FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2015年06月29日 (月) | 編集 |
 加齢とともにシワやほうれい線が気になるようになりました。いろいろな化粧品を試してますが、なかなか思うような結果が出るものがありません。モニプラで「シワ、たるみ、ほうれい線、シミ、くすみが気になる大人の女性のためのエイジングケア化粧品」のモニターを募集していたので、すぐに応募しました。

 気になる部分にピンポイントケアするメトラッセのエッセンシャルクリーム「アクアスピードリンクル」の、うれしい現品モニターです。
IMG_1095.jpg

 メトラッセと言えば、以前オールインワン美容液の「メトラッセ ミルキーエッセンス」をモニターさせていただいたところです。メトラッセ ミルキーエッセンスはとても良かったので、今回も期待を込めて使い始めました。

  アクアスピードリンクルの主要成分は、アクアスピードエキス。スイカとヒラマメ、リンゴの果実エッセンスを混合したアクアスピードエキスは、その名の通り優れた保湿作用があり、塗ってすぐにハリが実感できるそう。さらに、3種類のセラミドにヒアルロン酸、エーデルワイスエキスなど、肌にいい成分が長時間保湿し、肌全体にハリと弾力を与える効果があるとか。期待してしまいます。

 1回に使う量は小豆粒程度、ほんの少量です。化粧水をつけた後に、目元やほうれい線、口元、あごの下、鼻の下、首筋など、気になるところに塗るだけ。もちろん私は、目元とほうれい線、それから眉間のシワにもつけました。やや乳白色の半透明の美容液、使う量は少ないけど、とても伸びがいいので、十分です。

 使い始めて3週間ほどになりますが、効果のほどは↓
IMG_1102.jpg
使用前のほうれい線が↓
IMG_1145.jpg
ピンボケ写真なのでわかりにくいですね。

 使い始めてしばらくは、1日1回しか使っていませんでした。1週間近くたってもあまり効果が感じられなかったので、朝と夜の2回に増やしました。そうすると2週間後くらいから、少しずつほうれい線が薄くなってきたような気がしました。目元はこんな感じです。使用前は↓
IMG_1109.jpg
IMG_1147.jpg
左右が違って、まるでわからないですね。失礼しました。目元はもともとそれほどシワが目立たなかったので、よけいにわからないかも・・・。ほうれい線への効果は今一つでしたが、潤いは1日中続いてます。

 使ってすぐの効果も劇的な変化もないのはやはり年齢的に限界なのかと、今回も思いました。でも時間の経過とともに、徐々に効果は出てきているようなので、使い続けるといいのかもしれません。

 今回は「メトラッセ ミルキーエッセンス」を使っていなかったのですが、「メトラッセ ミルキーエッセンス」を一緒に使うとよりいっそう効果が出るのかもしれませんね。近いうちに、「メトラッセ ミルキーエッセンス」を購入する予定なので、併せて使ってみようと思います。また、シミにも効果があるようなので、今度は目元をやめて、シミが気になるところに塗ってみようかな。

メトラッセ エッセンシャルクリーム Metllasse Web ショップ
Metllasseファンサイト参加中
スポンサーサイト
2015年06月27日 (土) | 編集 |
 5月のランチ、残りの1軒は9月から建て替え工事が始まるホテルオークラ東京本館6階の中国料理「桃花林」でした。桃花林自体は別館に移設されますが、今の本館で食事ができるのは8月までです。

 本館に向かう途中もなかなか素敵。有名画家の絵も何枚か飾られてました。
IMG_1078.jpg
IMG_1079.jpg
上は山下清が描いたオークラのロビー(版画)、下は片岡珠子の静物画。どちらも初めて見ました。

 本館はさすがにクラシックな雰囲気で、素晴らしい。
IMG_1089.jpg
IMG_1090.jpg
この日の夕方から、ここ(写真下)で結婚式が行われたはず・・・。

 もちろん、桃花林の入り口も素敵です。
IMG_1088.jpg

 テーブルのセッティングもおしゃれ。
IMG_1081.jpg
IMG_1082.jpg

 私たちが頂いたのは、「昼のおすすめセットメニュー」(3333円、税・サービス込)。4品から選ぶメインとはるまき 、野菜と卵のスープ 、 御飯 、漬け物 、 杏仁豆腐。
IMG_1083.jpg IMG_1084.jpg
IMG_1086.jpg IMG_1085.jpg
IMG_1087.jpg
3人で3種類のメインをオーダーし、少しずつ味見しました。落ち着いた雰囲気でゆったりと味わう中華料理はいいものですね。

 新館になったら、どんな感じになるのでしょう? 今のクラシカルで日本的な雰囲気を残してほしいものです。今どき、モダンなホテルはどこにでもあるから、つまらないですよね。
IMG_1091.jpg
この雰囲気がなくならないことを、願ってます。
2015年06月23日 (火) | 編集 |
 6月21日で終わってしまいましたが、13日に見に行ったのは劇団四季の「ジーザス・クライスト=スーパースター」。2013年12月にも見てるけど(その時の記事は→ここをクリック)、前回はじゃぽねすくバージョンで、今回はエルサレムバージョンです。
IMG_1111.jpg

 四季のミュージカルナンバーでも古いものに入るのではないかと思います。私が初めて見たのも40年前。札幌公演がなかったので、泊りがけで室蘭まで見に行きました。今回の公演は3月(?)に急きょ期間限定の公演が決まったようです。四季の会会員の機関紙「ラ・アルプ」で公演があるのを知り、どうしても見たくなり、友達を誘って、チケットを購入しました。見た回数は数知れず・・・、「オペラ座の怪人」「レ・ミゼラブル」に続く、私が好きなミュージカルベスト3の一つです。

 1月に四季の「FESTIVAL 扉の向こうへ」を見たときに、「オペラ座の怪人」と「ジーザス・クライスト=スーパースター」を見たいと思っていたので、公演が決まって、ホントに良かった!
IMG_1112.jpg
今回の配役、ユダは当然芝清道さん。芝さんのユダ、本当に素晴らしいです。

 エルサレムバージョンを見るのは久しぶりでした。ジーザスはイエス・キリストがはりつけにされるまでの7日間のどちらかというと悲しい話ですが、このミュージカルで唯一楽しいシーンがあります。それはヘロデ王のシーン。エルサレムなのに、ここだけはまるで関係ない演出で、公演の度に違った演出になってます。それを見るのも楽しみで・・・。今回は、まるでハーレム!
ジーザス2
画像は昨年の公演のものをお借りしました。やっぱり楽しいシーンでした。初演ではあの市村正親さんが演じていたヘロデ王、今回は北澤裕輔さん、まるでGACKTのようで、素敵でした。

 初演時はロックオペラと言っていたジーザス、セリフはほとんどすべて歌。詩はティム・ライス、曲はアンドリュー・ロイド=ウェバー。さすがに素晴らしい曲ばかりです。一緒に見た友人はプロテスタント。ちょっと微妙だったみたいだけど、聖書に忠実だと言ってました。

 何回見ても、やっぱり感動するジーザス、ホントに良かったです。次に見るのは8月の「アラジン」(初演のせいか、ナントすでに年内のチケットは売り切れ! 四季の会会員で優先予約ができて、良かった!)。9月には久しぶりの「コーラスライン」があります。これも大好きなミュージカルなので、絶対に見ます。ミュージカルって、本当にいいですよ!

ジーザス




 
2015年06月20日 (土) | 編集 |
 先日の「ひまわり」に続き、また第三回・新午前十時の映画祭で、懐かしい映画を見ました。今回の第三回の上映映画が決まった時に、「ひまわり」同様、必ず見ようと思った映画「ライアンの娘」です。

 「ひまわり」は上映時、リアルタイムで見ましたが、「ライアンの娘」は見ていません。1970年の公開時、見たかったのに見られなかった映画だったと思います。でも映画を見ていると、ところどころ見た記憶がある場面が・・・。どうやら、レンタルDVDで見たらしい・・・。全部を覚えているわけではなかったけど、改めて見ても面白かった。やっぱり大きなスクリーンで集中して見るのは、いいですね。

 デヴィッド・リーン監督、ロバート・ミッチャム、サラ・マイルズ、トレヴァー・ハワード、クリストファー・ジョーンズ、ジョン・ミルズ他出演。TOHOシネマズ日本橋で。

 1917年のアイルランドの海辺の村、教師チャールズと結婚したロージー は、赴任してきた英軍将校ランドルフと不倫関係になる。ある日、嵐にあった独立運動のグループが武器の陸揚げ中にイギリス軍に逮捕され・・・。

 アイルランドの歴史背景が分からないと、意味がわかりにくいところもあります。この時代、アイルランドは、イギリスからの独立運動が盛んだったのですね。100年前の話なのに、今もどこかの田舎でありそうな話です。激しい嵐のシーンがありますが、CGのないこの時代、どうやって撮影したのでしょう?

 アイルランドの海岸や森の景色がとてもきれいです。アイルランドのディングル半島のダンキンに舞台となる村が作られ、地元の子供たちがエキストラとして参加したそう。印象的なのは、ロージーとランドルフが密会する森のシーン。青いブルーベルが咲き乱れ、木漏れ日が美しく・・・、本当にきれいでした。70ミリフィルムでの撮影だったので、よりきれいだったのかも・・・。

ブルーベル
ブルーベルです。これは他から借りてきた画像ですが、映画に出てきたところもこんな感じ。イギリス、アイルランド、ベルギーなどで、4月~5月に、森の中で咲く花です。残念ながら、日本では見られないみたい。いつか、ブルーベルの森に行ってみたくなりました。

 ユーモラスな障碍者マイケル役のジョン・ミルズは、この映画でゴールデングローブ賞とアカデミー賞の助演男優賞を受賞しました。ランドルフ役のクリストファー・ジョーンズはなかなか素敵!

 映像優先の今の映画もいいけど、ストーリーがしっかりした昔の映画には、別の良さがあります。午前十時の映画祭、次は「リトルダンサー」と「王様と私」を見たいな。(評価★★★★)

ライアンの娘
ライアンの娘2

2015年06月17日 (水) | 編集 |
 6月も半ばを過ぎた今頃になっての紹介ですが、5月にランチをしたレストランをご紹介します。

 最初に紹介するのは、東京国立近代美術館の本館2階ににある「ラー・エ・ミクニ」です。美術館60周年を記念してオープンした、三國清三プロデュースのレストラン。フレンチとイタリアンの融合が楽しめます。

IMG_1021.jpg IMG_1022.jpg
IMG_1023.jpg IMG_1024.jpg
IMG_1025.jpg
前菜、パスタ、メインディッシュ、デザート、コーヒーと小菓子の「アドリア海の恵み」(3500円・税込)です。お手軽なテラスコースもあったけど、ゆっくり食事をしたかったので予約ができるこちらのコースに。絵を楽しんだ後に、広く明るいレストランでおいしいランチをいただくのは、とても幸せです。メインは魚料理を選びました。前菜の鴨肉を始め、どれもおいしかったような・・・。


 閉館前のブリジストン美術館に行く前にランチをしたのは、2012年に新装オープンした東京ステーションホテルの地下にあるイタリアン「リストランテ&ワインバー エノテカノリーオ 」です。ちょっとお得になる一休.comで予約しました。

IMG_1036.jpg IMG_1037.jpg
IMG_1038.jpg
デザート5種盛り合わせにアップグレードした旬の全3品ランチコース(2800円)。デザートの盛り合わせが嬉しいですね。ここは小さなお店なので、予約するほうがいいかもしれません。


 5月5日に国立公文書館に行って、こんなものを見ました。ナント、無料。公文書館だから、歴史資料として重要な公文書も見られます。なかなか興味深かったですよ。
IMG_1032.jpg

 この後にランチをしたのは、学士会館にあるカフェ「THE SEVEN'S HOUSE」。大学時代を思い出すこんなものをいただきました↓
IMG_1033.jpg
クラークカレー、サラダ・コーヒー付で1230円です。


 おまけです。ランチではありませんが、「トゥモローランド」のプレミア試写会の前に六本木ヒルズのメトロハット/ハリウッドプラザ地下2階の「イル リトローボ」で食事をしました。ボリュームたっぷりのピザがとてもおいしかった!それもそのはず、世界3位のピザ職人が焼き上げているそう。

IMG_1075.jpg
ピザにパスタ、サラダを二人でシェアして、オレンジジュースも注文して、一人2300円くらいだったので、意外とリーズナブル。ただ、ピザは割と早く来たのに、パスタが来るのが遅かった! 六本木ヒルズに行ったときのランチ、これからはここに決めようかな。

 5月はもう1軒行ってます。そこは後日、報告しますね。