FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2014年08月30日 (土) | 編集 |
 最近、私が今住んでいる地域が舞台になっている小説「地層捜査」(佐々木譲著)の文庫本が出ました。
地層捜査
7月発売の文春文庫。迷宮入り事件を再捜査する「特命捜査対策室」に配属された若き刑事・水戸部と退職した地元出身の刑事・加納が、15年前の殺人事件を再捜査する話です。

 さっそく読んだら、よく歩いているところや家のすぐ近くもあったけど、知らないところもあったので、先日、買い物に出たついでに小説の舞台になったところを歩いてみまました。

IMG_3168.jpg
今は某大手不動産会社の駐車場ですが、小説では15年前の殺人現場。

IMG_3170.jpg
被害者が勤めていた料亭「奈る駒」があったとされる場所。

IMG_3169.jpg
事件現場からすぐの「仲坂」、犯人はここから逃げた? 今は、坂道の途中にカフェがあります。

IMG_3165.jpg
この辺りは、現在の岐阜県、美濃高須藩主・松平摂津の守の上屋敷だった地域なので、「津の守(かみ)弁財天」と呼ばれてます。徳川家康がこの池で乗馬用のムチを洗ったと言われる「策(むち)の池」があります。

IMG_3164.jpg
金丸稲荷神社は公園に隣接してます。

IMG_3161.jpg
IMG_3163.jpg 
2人の刑事がよく行っていたバーがあったのは、この辺り?

 水戸部刑事が赴任してすぐに地域の住人との会合をした小料理屋「志摩辰」は、このへんでしょうか。
IMG_3171.jpg

 住んでる町が舞台になった小説は、とても身近に感じて、より楽しめました。そして舞台になったところを歩いて、街を再発見! 単行本が出た2012年には、この小説が舞台化されたそうです。その頃は札幌にいたので、全然知らなかった・・・。

 以上紹介したのは、荒木町という街です。かつては花街としてにぎわい、割烹や料亭が並び、芸者さんもたくさんいたそうです。そんなかつての面影を残している建物がありました。
IMG_3166.jpg
もちろん、今は営業していません。

 とても小さな街で、人口も2000人足らず、でも今でもかつての花街の名残の割烹や日本料理店が多く、昨年はテレビ東京の「出没!アド街ック天国」でも取り上げられました。ミシュラン☆のお店もいくつかあります。
IMG_3167.jpg
ミシュラン☆「ます味」、穴子料理の有名店です。

IMG_3172.jpg
うえ村」もミシュラン☆。

IMG_3174.jpg
完全予約制の懐石「大原」もミシュラン☆、かなりおいしいらしい。

 他にも「よねやま」「鈴なり」など、ミシュラン☆のお店があります。でも、どこもかなり高級(?)で、ちょっと行けません。ミシュランには入ってないけど、↓もおいしいらしいです。
IMG_3173.jpg
和食「こんどう」、いつか行けたらいいな・・・。


スポンサーサイト
2014年08月28日 (木) | 編集 |
 先日、デジカメから画像をパソコンに取り込もうと思ったら「通信エラー」と出てしまい、調べたら「デジカメ内の画像が1000枚以上になったら直接取り込むことができないので、カードリーダーを使うように」と、ありました。そんなに古くないデジカメだけど、安いのを買ってしまったから・・・・。写真がないと、ブログも書けません。そんなわけで、カードリーダーを買ってからのアップとなり、日にちがあいてしまいました。

 先週末、横浜市で3年に一度行われる現代アートの国際展「横浜トリエンナーレ」に行きました。2001年から始まり、今年は5回目、横浜美術館と新港ピアを会場に、11月3日まで行われています。アーティスティック・ディレクター は、森村泰昌さんです。

IMG_3179.jpg
美術館の前から、すでにトリエンナーレは始まってます。ヴィム・デルボアの「低床トレーラー」、とても大きな作品です。鋼でできてるけど、繊細な感じがします。

 美術館に入ってすぐに目に入るのは↓
IMG_3208.jpg
マイケル・ランディの「アート・ビン」。高さ7m、奥行き13.9mの巨大なゴミ箱?いろいろな人が応募した失敗作、未発表のまましまわれた作品、捨ててもよい作品などが入っている参加型。閉幕まで引き続き募集中です。

 今年の「ヨコハマトリエンナーレ2014」のテーマは、「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」。2階のメイン会場はそのテーマに合わせた作品の展示なのでしょうが、よくわかりません!? 入場の時にもらった会場案内図を見ても、知ってる作家はルネ・マグリットとアンディ・ウォーホルくらい。さて、どんな作品があるのやら・・・

IMG_3183.jpg
IMG_3184.jpg
木村浩の「言葉」。面白いことを言ってますね。

IMG_3186.jpg
ここは「釜ヶ崎芸術大学inヨコトリ」。大阪市西成区の釜ヶ崎(日雇い労働者が多い地域)の会場で、年間40〜60の講座やワークショップを開いているプロジェクトの出張コーナー(?)。お茶の間カフェのような雰囲気で、ちょっぴりホッとします。こんな作品も↓
IMG_3188.jpg
チラシの紙で作ったものです。

IMG_3185.jpg
美術館の前(会場の外)にも同じ作品がありました。8個の青い風船は何を意味しているのでしょうか?毎日午後2時から作品の説明があるそうですが、私が行ったときはもう終わってました。

 見るだけで、なんだか楽しくなる作品もありました。
IMG_3190.jpg
福岡道雄の「飛ばねばよかった」

IMG_3192.jpg
ただの抽象画と思って、近づいてみると↓
IMG_3191.jpg

IMG_3193.jpg
こちらは、ちょっとした仕掛けのある大きな楽器(?)です。

IMG_3194.jpg
ここだけモノトーンの世界。

 「非人称の漂流」、関連企画「横浜トライアル」の「法と星座」。大きな三部作、法廷とテニスコートと、なぜか牢獄!
IMG_3198.jpg
IMG_3200.jpg
IMG_3201.jpg
ほぼ実物大で、中に入れます。

 初めて知った作家、坂上チユキさんの作品は素敵なものばかり!
IMG_3202.jpg
IMG_3204.jpg
IMG_3206.jpg

 階段の途中にも、こんなに楽しい作品が↓
IMG_3207.jpg
吉村益信「豚」

 ルネ・マグリットはいつもの油絵ではなく写真、アンディ・ウォーホルもモノクロの作品で、普段目にするものとは違いました。まるで理解できないものもあったけど、なんだか楽しくなる作品もたくさんあります。現代アート、まじめに考えるとつまらなくなるから、楽しんでしまえばいいのでは?

 一番驚いたのは、私がこのトリエンナーレに行こうと思ったきっかけになった作家イアン・ウィルソンの作品。彼の作品が今札幌で行われている「札幌国際芸術祭2014」と関連があると、友人のフェイスブックで知り、見に来ました。でも、案内パンフレットやホームページに名前はあるのに、作品がありません。見落としたのかと思いスタッフに聞くと、「その時、その場に居合わせた者の間にだけ存在する芸術、すなわちいまこうして話していることが、彼の作品『ディスカッション』なのです」。えーっと思ったけど、なるほどね。形のない作品なのでした。これぞ、モダンアートの極致かも!
2014年08月24日 (日) | 編集 |
 最近、テレビドラマは「軍師官兵衛」以外はほとんど見てないんですが、今の時期(7月~9月)は珍しく1本だけ見てます。13年前に放送していたドラマが復活したので…。あのころは大好きだった(今はそうでもないけど)キムタク主演の「HERO」、やっぱり見てしまいます。

 2001年に連続ドラマ、06年に単発の特別編放送、そして07年の映画版「HERO」、すべて見ました。今までは松たか子が相手役だったのに、今回は北川景子なんですね。でも懐かしい小日向文世、八嶋智人、角野卓造、田中要次は引き続き出てます。13年もたったとは思えないくらい、自然な感じで・・・。

 9時まで仕事の日も録画をして、今のところ全部見てます。ジーンズの検察官なんて、ホントはありえないんでしょうけど、ストーリー自体はまともで、とてもいいんです。そして、笑えるシーンが必ずあって・・・。以前のドラマ同様、通販商品が出てくるのも面白い。

 今回新しく登場している杉本哲太と吉田羊の関係も興味深いし、毎週月曜日が楽しみです。このドラマ、今回は文部科学省の道徳教育とタイアップしているというのも驚き。だから、第5話は子供がたくさん出てきたのかな?

 キムタクの相手役も、最初はやはり松たか子にオファーしたらしいけど、妊活中(?)で、断られたらしい。そうえば、1ヵ月くらい前に何かの番組にチラッと出てた時は、まるでマタニティードレスのような服を着てたから、もしかしてすでにオメデタ?

HERO.jpg
HERO2.png


 そして今、はまっているのが、海外ドラマの「ALMOST HUMAN」。たまたま第1回目の無料配信をネットで見て、面白かったのでTSUTAYAでレンタル。エピソード13のうち12まで見ました。「LOST」「フリンジ」のJ.J.エイブラムスがプロデュースするSFクライムアクションです。

 2048年の近未来のアメリカ、警官は高性能戦闘型アンドロイドとペアを組むことが義務付けられる。任務中に奇襲攻撃を受け、仲間と片足を失った刑事ジョン・ケネックス(カール・アーバン)は、17か月の昏睡から目覚めた後に任務に復帰、人間の感情がインプットされた旧型アンドロイド「ドリアン」(マイケル・イーリー)と組み、凶悪犯罪に立ち向かう。

 アメリカの海外ドラマらしく、見ているうちに次々と疑問が出てきて、続きが気になります。日本と違い、ドラマと言っても映画並みの映像で、迫力があります。ケーブルテレビのAXNでも放送中。主役のカール・アーバンは、「ロード・オブ・ザ・リング」に出ていたそうですが、気がつきませんでした。

 結構奥が深そうなドラマで、続きを楽しみにしていたのですが、ナント、アメリカではシーズン1で終了してしまったとか。残り1話で、なぞのすべてが解決するのでしょうか? 最終のエピソード13が、とても気になります。

Almost-Human-Moments.jpg


 
2014年08月22日 (金) | 編集 |
 最近日本の夏は熱帯化していると思ってましたが、特にこの夏の西日本は台風と大雨がひどいようですね。被害にあわれた皆様に、お見舞いを申し上げます。1日も早く落ち着いた生活が送れることを願います。

 先週末、家の郵便ポストにこんなものが↓
__ (2)
ナント家の近くでドラマの撮影が行われるのです。

 ドラマ撮影の現場を見るなんて、そうそうできることではありません。夕食の後片付けもそこそこに、とあるところから見ましたよ。
__ 1 (4)
__ 2 (4)
__ 3 (2)

 写真撮影禁止とあったけど、俳優を写してる(後ろ姿は写ってるけど、わからないでしょ)わけじゃないし、かなり上から撮っているから大丈夫かな・・・。

 飲食店街を歩いてきた主人公(?)が居酒屋に入ろうとしたときに、お店から出てきた人とぶつかってけんかになるというシーンの撮影です。放送される時はほんの1,2分のシーン(たぶん?)を3カットに分け、準備、リハーサル、本番と、1時間半以上かかってました。通行人役のエキストラが10人以上いたような・・・。

 リハーサルは1回だけ、その代り本番は、カメラの映り具合を確認しながら数パターン撮るみたい。「3、2、1、スタート」って言うのかと思っていたら、「3、2、1、動きます」でした。

 写真の一番上は撮影が始まる直前、エキストラの人がスタンバイしてるのかな。
 真ん中は、撮影中。主人公の後ろ姿が写ってます。
 下は、最後のカットの撮影の準備中。ナントお店の前にマットレスが! 主人公が殴られて倒れるシーンなんですね。

 殴られるところはとてもゆっくりです。編集で速くするんでしょうね。この日は、外苑の花火大会の日で、撮影の途中から花火の音が聞こえました。録画したシーンに音が入っていると思うけど、そういう音も編集でカットできるのかな? 撮影現場を見てしまったので、どんなふうに放送されるのか、楽しみです。

 このドラマは、TBSで日曜の夜9時から放送されてる「おやじの背中」です。毎回、脚本家が替わり、1話完結なんですね。このロケはいつの放送なのか知らされていませんし、聞くこともできませんでした。もしかしたら、31日放送の第8話「駄菓子」(池端俊策脚本、主役大泉洋)? 双眼鏡で顔を見ても暗くてはっきり確認できなかったけど、雰囲気は大泉洋に似てたかも・・・。

 ちなみに、撮影現場の実際の姿は↓
IMG_3160.jpg
IMG_3158.jpg
お店は変わってないと思うけど、通りには実際にはないお店の看板を置いて撮影してました。

 実は、私はこのドラマまだ1回も見ていません。明後日の放送から見てみようかなと思っています。最終回(?)は、私が好きな三谷幸喜の脚本らしいので、それも楽しみです。

 撮影が終わったのは8時過ぎ。「2014外苑花火大会」は8時半まで。家から割と近いので、少し歩けば花火が見えるかもしれません。即、神宮外苑の方に歩いて行きました。帰る人とすれ違うことが多かったけど、だんだんビルの隙間に花火の一部が見えるようになり、慶応病院前まで来たら、見えました。歩道が割と広いので、そこで立ったまま見てる人がかなりいます。私たちもそこで、しばしの観賞。

IMG_3155.jpg
IMG_3154.jpg
ほんの少ししか見られなかったけど、きれいでした。来年は、もっと早くから行こうかな。座って見られる場所もあるみたいでした。
2014年08月19日 (火) | 編集 |
 お盆が過ぎたら、北海道は秋の気配が漂っていたけど、東京はまだまだ真夏ですね。だから、大好きなスイーツも冷たいアイスクリームが多くなります。

 アイスクリームといえば、今まではハーゲンダッツばかりでした。近所のスーパーが日曜日は2割引きになるので、いくつか買いだめしてました。なんといってもおいしくて、特に期間限定品は魅力です。今の期間限定ももちろんおいしいですよ。

ハーゲン2
レモンジンジャーフロート、レモンの酸味と生姜の辛さが微妙においしい。
ハーゲン
ショコラミント、チョコの甘さとミントのさわやかさがすっきりおいしい。

 でもやっぱり、ハーゲンダッツは高級アイス、高いので、そうそう食べられません。最近たまたま見つけたのが、これ↓
__ 2 (3)
ロッテジェラートマルシェです。

 イタリアジェラート協会認定の本格ジェラート。フルーツ系(氷果)とチョコレート系(アイスミルク)があります。種類も豊富。

__ 1 (3)
__ 3
__ 4

 特においしいのは、フルーツ系(ストロベリー、グレープ、マンゴー、ふじりんご、ラ・フランス、ラムレーズン、ピンクグレープフルーツ、温州みかん)。まるでシャーベットを食べているみたい。果汁率が40~50数%と高いからですね。グレープ、ふじりんご、ラ・フランス、ピンクグレープフルーツはとりわけおいしいですよ。

 チョコレート系(?)も、ハーゲンダッツに負けない味です。ベルギーチョコとチョコチップは濃いですよ。他にバニラ、宇治抹茶もあります。何よりうれしいのは、なんと、100円くらいで買えること。毎日食べても安心です。このアイスクリームのおかげで、ロッテのファンになったかも。


 もう一つ、前から好きだった夏のコンビニスイーツ。ミニストップのこれです↓
ハロハロメロンクリームソーダ
ハロハロの今年の夏の限定品、メロンクリームソーダ

 クリームソーダとカキ氷とメロンゼリーが一度に食べられます。口の中でパチパチするキャンデーが入っているのも楽しい。ミニストップが遠いので、そうそう買えないのがとても残念!

 暑い残暑も、アイスクリームやハロハロのサマースイーツがあれば、涼しく過ごせますよ。