FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2018年04月30日 (月) | 編集 |
 ミュージカルを始め観劇が大好きな私。最近続けて、ミュージカルとお芝居を見ました。

 昨年、劇団四季の「SONG&DANCE65」を見ようかどうしようかと迷っているうちにチケットが売り切れてしまいましたが、今年全国公演として都内でも公演があることがわかり、四季の会会員の先行予約でチケットを購入。先日めぐろパーシモンホールで見ることができました。

 平日の夜公演だったので、残業を断って会社から直行。東横線の都立大駅から10分ほど歩くので、ぎりぎりですが、なんとか間に合いました。
ソング&ダンス2

 1999年の劇団四季創立45周年を記念して始まった『ソング&ダンス』シリーズ、作品やジャンルにとらわれないいろいろな曲を歌とダンスで紡ぐ、ミュージカルだけどミュージカルじゃない、ショウのようなものです。オペラなどのガラコンサートに似てますね。今回の劇団創立65周年記念の「SONG&DANCE65」は9作目。私はたぶん今回を入れて5作は見てると思います。

 だいたいその年や翌年の公演作品を、まったく違う演出で見せているようです。今回は「ライオンキング」で始まり、アンコール前も「ライオンキング」の曲で終わりました。曲名の紹介がないので、見ていない作品の曲は聴いても知らなくて、??? 第1部の半分は知らない曲だったような・・・。

ソング&ダンス
今回の出演者です。「アラジン」の出演者が何人かいました。瀧山久志さん、ジーニーだったのですね。たまたま私が見た3回は別の俳優でしたが。ジーニー、再演してくれました。やっぱり、ジーニーは楽しいですね。また「アラジン」を見たくなりました。

 「キャッツ」の曲は演出が全く違うので、まるで別のミュージカルみたいでした。そして私が大好きな「キャッツ」の「メモリー」と「オペラ座の怪人」、何回聴いても素晴らしい曲でした。ただ、歌があまり上手でない人がいたのは、ちょっと残念でしたけどね。

 来年開幕の「パリのアメリカ人」の曲もありました。来年が楽しみです。まあ、その前の6月には、横浜で「ノートルダムの鐘」(2回目)を見ますけどね。8月からまた始まる「キャッツ」も、たぶんまた見るでしょうね。今年も劇団四季のミュージカル、見ますよ。


 一昨日見たのは、シス・カンパニーの「ヘッダ・ガブラー」。なんとe+のメルマガの懸賞で当たりました。

 イプセン原作で、寺島しのぶ、小日向文世、水野美紀、池田成志、段田安則などが出演してます。豪華ですね。
ヘッダカブラー

 学者と結婚した将軍の娘ヘッダが、半年もの新婚旅行から帰ってきた翌日から始まります。会話中心のストレイトプレイですが、笑えるシーンも結構ありました。ヘッドの夫のテスマン役の小日向文世さんは、髪の毛がフサフサ。水野美紀はとてもきれいで、寺島しのぶはさすがに演技が上手でした。

 最近はもっぱらミュージカルばかり見てましたが、ストレイトプレイも面白いですね。今年もまた、ミュージカルやお芝居をたくさん見られるといいな。
スポンサーサイト
2018年04月26日 (木) | 編集 |
 先々週末と先週末に3本の映画を見ました。ベテラン俳優が活躍する映画と、若い世代の話だけど大人も楽しめる映画です。まとめて紹介します。

 先々週末に見たのは、26年前の映画の続編「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」です。23年前の「ジュマンジ」の翌年から話は始まります。

 ジェイク・カスダン監督、ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック、ケヴィン・ハート、カレン・ギラン、ニック・ジョナス、ボニー・カナヴェイル他出演。TOHOシネマズ日本橋で。

 1995年のの「ジュマンジ」も見てるけど、内容はほとんど覚えていませんでした。ストーリーはまったく別なので、前作を見てなくても何の問題もありません。前作はボードゲームでしたが、21世紀の本作はさすがにテレビゲーム(今時にしてはちょっと古いけどね)。最初のシーンは1996年の話ですが、昨日ひかりテレビのVODで23年前の「ジュマンジ」を見てわかったのですが、ちゃんと話がつながってるんです。それに前作をリスペクトしたシーンもいくつかありますね。

 この映画の一番面白いところは、現実の高校生4人と、ゲームの世界(ジャングル)に入ってからの4人のキャラクターがあまりにも違うことでしょうか。内気な男の子はムキムキのドウェイン・ジョンソン、セルフィ―大好きなイケイケの女子高生はなんと太ったジャック・ブラック。だから笑えるシーンが満載です。

 23年前とは違い映像が進歩してるから、とてもリアル。ハラハラドキドキもあるし、なんだか心が温まるシーンもあります。世界55か国で第1位、世界興行収入が9億ドルを超えているヒットというのも納得。でも日本ではそこまでヒットしていないのが不思議です。ゲームの世界に入って実際にゲームをするような映画だけど、前作同様、大人も十分に楽しめますよ。(評価★★★★☆)

ジュマンジ
ジュマンジ2


 先週の金曜日、残業の後に見たのは、密室サスペンスアクションの「トレイン・ミッション」。

 ジャウマ・コレット=セラ監督、リーアム・ニーソン、ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、サム・ニール、エリザベス・マクガヴァン、jナサン・バンクス、フロレンス・ピュー他出演。楽天地シネマズ錦糸町で。

 失職した60歳のマイケルのニューヨーク市内を走る通勤電車での帰りのできごと、電車の進行とともに話が進みます。マイケル役のリーアム・ニーソン、なんと65歳なんですね。トム・クルーズに負けない(?)アクションシーンにビックリ! アクション映画で、サスペンス映画でもあり、舞台は走る電車という面白さ。ストーリーの展開も素晴らしい。

 ニューヨークが舞台なのに、街も電車もすべてイギリスで撮影したそう。電車は、とてもセットとは思えませんでした。最後までハラハラドキドキのサスペンス映画でした。(評価★★★★☆)

トレインミッション
トレインミッション2


 土曜日、美容院の後に恵比須に行って見たのは、この日が初日の「ロンドン、人生はじめます」。71歳とは思えないダイアン・キートンがとても魅力的な映画です。

 ジョエル・ホプキンス監督、ダイアン・キートン、ブレンダン・グリーソン、ジェームズ・ノートン、他出演。YEBISU GARDEN CINEMAで。

 イギリスの実話に基づいた大人のラブストーリー。高級マンションに住む未亡人と自由気ままに生活するホームレスの男性の話です。

 ホームレスといっても自分で建てた小さな小屋に住み、近くの池で魚を釣ったり、ピクニックをしたり・・・。ちょっと魅力的なホームレス生活かも。一方高級マンションも、なぜか住民共通の屋根裏部屋があったり、誕生日とはいえ主に内緒で部屋に入ってサプライズパーティーをしかけたりと、日本では考えられないことばかり。

 ロンドンの住宅地ハムステッド(この地名が映画の原題)のホームレスが、所有権を得て資産家になった話を基にしてるけど、そのあたりは割と淡々とした感じ。先に紹介した2本の映画の後だったので、私的にはちょっと退屈だったかな。でも「アニー・ホール」を彷彿させるダイアン・キートンのファッションはとても素敵で、71歳とは思えませんでした。ラストは、なかなかいい感じですよ。(評価★★★☆と★★★★の間)

ロンドン人生
ロンドン人生2


 YEBISU GARDEN CINEMAがある恵比寿ガーデンプレイスでは、あちこちにきれいなお花が咲いてました。
恵比須2
恵比須

 65歳のリーアム・ニーソン、71歳のダイアン・キートンが主演、大人が主演で大人が楽しめる映画っていいですね。邦画は若い俳優の映画ばかりで、演技も下手で、今一つが多いのが、いやです。「ジュマンジ」は若い世代が主役だけど、十分に楽しめましたけどね。

2018年04月21日 (土) | 編集 |
 9日から残業の多い職場で2カ月半の短期派遣の仕事をしているので、更新が遅れがちです。

 今年の春は急に暖かくなったので、桜を筆頭にいろいろな花の便りがとても早い! 通常は4月下旬から5月初めが見ごろのツツジがすでに見ごろと知り、先週中学時代からの友人二人と、東京都美術館のプーシキン美術館展(詳細は後日)を見るついでに根津まで行きました。

 当初は千駄木からぶらぶらと歩くつもりだったのに暴風雨の天気予報だったため、直接根津に集合。5年ぶりに行った登録有形文化財の建物でのランチ(詳細は後日)の後に向かったのは、根津神社です。
IMG_3816_20180421003724ec4.jpg

 本殿でお参りをする人が行列だったので、まっすぐつつじ苑へ(200円)。4月15日でしたが、すでに中咲きが満開になってました。
IMG_3817_20180421003726c79.jpg
IMG_3826_20180421004330503.jpg
IMG_9320.jpg

 前を通ったことはあったけど、中に入ったのは初めて。色とりどりのツツジが想像以上にきれいでした。約2000坪のつつじ苑に、咲く時期の違うツツジが100種3000株も植えられているそう。どうりで初めて見るツツジが多いと思いました。
IMG_9310.jpg
IMG_3821_20180421004329b91.jpg
IMG_3827.jpg
IMG_9317.jpg
IMG_9318.jpg
IMG_9321.jpg
IMG_3834_2018042100510799f.jpg
ピンクのツツジもいいけど、黄色やオレンジ色のツツジがきれい。

 私のお気に入りは、とても小さな紫色のフジツツジ(写真上)と白とピンクが混ざったツツジ(名前がわからない)です。
IMG_3829_201804210043331d3.jpg
IMG_3835.jpg
ツツジってこんなに種類があって、こんなにきれいだったとは! ツツジ、再発見でした。

 つつじ苑を1周して、ツツジの美しさを満喫したら、神社の中の見学もしなくては。1900年も前に日本武尊が創ったと言われる根津神社。境内には、歴史あるものがいくつかあります。最初に行ったのは、つつじ苑入口のすぐ前にあるここ↓
IMG_9306.jpg
根津神社でツツジ同様に有名な鳥居です。鳥居をくぐって、奥へ行くと↓
IMG_9327.jpg
歴史を感じる庚申塔です。

 鳥居が続いていた先は↓
IMG_9329.jpg
乙女稲荷でした。全景は、下の道から見ないとわかりません。

 歴史ある神社なので、重要文化財の指定を受けているものがいくつかあります。
IMG_9328.jpg
透かし塀
IMG_9331.jpg
重要文化財の灯篭
IMG_9330.jpg
重要文化財の本殿
IMG_9332.jpg
重要文化財の唐門
IMG_9334.jpg
重要文化財の楼門
IMG_9333.jpg
能舞台もありました。

 5月6日までつつじまつりが開催中で、期間中の正午と午後2時には随身像と三十六歌仙絵の拝観ができます(300円)。私たちもタイミングが合ったので、見てきました。本殿の中に入れるのがいいですね。

 つつじを堪能し、神社の見学もしたので、ぶらぶらと美術館のある上野に向かいました。途中通る谷中は寺町、気になったお寺があったので、寄ってみました。
IMG_9339.jpg IMG_9338.jpg
IMG_9337.jpg
玉林寺、大きな木もありますが、なぜかここに横綱千代の富士の像がありました。

 散歩コースとして人気の谷根千、食べ歩きのお店も結構あります。
IMG_3838.jpg
甘味処の「芋甚」、友人お薦めのアイス最中(120円)、買いました。小豆、おいしかったです!

 そのすぐ近くに、早くも藤の花が咲いているお店もありました。
IMG_3841.jpg
築115年になる古民家をリノベーションし、週末3日だけオープンするスイーツショップ「ル・クシネ」。次回はシュークリームを買ってみたいな。

 上野の美術館まで歩いても20分足らず、根津って上野にこんなに近かったのですね。レストランも結構あるので、これから上野の美術館に行くときは、根津まで足を延ばしてランチしてもいいかも。古い街並みを見ながらの散歩も楽しい。根津は奥が深くて、いいですね。また、ゆっくり行きたいな。


2018年04月17日 (火) | 編集 |
 3月に行った2軒のレストランと1軒のカフェを紹介します。2軒のレストランは、どちらもOZmallで予約したもので、とてもリーズナブルでいいプランでした。

 3月2日、国立西洋美術館でプラド美術館展を見た(紹介済み)後に行ったのは、銀座の隠れ家的スペインバル「Bar de Espana Virgo(バルデエスパーニャビルゴ)」。西五番街ビルの地下にあります。階段の横の壁には写真が飾られ、おしゃれな感じ。
IMG_3513.jpg
IMG_3512_201804162045298c5.jpg

 この日のコースは、選べるドリンク2杯付きの全4皿6品のスペインランチ。
IMG_3510.jpg IMG_3511.jpg
サラダ、スパニッシュオムレツ、海老のアヒージョ、バケット、パエリア、デザート、コーヒーまたは紅茶に、スパークリングカクテル1杯+ワインかビールかソフトドリンク1杯で2000円(税・サービス込み)と、とってもリーズナブル。シーザーサラダとパエリアは写真を撮り忘れましたが、パエリアやアヒージョはもちろん、どれもとってもおいしかったです。

 アルコールが苦手な私はアルコール度の低いものを聞いて、最初の1杯だけフルーツ系のスパークリングカクテルにしましたが、とてもおいしかった!量的にも十分で、パエリアは少し余るくらいでした。銀座の真ん中で、オードブルからデザートまで、さらにドリンク2杯がついて、2000円! 最高に満足でした。平日だけのプランかもしれませんね。平日がお休みの時に行けて、良かった!


 次に紹介するのは、3月25日、増上寺で桜を見る前に行ったザ・プリンスパークタワー東京の中国料理「陽明殿」。こちらもOZmallのコースで、選べるドリンク1杯付きで5皿を味わう中華のコースです。
IMG_3636.jpg
ホテルの地下1階で、ちょっとわかりにくいところにあったけど、店内はさすがに素敵。ただ、桜は本物ではなかったような気が・・・。

IMG_3637_201804162126176c4.jpg IMG_3638_20180416212619671.jpg
IMG_3639_2018041621262060d.jpg IMG_3640_201804162126211dd.jpg
ふかひれ入り前菜盛り合わせ、飲茶2種せいろ蒸し、鶏肉とカシューナッツ炒め、ふかひれ入りつゆそば(ハーフサイズ)、杏仁豆腐にワインか紹興酒かソフトドリンク1杯が付いて、2500円(税・サービス込み))と、こちらもとってもリーズナブル。

 ボリュームはやや控えめだけど、さすがにどれもおいしくいただきました。事前に苦手な食材を伝えてあったので、私の分はアレンジしてくれたり、再度確認をしてくれたりと、安心でした。豪華なインテリアと行き届いたサービス、落ち着いた雰囲気で、ゆっくりと食事が楽しめました。

 入ってきた方向とは別のほうに出ると↓
IMG_3641.jpg IMG_3642_20180416204534d08.jpg
こちらも、また素敵でした。


 最後に紹介するのは、3月4日、田浦梅の里で梅を見た後に行った鎌倉のレザンジュです。横浜に住んでいたころは、何回か行ってました。
IMG_3544_20180416214656b6a.jpg
ミモザの花が咲いているかと思って行ったけど、ここでは咲いていませんでした(鶴岡八幡宮では咲いてましたけどね)。

IMG_3543.jpg
ケーキセット(1036円)、やっぱりおいしいレザンジュのケーキでした。


 おまけです。鎌倉の小町通りで友人がよく買うというお菓子、私も買ってみました。
IMG_3551_20180416214657d81.jpg
鎌倉いとこのきんつば。和菓子っぽくない、モダンなきんつばでした。いろいろな味があります。3種類で660円。お手頃でおいしくて、良かったです。
2018年04月14日 (土) | 編集 |
 4月も半ばになっての今さらですが、花めぐりを優先して後回しにしていた2月と3月に行ったレストランをまとめて紹介します。今日は2月に行ったレストランと甘味処の報告です。

 映画が大好きな私と友人のOさん、最もよく行くのはコレド室町にあるTOHOシネマズ日本橋。映画のはしごをするときのランチは、当然コレド室町かすぐ前の三越本店のレストランが多くなります。

 2月1日も映画のはしご、ランチは金子半之助でした。いつも大行列の本店も近いけど、コレド室町2の地下1階にある「日本橋 稲庭うどんとめし 金子半之助」に行きました。ここも並ぶけど、本店ほどではありません。
IMG_3258_20180413222136daf.jpg

IMG_3257_20180413222135e08.jpg
いただいたのは、「稲庭うどんと天丼 金子半之助の天ばらめし」(1280円)。稲庭うどんは、温かいものと冷たいもののどちらかを選びますが、この日は真冬だったので温かいほうにしました。私は揚げ物を続けて食べられないので天丼はほとんど食べませんが、この量なら大丈夫。テーブルには、食べ放題のトッピングが備えられてます。トッピングというより、ちょっとした惣菜みたい。天丼も稲庭うどんもトッピングも、どれもとってもおいしくて、完食! 行列になるのも納得。並んででも食べる価値がありました。


 2月18日は、午後3時から横浜の中華街へ。久しぶりに会うMさんと、仕事仲間の個展を見に行ったのですが、ちょうど春節の真っ最中。春節の中華街は5年ぶり、2回目です。
IMG_3319.jpg
IMG_3320.jpg

 個展と春節の獅子舞を見てから、少し早めの夕食。中華街での食事も久しぶりですが、今回は関帝廟の近くの四川料理の「京華楼本館」へ。
IMG_3321.jpg IMG_3322_20180413225205cd2.jpg
IMG_3323.jpg IMG_3324_201804132252076fe.jpg
IMG_3325_20180413225209212.jpg
これに、写真を撮り忘れた前菜三種盛り合わせと春巻き、ザーサイ、杏仁豆腐。これだけのボリュームのコースで、2160円。とってもリーズナブルでした。もちろん、ちゃんとおいしかったですよ。


 2月22日、ビュールレ・コレクション展を見る前にランチをしたのは、六本木のとてもモダンな精進料理店「宗胡」。
IMG_3345.jpg IMG_3346_20180413233606d41.jpg
IMG_3348.jpg IMG_3349.jpg
カウンターでいただきました。サラダ、小鉢6種、雑炊またはそば、デザート、飲物の「デザートセット御膳」(2500円)。サラダと飲み物の写真は撮っていません。デザートは友人の分も撮りました。どれもとってもおいしいけど、事前に調べた口コミ通り、雑炊はボリュームがありません(友人がオーダーしたそばはボリュームがあるそう)。デザートセットにして正解でした。
IMG_3347_20180413233858070.jpg
雑炊とお蕎麦が入っていた器は、なんと国宝の「鳥獣戯画」の模様でした。


 次は甘味処2軒の紹介です。金子半之助でランチをした日、次の映画までまだ時間があったので、コレド室町1の1階にある箔座に行きました。金沢の金箔の専門店の支店で、コスメやアクセサリー、食器など金箔を使った多彩なものを扱っていますが、お店の奥にお茶席があります。お茶をいただく前には、店内も見学。こんなものもありました。
IMG_3262_201804132338589b3.jpg IMG_3259_201804132338565b5.jpg
金箔を体感する「黄金の天空」です。私は2年前に箔座の金沢の本店に行ってます(記事はここをクリック)。本店のひかり蔵を小さくした感じでしょうか。この日の目的は、あくまでもお茶。抹茶セット(1080円)をいただきました。
IMG_3264_20180414000456528.jpg IMG_3263_20180414000454034.jpg
和菓子は、もちろん箔座の金箔入り。お冷代わりの金沢棒茶にも金箔が入ってました。


 最後に紹介するのは、2月27日に湯島天神に行った後に入った茶房松緒です。湯島天神の真ん前にあります。
IMG_3409_2018041400045781f.jpg IMG_3410.jpg
私は「濃茶ぜんざい」(写真右、850円+税)、友人は3種類の甘味が楽しめる「口福三昧」(写真左、950円+税)をオーダー。おいしくいただきました。