FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2014年08月28日 (木) | 編集 |
 先日、デジカメから画像をパソコンに取り込もうと思ったら「通信エラー」と出てしまい、調べたら「デジカメ内の画像が1000枚以上になったら直接取り込むことができないので、カードリーダーを使うように」と、ありました。そんなに古くないデジカメだけど、安いのを買ってしまったから・・・・。写真がないと、ブログも書けません。そんなわけで、カードリーダーを買ってからのアップとなり、日にちがあいてしまいました。

 先週末、横浜市で3年に一度行われる現代アートの国際展「横浜トリエンナーレ」に行きました。2001年から始まり、今年は5回目、横浜美術館と新港ピアを会場に、11月3日まで行われています。アーティスティック・ディレクター は、森村泰昌さんです。

IMG_3179.jpg
美術館の前から、すでにトリエンナーレは始まってます。ヴィム・デルボアの「低床トレーラー」、とても大きな作品です。鋼でできてるけど、繊細な感じがします。

 美術館に入ってすぐに目に入るのは↓
IMG_3208.jpg
マイケル・ランディの「アート・ビン」。高さ7m、奥行き13.9mの巨大なゴミ箱?いろいろな人が応募した失敗作、未発表のまましまわれた作品、捨ててもよい作品などが入っている参加型。閉幕まで引き続き募集中です。

 今年の「ヨコハマトリエンナーレ2014」のテーマは、「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」。2階のメイン会場はそのテーマに合わせた作品の展示なのでしょうが、よくわかりません!? 入場の時にもらった会場案内図を見ても、知ってる作家はルネ・マグリットとアンディ・ウォーホルくらい。さて、どんな作品があるのやら・・・

IMG_3183.jpg
IMG_3184.jpg
木村浩の「言葉」。面白いことを言ってますね。

IMG_3186.jpg
ここは「釜ヶ崎芸術大学inヨコトリ」。大阪市西成区の釜ヶ崎(日雇い労働者が多い地域)の会場で、年間40〜60の講座やワークショップを開いているプロジェクトの出張コーナー(?)。お茶の間カフェのような雰囲気で、ちょっぴりホッとします。こんな作品も↓
IMG_3188.jpg
チラシの紙で作ったものです。

IMG_3185.jpg
美術館の前(会場の外)にも同じ作品がありました。8個の青い風船は何を意味しているのでしょうか?毎日午後2時から作品の説明があるそうですが、私が行ったときはもう終わってました。

 見るだけで、なんだか楽しくなる作品もありました。
IMG_3190.jpg
福岡道雄の「飛ばねばよかった」

IMG_3192.jpg
ただの抽象画と思って、近づいてみると↓
IMG_3191.jpg

IMG_3193.jpg
こちらは、ちょっとした仕掛けのある大きな楽器(?)です。

IMG_3194.jpg
ここだけモノトーンの世界。

 「非人称の漂流」、関連企画「横浜トライアル」の「法と星座」。大きな三部作、法廷とテニスコートと、なぜか牢獄!
IMG_3198.jpg
IMG_3200.jpg
IMG_3201.jpg
ほぼ実物大で、中に入れます。

 初めて知った作家、坂上チユキさんの作品は素敵なものばかり!
IMG_3202.jpg
IMG_3204.jpg
IMG_3206.jpg

 階段の途中にも、こんなに楽しい作品が↓
IMG_3207.jpg
吉村益信「豚」

 ルネ・マグリットはいつもの油絵ではなく写真、アンディ・ウォーホルもモノクロの作品で、普段目にするものとは違いました。まるで理解できないものもあったけど、なんだか楽しくなる作品もたくさんあります。現代アート、まじめに考えるとつまらなくなるから、楽しんでしまえばいいのでは?

 一番驚いたのは、私がこのトリエンナーレに行こうと思ったきっかけになった作家イアン・ウィルソンの作品。彼の作品が今札幌で行われている「札幌国際芸術祭2014」と関連があると、友人のフェイスブックで知り、見に来ました。でも、案内パンフレットやホームページに名前はあるのに、作品がありません。見落としたのかと思いスタッフに聞くと、「その時、その場に居合わせた者の間にだけ存在する芸術、すなわちいまこうして話していることが、彼の作品『ディスカッション』なのです」。えーっと思ったけど、なるほどね。形のない作品なのでした。これぞ、モダンアートの極致かも!
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
大阪市西成区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2014/08/29(金) 09:19:23 | ケノーベル エージェント