸休憩所の売店に、伊藤若冲の『動植綵絵』の絵葉書があったことです。もちろん購入。以前来た時は三の丸尚蔵館に寄って絵葉書をチェックしたけど、なかったように記憶してます。まさか目と鼻の先の休憩所の売店にあったとは・・・。今回買えて良かった!

 北の丸公園を通って、九段下に出ました。
022_convert_20130525235224.jpg
靖国神社に寄って散歩は終了。帰りはバスを使ったけど、2時間は歩いたかな。東京は意外と緑が多いので、散歩コースがたくさんあっていいですね。
スポンサーサイト
2013年05月28日 (火) | 編集 |
 GWの前の4月下旬の平日、2月に行ったけど上らなかった東京スカイツリーに再度行きました。今回はお天気もよく、整理券がない程度の混雑だったので、上まで行くことにしました。

 そうは言っても、チケットを買うのに並び、エレベーターを待つのに並んで、やっぱり1時間近くはかかったけど、土・日の混雑に比べればはるかにましです。やっぱり平日ですね。それも連休の前の週かすぐ後の週は、どこもすいているような気がします。もちろん、スカイツリーも例外ではありませんでした。

609_convert_20130525224641.jpg
エレベーターホールの天井がきれい。エレベーターは四つあって、それぞれ内装が違うそう。たまたま上りも下りも同じエレベーターだったのでほかはわからなかったけど、私が乗ったエレベーターは春のイメージの内装でした。

 フロア345の天望デッキまでは2000円。分速600mのエレベーター、あっという間に着きました。
611_convert_20130525224745.jpg
こんな景色が見られます。春霞がかかっているのが、ちょっと残念!

 このフロアの目玉は↓
623_convert_20130525230323.jpg
ガラス床です。耐熱強化仕上げのガラス床の上に立つと、真下が・・・。

 ここでまた天望回廊までのチケット(1000円)を買って、再びエレベーターに乗ります。ぐるぐる回りながら、下の景色を見ました。
617_convert_20130525230043.jpg
621_convert_20130525230147.jpg
345mから見た景色とほぼ同じところだけど、やっぱり遠く見えますね。
622_convert_20130525230235.jpg
飛行船が飛んでました。スカイツリーは東京の東部にあるので、横浜が見えないのは、残念でした。
 
 3年前に台湾の台北101に行ったけど、展望台は382m。スカイツリーの451mは170mも高いんですね。台北は見てもわかるのは円山大飯店しかなかったけど、スカイツリーは何度も見たことのあるところを上から見られるので、面白いですね。でも高さも高いけど料金も高いから、次はないかも・・・。


2013年05月26日 (日) | 編集 |
 4月に行ったレストランの後編です。今回は横浜のレストランとスイーツのお店も入れて3軒の紹介です。。

 私が札幌に引っ越す前からあったのに行ったことがなかったコレド日本橋。そこにある出雲・松江の料理が味わえる日本橋皆美に行きました。

 落ち着いたお店で、会席料理がメインですが、伝統ある「不昧公好み 家伝鯛めし」の「鯛めし御膳」をいただきました。
DSC_0389_convert_20130525011750.jpg DSC_0391_convert_20130525011906.jpg
DSC_0390_convert_20130525011840.jpg 

 山陰地方には全く行ったことがありません。この鯛めしは、松江の七代藩主、松平不昧公が好んだオランダ料理のアレンジを基に作られた料理だそうです。伝統の鯛めし、さすがにおいしかったです。ありがとうございました、Kさん。

 それにしても、連休始まりの土曜日だったのに、ファッション関係のお店にはほとんどお客がいなかったコレド日本橋、大丈夫なのでしょうか? ちょっと心配になりました。

 
 
 横浜の友人と会うのは、やっぱり横浜のレストラン。今回は最近人気のイタリアンウミリアに行きました。明るくモダンなレストランで食べるイタリアンは、とてもおいしかったです。最近はそれほどでもないようですが、以前は行列ができるほどの人気だったとか。私が札幌に行ってからオープンしたレストランです。

DSC_0385_convert_20130525013825.jpg DSC_0386_convert_20130525013847.jpg
DSC_0387_convert_20130525013908.jpg DSC_0388_convert_20130525013930.jpg
スープ、前菜盛り合わせ、選べるパスタにドリンクが付く「横浜の港コース」(1890円)です。デザートは付かないけど、まあお手ごろでしょう。ネット予約できるのが、うれしい。


 ラファエロ展を見て、表参道のイタリアンで食事をした後に、香港スイーツの糖朝に行きました。ここは数回行ってます。久しぶりに行きました。
633_convert_20130525014920.jpg

DSC_0381_convert_20130525015125.jpg DSC_0382_convert_20130525014957.jpg
いつもは豆腐花をオーダーするのですが、この日はお得なデザートのセットを注文(945円)。ここは香港に本店があって、本格的な香港スイーツが食べられます。スイーツ以外の麺類や点心もあります。

 中は結構広く、落ち着きます。いつか香港の本店に行ってみたいものです。
2013年05月24日 (金) | 編集 |
 連日の残業と土曜出勤で、更新も滞りがち。すっかり遅くなって今更ですが、ゴールデンウィークの5月3日に娘と行った日帰りバスツアーです。今回参加したのは、阪急交通社の「あしかがフラワーパーク・ひたち海浜公園のネモフィラ・館林トレジャーガーデン芝桜日帰り」というツアー。

 7時半に新宿駅西口を出発、最初に向かったのはザ・トレジャーガーデン館林。GW後半の4連休の初日だったので、行く途中の高速道路はやっぱり渋滞でした。ここの目的は芝桜。そもそも今回のバスツアーは芝桜が見たくて申し込んだのですが・・・。

025_convert_20130523230223.jpg
残念ながら、芝桜は見頃を過ぎていました。でもここはそれほど広くはないけど、いろいろなお花が咲いていました。

028_convert_20130523225916.jpg
これが一番綺麗でした。ピンクのリナリアとオレンジのポピーのコラボが素晴らしい。

032_convert_20130523230014.jpg
バラもきれい! とても背が高いバラです。

034_convert_20130523230109.jpg
黄色の花も・・・


 次に向かったのは、あしかがフラワーパークです。ここは2回目。何年か前に、初めてのバスツアーで行ったのがここでした。一緒に行った友人は5年ほど前にすい臓がんで亡くなったので、忘れられないところです。前回は連休前半の4月末で、有名な大藤も白藤もまだ咲いていませんでした。さて、今回は↓
036_convert_20130523231743.jpg
見事な大藤が見られました! 樹齢145年、畳600畳敷の大きな藤棚に咲く藤です。大藤、八重藤、大長藤と、大きな藤が三つもありました。

039_convert_20130523231848.jpg
全長80mもの白藤のトンネルも良かった。

041_convert_20130523231950.jpg
046_convert_20130523232105.jpg
ツツジと藤のコラボも素敵。ちょうど見ごろで、連休で、当然すごい混雑でした。珍しい黄色の藤もあるようですが、まだほんの少ししか咲いてませんでした。


 お弁当をバスの中で食べて、最後の目的地へ。
059_convert_20130524002018.jpg
国営ひたち海浜公園です。

 190haもの広大な公園。1年中いろいろなお花が咲いているみたい。今の季節の見ごろは↓
048_convert_20130523234351.jpg
049_convert_20130523234441.jpg
綺麗なブルーの花、ネモフィラがみはらしの丘に450万本も咲いてます。名前のとおり景色がよくて、海も見えました。みはらしの丘に向かう途中、目の前に青い壁が見えて、それがネモフィラとわかったときはあまりの美しさに驚きました。

050_convert_20130524001728.jpg
台湾(?)人カップルが結婚写真を撮ってました。

 着いたのが夕方で、1時間くらいしか時間がなかったのが残念。時間があれば、もっといろいろ見たかった・・・。なんとかチューリップだけは、少し見られました。
057_convert_20130524001842.jpg
058_convert_20130524001943.jpg


 帰りの高速もやっぱり渋滞。なんとか夜8時前に新宿に着きました。12時間半の花めぐりの日帰りバスツアー、ちょっと疲れたけど、お花に癒されました。

 ピンクの芝桜に始まって、ピンクのリナリアに黄色やオレンジのポピー、ピンクのバラ、紫と白の藤、色とりどりのツツジ、ブルーのネモフィラに赤、白、黄色、ピンクのチューリップ。お花はいいですね。次の花めぐりはバラかな。

 仕事が忙しくて時間がとれず、ネタは溜まってるのに、1日おきの更新は無理そうです。あしからず、ご了承くださいね。
2013年05月21日 (火) | 編集 |
 東京は世界中の食べ物が食べられる街でもあり、世界の芸術が楽しめる街でもあります。この1ヶ月に3件の美術展に行きました。まとめて紹介します。

 最初に行ったのは、国立西洋美術館で6月2日まで開催されている「ラファエロ展2013」です。

630_convert_20130519222614.jpg

 ルネッサンス三大巨匠の一人、ラファエロ・サンツィオ。ラファエロを中心にした、500年以上も前のルネッサンス期の作品が世界中から集められました。作品数は60点あまりと多くはありません。私はイタリア美術ではミケランジェロが一番好きで、ラファエロはそれほどではありませんが、イタリアに行くことはないかもしれないので、見に行きました。

 当然のことながら、宗教画がほとんどでした。やっぱり良かったのは、ラファエロの↓
ラファエロ
「大公の聖母」です。聖母は神々しいけど、幼いキリスト(?)はあまりかわいくないかも・・・。

 4月末の平日だったので、それほど混んでいなかったのが良かったです。


 同じ日に続けて行ったのは、東京藝術大学大学美術館
629_convert_20130519222521.jpg

 どうしても見たい作品があり、「春の名品選 藝大コレクション展」に行きました(5月6日で終了)。入場料300円なのに、有名な作家の作品がたくさんありました。

 下村観山、藤島武二、小磯良平、鏑木清方の絵、荻原守衛、朝倉文夫の彫刻、歌川広重の浮世絵、どれも素晴らしいけど、私が見たかったのは上村松園の「序の舞」です。
序の舞

 何年か前に国立近代美術館で行われた「上村松園展」、この絵が見たかったのに、私が行った日は展示がない日で見られませんでした。ようやく見ることができて、感激! なぜか、袖と裾の虹色の模様に惹きつけられました。やっぱり、この作品が一番良かったです。


 先週行ったのは、森アーツセンターギャラリーで行われた「ミュシャ展 パリの夢 モラヴィアの祈り」(5月19日終了)です。

 19世紀末のアール・ヌーヴォーの画家、アルフォンス・ミュシャ。私は以前から好きでした。リトグラフやポスターのイメージが強いけど、油絵やパステル画もありました。展示数はなんと240点! 会期終了間近の日曜日だったせいか、とても混んでいました。会場も狭くて、見るのが大変でした。

 でも予想通り、素敵な作品がほとんどでした。綺麗でロマンチックで、見るととても優雅な気持ちになります。最後に展示されている作品群「スラブ叙事詩」は、ちょっとイメージが違います。愛国者ミュシャの思いが伝わりました。

ミュシャ、じすもんだ ミュシャが有名になった作品「ジスモンダ」。モデルは女優のサラ・ベルナールです。

ミュシャ夢想
代表的な作品「夢想」。絵葉書買いました。

ミュシャ、四季
「四季」です。左から春夏秋冬。春が好きで、絵葉書購入。

ミュシャ、萌え絵シャンドン
シャンパンの「モエエシャンドン」の広告に使ったのでしょうか。左のリトグラフが好きで、またも絵葉書購入。

 ミュシャを紹介する映像もあり、プラハの街が出てきます。とても素敵な街で、チェコに行きたくなりました。そして衝撃だったのは、ミュシャがフリーメイソンのメンバーだったこと! 

 今回は好きな作品が多くて、絵葉書を4枚も買ってしまいました。素敵なグッズもいろいろあったけど、グッズ売り場がめちゃ混み! ゆっくり見られなかったのが、残念。人気のミュシャ展、作品数も多いのに、なぜ広い森美術館ではなくて、狭い森アーツセンターギャラリーでの開催だったのでしょう? 来年、札幌の道立近代美術館で開催されるので、札幌にいるときならグッズを買いに行こうかなと思います。