FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2015年10月31日 (土) | 編集 |
 今年は海外旅行には行けなかったけど、その分国内旅行には結構行きました。それも、支笏湖、奥入瀬、沖縄とリゾートホテルに泊まる旅が3回ありました。支笏湖の旅は紹介済み(記事はここをクリック)なので、いまさらですが、9月に行った奥入瀬と沖縄のホテルを紹介します。

 奥入瀬は中学時代の友人二人との還暦旅行だから、最初から星野リゾートのホテルに泊まるのが目的でした。星のやと界はちょっと手が出ないし、どうせなら観光もできるところをと考えて決めたのが、奥入瀬渓流ホテルでした。
IMG_1347.jpg
IMG_1349.jpg
さすが星野リゾート、チェックインからいい感じでした。

 チェックインしてすぐに、ホテルのシャトルバスで奥入瀬渓流へ。戻ってからホテル内探検、どこもとっても素敵!
IMG_4810.jpg
IMG_4811.jpg
ラウンジ「森の神話」。窓の外の緑がきれい。岡本太郎作の暖炉もいいでしょ。

IMG_1342.jpg
フリースペース「河神」にも岡本太郎の作品が。ここで毎夜行われているフォレストカレッジにも参加しました。奥入瀬のことがよくわかりますよ。

 夕食はレストラン奥入瀬での和食を選択。
IMG_4787.jpg IMG_4788.jpg
IMG_4789.jpg IMG_4790.jpg
IMG_4791.jpg IMG_4792.jpg
IMG_4793.jpg IMG_4794.jpg
八寸、苺煮、お造り取り合わせ、たたきえびの新ひき揚げ、蟹養老蒸し、ひばの香蒸し膳、お茶漬け、焼きリンゴと栗のアイスクリーム。どれもホントにおいしくて、楽しい夕食になりました。

 もちろん温泉にも入りました。館内にも二つの温泉があるけど、シャトルバスで行く露天風呂「八重九重の湯」が特によかった。行く途中バスを止めて見せてくれたのは、満天の星空。生まれて初めてこの目で見た天の川、感動でした。

 当然お部屋も素敵ですよ。3人だったので、なごみ和室というお部屋にしたけど、畳があって落ち着きます。ベッドもちゃんと三つありました(一つはエキストラベッドで少し小さかったけど)。
IMG_4754.jpg
IMG_1344.jpg
一人にひとつの籠バッグが、お風呂に行くときにとても便利でした。

 翌日の朝食は追加料金を払って、渓流テラスでの朝食(9月まで)に変更。ちょっと寒かったけど、奥入瀬渓流を見ながらの朝食は最高でした。
IMG_4802.jpg
IMG_4797.jpg IMG_4798.jpg
IMG_4799.jpg IMG_4801.jpg
今はやりのエッグベネディクトの朝食です。サラダのリンゴドレッシングもパンも、どれもみんなとってもおいしくて満足! この朝食に替えて大正解でした。

 朝食の後はホテルのすぐそばの奥入瀬渓流を散歩しました。
IMG_4803.jpg
IMG_4804.jpg
IMG_4808.jpg
IMG_4806.jpg
9月6日でしたが、早くも紅葉が始まってました。渓流の水際まで行ったんですよ。

 最後はラウンジでコーヒー&デザート。
IMG_1345.jpg IMG_1346.jpg
青森だから、やっぱりリンゴのデザートに。ホントに素晴らしいリゾートホテル、最高に楽しい還暦旅行になりました。さすが、星野リゾート! 来年は界熱海に行きたいな、と思ってます。

 翌週行った沖縄のリゾートホテルは次回にご紹介しますね。
スポンサーサイト
2015年10月27日 (火) | 編集 |
 去年の9月に行ったスペインはとてもよかったです。今でも時々思い出します。マドリードのプラド美術館では、素晴らしい名画の数々を見ました。三菱一号美術館で始まった「プラド美術館展」(来年1月31日まで)、もちろん行ってきました。
IMG_1535.jpg
IMG_1541.jpg

 展示数102点、エル・グレコ、ベラスケス、ゴヤ、ルーベンス、ムリーリョなど有名画家の作品から初めて名前を聞く画家の作品まで見られます。有名画家の作品なのに、地味な作品が多いような気がしました。土曜日に行ったけど、思ったほど混んでいなかったのもそのせい? なんだか目玉になる絵がないみたい・・・。

 そうは言っても、素敵な絵や気になる絵はいくつかありました。
受胎告知
エル・グレコの「受胎告知」。倉敷の大原美術館にも同じタイトルの絵がありますが、プラドのほうはとても小さな絵で、大原の絵より20年くらい前に描かれてます。初期の作品のようですね。でもやっぱり、エル・グレコってわかります。私がプラド美術館に行ったときは、エル・グレコの作品はすべて貸し出し中で見られなかったので、今回見られて良かったかも。

マリア・ルイサ・デ・パルマ
アントン・ラファエル・メングスの「マリア・ルイサ・デ・パルマ」。この絵が今回のメインなのか、ポスターやチラシに使われてます。私はそれほどいいとは思わなかったけど・・・。カルロス4世の王妃で、この絵は結婚してすぐのころに描かれたらしい。後に宮廷画家のゴヤが描いた「カルロス4世一家」のマリアとは、まるで別人。こんなに変わるものなのね。ちなみに「カルロス4世一家」の絵は↓(今回は来てません!)
カルロス4世
真ん中で子供と手をつないでいるのが後のマリア・ルイサ・デ・パルマ。太めのおばさんです。

 私が一番気に入って、実際に人気もあるのはこちら↓
ロザリオの聖母
ムリーリョの「ロザリオの聖母」。素敵でしょ。でも残念なことに絵はがきがなくて(作っていない)、買えませんでした。こんなに素敵な絵の絵はがきを作らないなんて、信じられません。若く美しい聖母マリア、マリアの絵はいいものが多いですね。

 絵はあまり気にならなかったけど、画家の名前は聞いたことがあると思って、後で調べたら、謎の天才画家とか奇想の画家と呼ばれてるそう。
ボス
ヒエロニムス・ボスの「患者の石の除去」。事前に知っていればじっくり見たのに、当日はあまり興味がなく、ちらっと見ただけ。本物と言われる作品は20点しかなく、これはそのうちの1点。絵の説明は、確かにちょっと面白いものでした。20点とは、フェルメールより少ないし、何より16世紀の絵とは思えません。もっとじっくり見れば良かった・・・。

 やっぱり、目玉にしてる絵が間違ってますね。「ロザリオの聖母」か「患者の石の除去」をメインにすればいいのに。プラド美術館は名作が多いですね。世界三大美術館と言われることもあるとか。納得です。参考までに、去年私が行ったプラド美術館の記事はこちらをクリック
IMG_1542_201510262235582bb.jpg

 私が行ったのは10月17日でしたが、美術館の前は薔薇がきれいでした。
IMG_1536.jpg
IMG_1538.jpg
IMG_1539.jpg
薔薇も楽しみながら美術館に行くのって、いいですよ。
2015年10月24日 (土) | 編集 |
 「マンマ・ミーア」以来の楽しいミュージカル映画を見ました。友人が海外旅行中に飛行機の中で見てとても良かったと言っていた「ピッチ・パーフェクト2」、公開されてすぐに見に行ったら、ホントにとっても楽しいミュージカル映画でした(アメリカでは大ヒット)。

 エリザベス・バンクス監督・製作・出演、アナ・ケンドリック、レベル・ウィルソン、ヘイリー・スタインフェルド、ハナ・マエ・リー他出演。TOHOシネマズ日本橋で。

 女子大生だけのアカペラチームとして全米大会で初優勝した「バーデン・ベラーズ」。大統領の誕生日を祝う祭典で大失敗して活動禁止になるが、唯一出場を許された世界大会での優勝を目指す。ただ一人の新人も入り、合宿もして・・・。

 「ピッチ・パーフェクト2」というタイトルなので、当然「ピッチ・パーフェクト」の続編です。前作は今年の5月の公開(アメリカでは3年前)でしたが、私はほとんど知らず、見ていませんでした。1作目を見ないまま、続編を見ましたが、とっても面白い。前作見てなくても、十分に楽しめます。ミュージカルと言っても、コメディーに近いお芝居が多く、ミュージカルシーンは「バーデン・ベラーズ」が歌うシーンくらいです。でも、そのミュージカルシーンがとってもいいんですけどね。

 「バーデン・ベラーズ」はアカペラグループだけど、今のアカペラはすごい! ただ歌うだけじゃなくて、ダンスやパフォーマンスが多く、まるでショーそのもの。だから、とっても楽しい。特に、ライバルのドイツのアカペラグループ「ダス・サウンド・マシーン」との競演シーンは迫力満点! ひとつのテーマに沿った歌を歌いながら、しりとりのように相手の歌の単語に合わせて次の曲を歌うアカペラバトル「リフオフ」は見ものです。

 最初の大統領の誕生日の祭典のシーンにチラッと出ていたオバマ大統領は、本人らしい。バーデン・ベラーズのメンバーも多様な国籍にさまざまな体形(!)と、いかにもアメリカ的。監督は女性で、前回も今回も出演してます。女性中心の映画の割に、下ネタっぽいせりふが多くビックリ。たぶん英語はスラングが多いんでしょうね。劇中出てくる数多くの歌、知ってる曲もいくつかありました。昔ディスコで踊った「シェイクユアブーティ」の意味が、「お尻を振って」だなんて、今回初めて知りました。

 楽しいショーを見てるようなアカペラミュージカル、いいですよ!(評価★★★★☆)

ピッチパーフェクト
ピッチパーフェクト2

2015年10月21日 (水) | 編集 |
 先日の三連休、久しぶりの日帰りバスツアー、「伊豆の大自然を堪能! 絶景の空中散歩と修善寺をめぐる旅」に行きました。今回は普通に申し込んだバスツアーではなく、7月に銀座のプランタンに行って買い物をした時のキャンペーンで当選したものです。一人は無料だけど、同伴者は有料。さらに土、日出発は500円増し。主催はホリデー、そう、宝石販売会社と結託した無料日帰りバスツアーで有名なところで、私も5年前に一度参加してます(記事はここをクリック)。

 今回は行き先が伊豆の修禅寺で、同伴者料金が6500円(土、日は7000円)と前回に比べると良心的なので、娘を誘って行くことにしました。修禅寺は子供が小学生のころに1回行ってますが、虹の郷で遊んだだけで修善寺らしいところには行ってなかったので。

 朝7時50分に錦糸町駅前を出発、最初に行ったのはやっぱり横浜市瀬谷区の宝石店「BeNAS」。前回は「ワールドダイヤモンド横浜」と名前は違うけど、たぶん同じところだろうと思ったら、案の定でした。最初のデモンストレーションも説明もほとんど同じ。でも以前のしつこさはまったくありません。旅行当選案内のパンフレットにも「*BeNASでのお買い物はお客様の任意となります」と書いてあります。そりゃあ、ここでしつこくしたら、もともとの贈り主の企業の評判も悪くなるものね。ただ、時間はあいかわらず90分近くもとってました。待合室(?)に本や古い雑誌が置いてあったので、時間はつぶせましたけどね。

 横浜から新東名でようやく伊豆へ。まずは「伊豆の国パノラマパーク」へ。「伊豆の旬彩バイキング」のランチの後は、ロープウェイで452mのかつらぎ山の山頂に行きます。
IMG_4967.jpg
IMG_4954.jpg
7分の乗車で、景色はなかなか。紅葉が始まってました。

 山頂の空中公園をしばし散歩です。富士山展望デッキからは、素晴らしい景色が見られました。
IMG_4956.jpg
重なる山並みの向こうに富士山が。曇り空がなんともいえない雰囲気を醸し出してます。東山魁夷の「残照」にも似ているような・・・。ため息が出るような素敵な景色でした。

IMG_4957.jpg

IMG_4960.jpg
山頂には、鎌倉時代からあるという「百体地蔵尊」がありました。パワースポットのようです。

IMG_4961.jpg
こんな素敵なボードウォークを通って行ったのは↓
IMG_4964.jpg
幸せの鐘」、カップル向きみたいですけどね。

 10月10日でしたが、秋の気配が漂ってました。
IMG_4963.jpg
IMG_4968.jpg
IMG_1518.jpg
時間が足りなくて、足湯に入れなかったのがちょっと残念。


 そして、いよいよ修禅寺へ。
IMG_4970.jpg

IMG_4973.jpg
竹林の小径」は人でいっぱい(特に中国人)でした。

IMG_4975.jpg
北条政子が建立した「指月殿」、歴史を感じます。

 地名の由来になっているここにも、もちろん行きました。
IMG_4977.jpg
IMG_4978.jpg
IMG_4980.jpg
807年に弘法大師が創建したと言われる「修禅寺」。すぐ上の写真の「大師の湯」は飲める温泉です。

 境内にはこんな不思議なものも↓
IMG_1524.jpg
修善寺のだるま石?

 最後に行ったのは、やっぱり温泉。でも時間がないから、足湯です。
IMG_4976.jpg
IMG_4982.jpg
伊豆最古の温泉と言われる「とっこの湯」。足だけでも気持ちがいい!

 修善寺にも秋の気配が・・・。
IMG_4979.jpg
IMG_1520.jpg

 小さな川とかわいらしい赤い橋、緑が多く、温泉もある修禅寺いいですね。夏目漱石が逗留していたこともあり、高級そうな旅館もあるみたい。いつかまた、ゆっくりとお泊りで行ってみたいですね。

 修善寺の後は三島のわさび工場と沼津のお土産やによって帰途につきました。ちょうど12時間のバスの旅、5年前と違って、今回は内容もいいし、しつこい勧誘もないし、とてもいいバスツアーでした。
2015年10月17日 (土) | 編集 |
 最近化粧品の成分として目にすることが多くなったアルガンオイル。モロッコの南西部だけに生育するアルガンツリーの実から採れるオイルで、 約30キロの果肉から1リットルしか採れません。オレイン酸やリノール酸、ステロールなどが豊富なので、化粧品などに使われるようになったのですね。

 昨年9月に行ったスペインは、ジブラルタル海峡を渡ればモロッコで、フェリーなら1時間半で着くそう。ミハスの展望台からは、地中海の向こうにかすかにモロッコが見えました。
IMG_3684_201510172330307b5.jpg

 そしてもちろん、お土産ショップにはアルガンオイルを使った化粧品やハンドクリーム、石鹸などを売ってました。すぐ近くのモロッコの製品だから、安く買えるのかなと思いましたが、結構高くて買えませんでした。アルガンオイルって、やっぱり高級なんですね。

 日本でも最近見かけるようになったアルガンオイルを使った化粧品、私には手が出ないし、もともとオイルのべたっとした感じが好きじゃないので、縁がないと思ってました。ところが、ラッキーなことにウテナのキャンペーンで、アルガンオイルを使った化粧水「ルミーチェ ハリつやローション」のモニターをすることになりました。

IMG_1514.jpg
きれいなピンク色の瓶に入ってます。使うのが楽しくなりますね。

 さっそく使ってみて驚いたのは、オイルなのに全然ベタベタしていないこと。かすかに甘い香りがして、とっても使い心地がいいんです。浸透もよくて、つけてすぐにすーっと肌に入っていく感じがします。そして、肌はしっとり・・・。翌朝顔を洗うと、肌がすべすべになってるのがうれしい。

 ハリつやローションには、アルガンオイルのほかにトマトエキス、コラーゲン、エラスチン、加水分解シルクのハリつや成分が絶妙な黄金バランスで入っているので、肌にいいんでしょうね。使いここちがいい香りは、ラベンダー、ローズマリー、ゼラニウムの天然のラグジュアリーハーブ。だから、安心して使えます。

 ハリとつやに関しては、最近の私の肌はわりとハリもつやもあるほうなので、違いはそれほど分かりませんが、衰えてはいません。現状維持か、もしかしたらそれ以上? ほうれい線が変わらないのは年齢的に限界なのかもと、最近はあきらめムードですが、今までは朝はハリがあっても夕方になるとまったくなくなっている化粧品がほとんどだったのに、このルミーチェ ハリつやローションは、夜になってもほとんど変わっていません。これはアルガンオイルのパワーかもしれませんね。

 気持ちよく使えて、ハリとつやがアップする化粧水、使い続けたい化粧品になりました。
ウテナのキャンペーンに参加中


ウテナのキャンペーンに参加中
ウテナのキャンペーンに参加中