FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2014年07月31日 (木) | 編集 |
 6月10日にThink Bee! (シンクビー!)の記事を書いて、モニプラに応募したら、幸運なことに当選! 私が一番欲しかったバッグが贈られてきました。
シンクビー! ビー!スパイラル
__ 1 (4)
薔薇の柄がとっても素敵な「ベルサイユローズ」です。うれしくて、さっそく使ってます。

 すでに持っていた「ロンドンマップ」はこちら↓
IMG_2964.jpg

 「ロンドンマップ」はカジュアルだけど、「ベルサイユローズ」は白地でおしゃれな感じ。仕事に行くときや雨の日に気軽に使うのは「ロンドンマップ」で、ちょっとおしゃれなレストランのランチに行くときやおでかけには「ベルサイユローズ」を使ってます。

 「ベルサイユローズ」は横幅28cmで、「ロンドンマップ」より2cm長いだけですが、収納量がさらに1割くらい増えたかも。真夏は日傘に扇子、ストールなどの羽織ものが必需品で、意外と荷物が多くなります。私のお気に入りの日傘は友人がペインティングしてくれた傘で、ちょっと大き目。「ベルサイユローズ」なら、この日傘も余裕で入るのがうれしいですね。バッグ自体がとても軽いので、荷物が増えても苦になりません。
__ 2 (5)
 
 それに中もきれいな花柄。ただ、「ロンドンマップ」と違って、中はコーティングされてません(もちろん、表はPVCコーティング)。だから、雨の日は持たないほうが無難かな。白地だから、夕立の心配がない暑い日には、涼しげでぴったりだと思います。

 Think Bee! (シンクビー!)でうれしいのは、バッグを包む袋も凝っていること。「ロンドンマップ」には、柄に合わせたカジュアルでかわいいもの↓
__ 1 (5)
「ベルサイユローズ」は、薔薇の雰囲気に合わせたシックでおしゃれな外袋でした。
__ 2 (4)
ちなみに、「ベルサイユローズ」のほうは、材質もワンランク上みたい。外袋だけでも、十分に使えそうですね。

 素敵なバッグで出かけると、なんだか気持ちもちょっぴり優雅になります。

 ただ一つ残念なのは、ファスナー付きの内ポケットの入り口がちょっと短くて、長財布が入らないことです。あと4、5cm長ければ完全に入るのに、残念です(ポケット自体はかなり大きいので、入り口が大きければ、問題なく入ります)。ホックが付いてるけど、物の入れ具合によっては閉まらないことがあるので、ファスナー付きポケットにお財布が入れば、とても安心できます。次回考慮してくださると、うれしいですね。

 今までデパートのThink Bee! の売り場には行ったことがあったけど、直営店には行ったことがなかったので、先日銀座の直営店に行ってみました。素敵なお財布がありました。
シンクビー
ゴブラン織りの「ベルガモ 長財布 」と
シンクビー2
ビーズアートの「カーラ 長財布 」です。どちらもいいでしょう? 次に買うのは、このどちらかになりそう。

 Think Bee!、かわいくて、おしゃれで、素敵で、大好きです。
シンクビー! ビー!スパイラル
シンクビー! ファンサイトファンサイト参加中
スポンサーサイト
2014年07月29日 (火) | 編集 |
 今月初めに、2時間待って見た「台北国立故宮博物院 -神品至芸ー」。せっかく東京国立博物館まで行ったので、平常展もざっと見ました。やっぱり、国立博物館は素晴らしかったです。昨年の1月19日にも同じタイトルでアップした(記事はこちら)ので、今回は「続」をつけました。

 国立博物館の常設展は平常展といい、定期的に展示替えをしてます。だから、当然内容は昨年とまったく違います。今までは本館ばかり見ていたので、今回は東洋館(アジアギャラリー)を中心に見ました。

IMG_0025.jpg
東洋館1階で迎えてくれたのは、中国・陝西省西安宝慶寺の「浮彫十一面観音龕(うきぼりじゅういちめんかんのんがん) 」。優しげな顔が好きです。1階は中国の仏像の展示です。

 エレベーターで5階に行きました。5階は中国の工芸品と朝鮮半島の美術品の展示。
IMG_0026.jpg
IMG_0027.jpg
「故宮博物院展」の展示同様、翡翠の工芸品(写真上)もあります。下は、「瑪瑙石榴」(清時代)です。

 4階は興味のない書の展示なので、パス。3階は中国の陶磁器などの展示で、特集展示「日本人が愛した官窯青磁」を開催中でした(10月13日まで)。
IMG_0028.jpg
青磁とは思えない色の「米色青磁瓶」がきれいでした。

 2階はインド・ガンダーラの彫刻の展示。インドの仏像は、とてもハンサムです↓
IMG_0029.jpg

 地下1階にも行きました。クメールの彫刻や↓
IMG_0031.jpg
ガネーシャの坐像」、なんと去年の3月に行ったアンコール遺跡にあったものですって。
IMG_0030.jpg
インドネシアの織物も素敵。

 本館も少しだけ見ました。
IMG_0032.jpg
高村光太郎の父、光雲の代表作「老猿」。リアルで、とても迫力があります。初めて見ました(最初に作者は高村光太郎と書いてしまいましたが、高村光雲の間違いでした。ご指摘くださった「通りすがりの者」さん、ありがとうございました)。

IMG_0033.jpg
初代宮川香山の真葛焼きの作品「染付菖蒲図大瓶」。きれいでしょ!

 あまり時間がなかったので、ざっとしか見られなかったけど、本当にすばらしい芸術品ばかりです。企画展をしている平成館は長蛇の列なのに、平常展はいつもガラガラ。ゆっくり見られるのがいいですね。それから、写真撮影ができるのもうれしい!
2014年07月29日 (火) | 編集 |
akkemama1107

フィッツのクレンジングミルク(フィッツレイドロネトワヤン)のサンプルをモニターしました。オーガニックなので、独特の香りがありますが、私は好きです。洗浄力は普通でしょうか。マスカラは事前に落としておいた方が良さそうです。洗い上がりはしっとり、W洗顔不要なのは、楽でいいですね。
07-28 16:00


2014年07月27日 (日) | 編集 |
 先週見た2本の映画をまとめて紹介します。

 1本目は、今年のアカデミー賞オリジナル脚本賞を受賞した「her 世界でひとつの彼女」です。

 スパイク・ジョーンズ監督・脚本、ホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、スカーレット・ヨハンソン他出演。シネマライズで。

 近未来のロサンゼルス、離婚の傷がいえないセオドアは最新型の人工知能(AI)を購入。起動し、女性の声を選ぶと、AIはサマンサと名乗る。賢いサマンサは至れり尽くせり、セオドアはいつでもサマンサと会話をして、いつしか二人は恋人関係(?)に・・・。

 人工知能とのラブストーリー。サマンサを演じる(声だけの出演)スカーレット・ヨハンソンの演技は、素晴らしいものがあります。驚くようなシーンがありますから・・・。AIのほかに3D立体映像のゲームも出てきたり、細かいところも面白い。ロサンゼルスの街並みと思っていた景色の一部は、上海で撮影されていたというのは、意外でしたが・・・。

 それにしても、誰もが携帯片手に独り言を言ってる風景って、ちょっと異常に感じました。でも、現代の電車の中でほとんどの人がスマホでゲームをしているのと、大差ないかも・・・。先月見た、やはり人工知能が出てくる「トランセンデンス」より、はるかに面白かったです。アカデミー賞の受賞も、当然ですね。(評価★★★★)

her.jpg


 2本目は、某映画サイトで前売り券が当たったので見に行った「思い出のマーニー」。スタジオジブリ、宮崎駿監督と高畠勲監督がノータッチの初めての長編アニメ映画。イギリスの同名児童文学の名作が原作です。

 米林宏昌監督、高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島進、根岸季衣、森山良子、吉行和子、黒木瞳他声の出演。TOHOシネマズスカラ座で。

 札幌に住む中学1年の杏奈は、夏休みにぜんそくの療養のため道東に住む養母の親せきの家に行く。他人に心を開かない杏奈は、七夕の夜、近所の子ともめ事を起こし、気がついたら古い洋館が見える湿地にいた。たまたまあったボートに乗って洋館に行くと・・・。

 心を閉ざしがちな12歳の少女杏奈と洋館に住む金髪の少女マーニーの友情の話。さすがジブリだけあって、映像は本当にきれい。そして、かなりリアルです。札幌から釧路に向かう電車の窓から見える景色は、たぶん実際の景色と同じだと思います(私がよく見た風景です)。それに、北海道の七夕の風習もそのままです。ただ、湿地はたぶん釧路湿原をイメージしたのでしょうけど、全然違いますね。イギリスの話を無理やり北海道に置き換えたような気がします。

 ストーリーはファンタジーでもあり、ミステリーでもあり・・・。前半はちょっと間延びしていた感があり、後半のオチは途中でわかりますね。宮崎作品によくあるような笑えるシーンは、ほとんどありません。小学校高学年以上じゃないと、内容も理解できないでしょうね。大人には物足りないストーリーかもしれないけど、小学校高学年と中学生には受けるかも・・・。(評価、ちょっとおまけして★★★★)

マーニー2
マーニー1
こんな風に、写真のようにきれいな映像が見られます。

__ (4)
TOHOシネマズスカラ座では、「思い出のマーニー」のポスターの上に、ナント私が大好きなトム・クルーズの「トップ・ガン」のポスターが! 公開当時のアメリカのポスターの再現でしょうか。当時育児中でリアルタイムで見られなかった私、スクリーンで見るのが夢だけど(もちろんDVDは持ってるし、見てます)、「午前十時の映画祭」か何かで上映してくれないかなぁ。
2014年07月27日 (日) | 編集 |
akkemama1107

マヤ文明の映画ではなかった「アポカリプト」 【All About Good Answers】 #aa_ga http://t.co/TeX47vnVVX
07-26 21:06