FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2016年12月31日 (土) | 編集 |
 とうとう今日で平成28年もおしまいですね。今年もいろいろありましたね。例年なら1年のまとめブログなのですが、今年はまだ書いていないことがあったので、まとめは新年に回すことにします(ネタもそうないので)。今日は、私の4大趣味の一つ、美術展の話です。

 11月22日に、隣の墨田区にすみだ北斎美術館がオープン。1月15日まで開催中の、開館記念展「北斎の帰還ー幻の絵巻と名品コレクションー」に行ってきました。
IMG_3022_20161231001334f69.jpg
国際的に活躍する建築家、妹島和世さんの設計です。モダンで目立ちますね。

 美術館は、緑町公園のすぐそばにあります(美術館の真ん前が公園)。
IMG_3023_20161231001336c47.jpg
スカイツリーも見えます。

IMG_3026_201612310013370c2.jpg
中もとってもおしゃれな雰囲気。でも、1フロアが狭く、4階が常設と企画展示室、3階が企画展示室になってます。1階から4階まで行くには、エレベーターしかありません。トイレも4階にはなく、3階の女子トイレは数が少ない(地下1階のトイレは多いらしい)。ちょっとデザインを重視しすぎて、実用性に欠けますね。

 今回のテーマの「帰還」、100年余りも行方不明だった幻の絵巻「隅田川両岸景色図巻(すみだがわりょうがんけしきずかん)」が、平成27年に再発見され、海外から日本へ里帰りしたことと、世界に散らばっていた北斎の名品が、生誕の地隅田に帰ってきたことを意味してます。北斎は、90年の生涯のほとんどを現在の隅田区内で過ごしたそうです。

 展示替えがあり、私が行った12月18日は65点を見ることができました。
メアリーカサット4
メアリー・カサット展でも見た「諸国滝廻り 木曽路の奥阿弥陀ケ瀧」は、やっぱり素晴らしい浮世絵ですね。
北斎、飛越の堺つりはし
諸国名橋奇覧 飛越の堺つりはし」。昔の人はこんなつり橋を渡ったのですね。

 有名な「富獄三十六景」シリーズの浮世絵も何枚かありました。もちろん、こちらも↓
IMG_3027_20161231001338fe9.jpg
有名な「神奈川沖浪裏」。3階の常設展にもあり、そちらはレプリカなので写真撮影OKでした。どうせなら、36枚全部を一度に見たかったな。我が家の近所の萬年橋を描いた富獄三十六景があることを、初めて知りました。今回は展示されてませんが、いつか見てみたいですね。

北斎。神奈川沖
富嶽三十六景に影響を与えた(?)「賀奈川沖本杢之図」 、波の形が似てますね。

 今回最大の目玉は↓
北斎、隅田川1
北斎、隅田川2
隅田川両岸景色図巻」、見事な肉筆画です。巻物なので長く、写真は一部です。写真下の吉原の様子を描いたところ、なかなか面白かったです。着いたときは大行列でしたが、帰る頃は閉館間際で並ばずにばっちり見えました。素晴らしい絵ですよ。

 3階の常設展には、面白いものがあります。
IMG_3028.jpg
北斎と娘お栄がそこにいる(?)、時々北斎の筆を持った手が動きます。ちなみに、お栄が主人公の「眩(くらら)」という本を友人から借りて、今読んでるところです。

 午前中に映画を見て、ランチしてから行ったので、見終わったらすっかり暗くなってました。前の公園にはイルミネーションが・・・。
IMG_3030.jpg


 一緒に行ったIさんを両国駅付近まで送り、私は歩いて帰りました。家に向かう途中、こんなものも↓
IMG_3034_201612310015293ae.jpg
ちなみに今の姿は↓
IMG_3035.jpg
昔は、ここから富士山が見えたんですね。


 20分ほどで我が家に到着。江戸東京博物館もすみだ北斎美術館も歩いて行けるのが、うれしい。一番近い東京都現代美術館は大規模リニューアルのため休館中ですが。今年も30件ほどの美術展や博物館に行きました。以前に比べると、日本画を見に行くことが増えましたね。美しい絵や素晴らしい芸術作品に触れるのは、癒しです。また、来年も素敵な芸術作品を見に行きたいと思います。

 
 今年も私のブログを見てくださいまして、ありがとうございました。また、来年もよろしくお願いします。来年が、皆様にとって良い年となりますように、願ってます。

 
 
スポンサーサイト
2016年12月30日 (金) | 編集 |
 息子が転職のため横浜に引っ越してきました。引っ越す直前の12月23日、りみちゃん(孫)の七五三参りのため、静岡浅間神社に行きました。日帰りで静岡に行くのは、これが最後ですね。

 朝6時過ぎに出発、9時半には神社に着いてしまいました。天気が良かったので、途中きれいな富士山が見えました。富士山を見たのは久しぶり。7月に二人目の孫の出産のお手伝いで1週間行った時も、10月に娘と山中湖に行った時も、天気が今一つで富士山が見えなかったので。
IMG_6406.jpg

 息子一家が来るのは10時半過ぎ、時間があるので、一休みしてから神社内を散歩しました。静岡浅間神社は、神部神社・浅間神社(二社同殿)と大歳御祖神社の三社を総称したもので、神部神社はなんと2100年ほど前からあったとか。紀元前ですよね、ホント? もちろん、静岡県最古の神社です。境内には、さらに麓山神社、八千戈神社、少彦名神社、玉鉾神社もあります。当然、敷地もとても広い!

 最初に浅間神社の境内に入りました。神社の説明をするボランティアの方がいました。
IMG_6407.jpg
1816年にできた楼門
IMG_6408.jpg
1821年にできた舞殿
IMG_6409.jpg
IMG_6415.jpg
1814年竣工の大拝殿。代表的な浅間造りで、七五三の祈祷はこの中で受けました。

 この神社は、あちこちに美しい立川流の彫刻があります。
IMG_6411.jpg
IMG_6410.jpg
IMG_6412.jpg
IMG_6413.jpg

 時間があったので、境内にある他の神社にも行きました。
IMG_6416.jpg
開運のご利益がある八千戈(やちほこ)神社。浅間神社同様、彫刻が美しい神社です。

 急な階段を上って行ったのは、1835年竣工の麓山(はやま)神社。
IMG_6417.jpg
山の神を祭ってあるようです。100段以上の階段を上って来たので、妙に納得。さすがに疲れたし、そろそろ時間なので戻りました。

IMG_3052_20161229212217a1b.jpg
七五三のお参りも無事終了。この後は息子の家で七五三兼クリスマス兼4歳の誕生祝をしました。12月25日が4歳の誕生日でした。去年は沖縄で結婚式を挙げたので、今年の七五三祝いにしたそう。12月にしたのは、アメリカにいるお嫁さんの妹さんが日本に帰って来られる時期だから。お嫁さんのご両親と妹夫婦、娘も合わせて、総勢11人がそろいました。

 静岡から帰るときは、なぜか高確率で東名高速の渋滞にあいます。今回も事故渋滞にあい、3時過ぎに静岡を出たのに、横浜の娘のアパート付近に着いたのが7時半過ぎ、そして家に着いたのは8時半過ぎでした。途中、駿河湾沼津サービスエリアで休憩しました。行きも帰りも「混雑」と出ていたので、気になって・・・。
IMG_6444.jpg
夕暮れの駿河湾がきれいでした。下りのほうが海に近く、絶景のサービスエリアのようです。

 ホントは日本平ホテルでお茶をしたかったんですけどね。時間もなかったし、朝5時半起きの睡眠不足で、とても無理でした。これで、静岡に行くことはなくなりそう。これからは近くなったので、息子一家に会う機会が増えますね。
2016年12月28日 (水) | 編集 |
 早いですね。今年も今日を入れてあと4日。1か月前は京都に行ってました。今さらですが、滋賀と京都の紅葉旅行でのレストランなどを紹介します。

 近江八幡で、ホントはランチにしたかったけど、早く着きすぎてお茶にしたのは、たねや近江八幡日牟禮ヴィレッジにある日牟禮茶屋です。
IMG_6217.jpg
古民家風のお店、最中などの和菓子の販売スペースと食事もできる広くて落ち着いたスペースがあります。私がいただいたのは、ここでしか食べられないというつぶら餅(2個160円)と抹茶です。
IMG_2855.jpg

  道路を挟んで向かい側にあるのは、洋菓子のクラブハリエ日牟禮館。こちらでは、ドライバームなどを買いました。
IMG_6218_20161227233517219.jpg
IMG_2933.jpg
左の「茶の菓」は京都で購入、右二つがクラブハリエで買ったものです。たねやは、和菓子も洋菓子もさすがにおいしいですね。


 近江八幡から京都に着いた日の夜は、Eさんの案内で初めての先斗町へ。蕎麦の名店、有喜屋ですが、私達が食べたのは↓
IMG_2872.jpg
鍋焼きうどん(1280円)でした。蕎麦の名店は、うどんももちろんおいしかったですよ。先斗町って、狭い通りに飲食店がいっぱいあるんですね。地元の人が行くお店が多いみたいです。



 翌日のランチは、北野八幡宮の近くにある上七軒で。ここも初めてです。Eさんが予約してくれたおかもと紅梅庵に行きました。創業70年以上の料亭です。
IMG_6273.jpg
IMG_6274.jpg

 いただいたのは、紅梅弁当の梅。
IMG_2888_20161228002146221.jpg IMG_2889_20161228002148bcb.jpg
IMG_2890_20161228002148438.jpg
いかにも料亭という造りで、小さな庭に面した部屋でいただきました。相部屋で別の方と仕切り越しだったので、話が筒抜けというのが、なんとも微妙でしたが、お料理はどれも大変おいしくいただきました。ナントEさんにごちそうになってしまいました。Eさん、ありがとうございました。

 
 京都も滋賀もやっぱり和食ですね。また、行きたくなりました。

 

2016年12月25日 (日) | 編集 |
 クリスマスですね。子どもが成人して同居もしてない我が家は、クリスマスと言ってもまったく日常と変わりません。ただ今年は、23日に静岡の息子の家で孫の七五三と誕生日とクリスマスのお祝いをしたので、クリスマスケーキは食べました。
IMG_3059_20161225021232e2c.jpg
静岡市のケーキ屋、ボンヴィヴァンで私が購入。4歳の誕生日祝いも兼ねてるので、4本のろうそくを立てました。

 日帰りで行き、帰りは東名高速の事故渋滞にあったので、すっかり暗くなりました。その分都内の夜景が見られましたけどね。
IMG_3069_20161225021234d38.jpg
走行中の車の中から撮ったので見づらいけど、東京タワーです。クリスマスの特別ライトアップ「クリスマス・ライトダウンストーリー」です。なぜか、ハートマークが目立ってました。


 七五三の詳細は後日にして、今日は12月4日に友人と行った日帰りバスツアーをお伝えします。クラブツーリズムの『養老渓谷・栗又の滝&隠れた紅葉名所「神野寺」関東三大イルミネーション「東京ドイツ村」』(7590円)です。申し込んだのは、11月半ば。紅葉は微妙と思ったけど、イルミネーションもあるので申し込みました。

 午前10時20分に上野駅公園口の上野公園駐車場前を出発。まず、海ほたるでトイレ休憩。見学時間も多少ありました。
IMG_6350.jpg
IMG_6351.jpg
ここは何度か来てるけど、この日はとても天気が良く見晴らしが素晴らしかったので、気持ちが良かった。

 最初の見学地は、養老渓谷栗又の滝。養老渓谷は2年前にも行きましたが、なんとメインの栗又の滝には行かなかったのです(2年前の記事はここをクリック)。

IMG_6352.jpg
落差30m、全長100mの結構大きな滝です。もちろん養老渓谷の滝では一番大きな滝で、養老の滝とも言われます。ようやく来ることができました。

IMG_6355.jpg
IMG_6356.jpg
IMG_2948.jpg
IMG_2950_20161225021230d01.jpg
急な階段を下りて滝の下に行きます。川の上を渡ったり、滝の横を通って上に行くこともできます。ただ、上に行く道はドロドロでとても滑りやすい。雨の後じゃないのに水が流れているところもありました。滑りにくい靴じゃないと危ないかも。靴も泥で汚れます。でも、途中の景色は抜群でした。紅葉もまだ少し残っていて、良かった!

 私たちは滝の上に行ってしまったので、見学時間が余るくらいだった(結局はトイレ待ちが長くて、ちょうどでした)けど、反対側に行けば滝巡りのコースに出られたようです。ただ1時間弱の見学時間では、途中までしか行けないみたい。なんと添乗員と1組の参加者が集合時間に間に合わなくて、途中から乗ってきました(参加者が遅れたわけではなく、添乗員と一緒に歩いて行ったら、間に合わなくなったとか)。ビックリです。

 
 続いて行ったのは、鹿野山にある神野寺です。598年に、聖徳太子によって開かれた日本で4番目、関東最古のお寺です。
IMG_6357.jpg
IMG_6358.jpg
それほど大きくはないけど、さすがに歴史を感じます。

IMG_6361.jpg
IMG_6362.jpg
上の写真は奥の院で、天狗の大下駄があり、触ると足腰の健康にご利益がある? 山の中のお寺です。

IMG_6363.jpg
IMG_6364.jpg
庭園らしきところには、いくつかの石碑が。

IMG_6366.jpg
鐘楼堂
IMG_6367.jpg
どこのお寺にも大きなわらじがありますね。

IMG_2953_20161225120259d05.jpg
このお寺は紅葉の隠れた名所らしいけど、12月4日はほとんど散ってました。数少ない紅葉を見ながら、お抹茶をいただきました(500円)。

 このお寺、かつては動物園も兼ねていたようですが、昭和54年8月に飼っていた虎3頭が逃亡するという事件があり、動物園はやめたようです。鹿野山の上にあるので、途中とても眺めの良いところを通りました。


 最後に行ったのは、東京ドイツ村。もちろん、イルミネーションが目的です。こちらのイルミネーションは、2012年10月5日の「夜景サミット2012 in 長崎」で、「あしかがフラワーパーク」「江の島 湘南の宝石」とともに「関東三大イルミネーション」として認定されました。

 東京ドイツ村には2010年の9月にも日帰りバスツアーで来てます。昼ですけどね。あの時の印象は今一つでしたが・・・(6年前の記事はこちら→ここをクリック)。夜はさすがに雰囲気が違います。観光バスが続々と入り、たくさんの人で大混雑。全体が見渡せる観覧車は大行列で、即あきらめました。
IMG_2956_20161225122450eb0.jpg

 木道を歩いて、イルミネーションエリアを進みます。とっても広くて、なんだかすごく派手! 色があまりにもカラフルなんですね。
IMG_6373.jpg
IMG_6374.jpg
IMG_6378.jpg
IMG_2961_20161225122451067.jpg
IMG_2964_2016122512293501a.jpg
IMG_2970.jpg

 置いてあるオブジェは動物や大きなキノコなど、子供向きって感じです。私がわりといいと思ったのは↓
IMG_2969_20161225122936701.jpg
カラフルすぎると、逆にこういうシンプルなものがいいと思えます。

 一番良かったのは↓
IMG_2971.jpg
IMG_2972.jpg
まさに、虹のトンネルですね。とてもきれいでした。

 道路が混雑して帰りが遅くなりそうなので、ここで軽食。
IMG_2974.jpg
東京ドイツ村のキャラクターのあんまんとスープで暖まりました。

 こちらのイルミネーションはカラフルすぎて、まとまりが悪い印象。3月に当時日本一と言われた長崎のハウステンボス(記事はこちら→ここをクリック)を見たせいか、今一つでした。

 東京ドイツ村付近の混雑で帰りは予定より遅れ、上野に着いたのは夜8時過ぎ。でも、そこそこ紅葉とイルミネーションが楽しめた日帰りバスツアーでした。駅から遠くて行きづらいところは、日帰りバスツアーが楽でいいですね。また、どこかに行きたいな。来年も見られて、現在の人気上位のイルミネーションが見られるよみうりランド、時の栖、あしかがフラワーパークに行くのもいいかもね。
2016年12月23日 (金) | 編集 |
 2週間ほど前ですが、中学時代の友人二人と浅草に行きました。浅草には夏に行ったばかり。浅草寺と仲見世だけではつまらないし、夏に行ったときに気になったけど時間がなくて行けなかったところへ行くプランを考えました。

 最初に横浜から来るOさんと都営地下鉄の浅草駅で待ち合わせ、仲見世へ。その後柏から来るRさんと松屋デパートで待ち合わせ、お弁当を買ってから再び仲見世、そして浅草寺に行きました。
IMG_6381.jpg
現在開催中の羽子板市のためだったのか、仲見世は早くもお正月飾りです。

 伝法寺通りで見つけたのは↓
IMG_6380.jpg

IMG_6382.jpg
浅草寺はいつも観光客でいっぱいですね。

 この日のメインの目的の一つはこちら↓
IMG_6384.jpg
大衆劇場の浅草木馬館。ここで大衆演劇を見ます。

IMG_6391.jpg
IMG_6390.jpg
月ごとに劇団が変わり、12月は劇団暁で、この日の演目は、特別通し狂言「狐狸狐狸話」と豪華舞踊絵巻。通常は三部構成ですが、この日は一部のお芝居が長いので、二部構成でした。

IMG_6388.jpg
IMG_6389.jpg
楽しいお芝居と演歌などに合わせて踊るショー、12時に始まり、終わったのは3時半過ぎ。見ごたえありましたよ。ショーの曲は演歌が多いけど、桑田佳祐の曲もあったし、洋舞に近い舞踊もあるし・・。何より団員が若い。若い男性は、一見ホスト風? なぜか見てる人は70歳前後の方が多かったけど。

 写真上は座長の三咲夏樹さん、おひねりの1万円札を襟に挟んで踊ってます。素敵な女性と思っていたら、男性でした。お芝居がとても上手で、素晴らしい女形です。おひねりは、1万円未満の場合は封筒に入れて渡すけど、1万円以上はそのまま渡すんですね。5千円札×5枚という人もいて、ビックリ!

 3時間半楽しんで(途中休憩あり)、なんと1600円。電話で座席予約しても+300円という安さ。これぞ、大衆演劇ですね。事前に電話で予約したので、見やすい席を用意してもらえました。座席がちょっと狭いのが難ですが、しょうがないかな。大衆演劇だから、終わると団員による見送りがあります。
IMG_6392.jpg
こちらは三咲暁人さん、彼の女形もきれいでしたよ。


 大衆演劇を満喫、次はすぐ近くの浅草花やしきへ。
IMG_6401.jpg

 日本最古の遊園地、さすがにレトロ! なんだか昔懐かしい、デパートの屋上のような雰囲気です。乗りたかったローラーコースター、点検のため運休でした。何も日曜日に運休しなくてもいいのにね。また行くことになりそう・・・。

IMG_6398.jpg
IMG_6396.jpg
スペースショット、私は乗っても良かったんだけど、乗れない人がいたのでやめました。結局、園内を周遊するスカイシップとスリラーカーに乗っただけ。

IMG_6393.jpg
IMG_6400.jpg
IMG_6399.jpg
かつては動物園でもあった花やしき、戦時中に処分された動物たちを供養する鳥獣供養碑があります。ここは、小さな子供向けの遊具が多いですね。

 
 近くのまるごとにっぽんにも行きました。日本各地の名産品がそろってます。夏に行った時から気になっていたゆず蜂蜜マーマレードを購入。予想通り、おいしいです。
IMG_3036_20161222001953ab2.jpg


 浅草でお茶もしたいねと、次に行ったのは、甘味処の浅草 梅園
IMG_2996.jpg IMG_2997.jpg
私とRさんは栗ぜんざい(右)、Oさんはあわぜんざい(右)をオーダー。餅きびを使ったあわぜんざいが名物らしい。また行って、次はあわぜんざいを食べなくちゃ!


 お店を出たら、もう暗くなってました。浅草寺はライトアップもしてるんですね。
IMG_2999_20161221235714fb2.jpg

 お店に行く前に見た夕暮れの浅草寺とスカイツリーもきれいです。
IMG_2995_2016122123571288a.jpg

 夜のスカイツリー、クリスマスツリーのイルミネーションでした。我が家の最寄り駅からも見えるけど、展望台から上しか見えないので、ほとんど変化がありません。少し遠くから見るスカイツリーがいいですね。
IMG_2998_20161221235713f26.jpg

 
 Rさんとは浅草で別れ、私とOさんは東京スカイツリーへ(東武線で1駅)。
IMG_6402.jpg
IMG_3005_20161221235717ea5.jpg
IMG_3007.jpg

 12月25日まで、「東京スカイツリードリームクリスマス」を開催中。4階の天望デッキで、スカイツリーの下のほうに映すプロジェクションマッピングがあります。さすがに迫力がありました。東の押上駅側で見られます。端から見るほうが見やすいかな。


 大衆演劇に日本最古の遊園地、そしてスカイツリーのプロジェクションマッピングまで、ディープな浅草を味わった1日でした。浅草って、奥が深いですね。