FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2018年01月12日 (金) | 編集 |
 年初の恒例、初詣をはじめとして、今月はいろいろなお寺と神社に行きました。2回に分けて、紹介します。

 1月3日に行った今年の初詣、ホントは某占いで良いとあった深川不動堂に行くつもりだったのですが、行ってみたら大行列。即やめて、行ったのは↓
IMG_3022_20180112112654e8f.jpg
深川七福神の毘沙門天の龍光院。小さなお寺ですが、400年の歴史があるそう。1974年に造られた(元あった毘沙門天像は戦災で焼失)毘沙門天像にお参りしました。おみくじに入っている小さな毘沙門天、お財布に入れてます。
IMG_3054_20180112114607b0d.jpg

 
 家に帰る道はいつもと違う道で。すると知らないお寺を発見。このあたりは、寺町だったのでお寺が多いんですね。徳川家康の側室だった「阿茶の局」の碑が気になって行ったのは、雲光院
IMG_3023_20180112112656b94.jpg
阿茶の局が建て、お墓もあるお寺で、1683年からここにあるとか。阿茶の局のお墓はなかなか立派でした。

 すぐ近くに、門からきれいな庭園が見えるお寺がありました。宣雲寺です。
IMG_3024.jpg
IMG_3025.jpg
日本画家英一蝶が本堂に絵を描いたので、一蝶寺とも言われ、看板もかかってます(写真撮ってません)。一蝶が描いた絵は戦災で焼失。このあたり、第二次世界大戦の東京大空襲で焼け野原になってますから・・・。門から写真を撮っただけだったので、改めてゆっくり行ってみたいですね。

 この日、実は昨年末に大事件があった深川不動堂の隣の神社にも行ってみました。例年なら初詣客で大行列なのに、さすがに今年はすいてました。お参りをしようとは思いませんでしたけどね。

 近くの八幡堀遊歩道を歩いたら、こんなものがありました。
IMG_3018_20180112112651582.jpg
1878年にできた日本最古の鉄橋、八幡橋、重要文化財。元は宝町にあった旧弾正橋を移設したもので、今も使われてます。
IMG_3019_201801121126526c6.jpg
かつて大横川にかかっていた橋を移設した旧新田橋。大横川にあったころは、映画やドラマの舞台になっていたそう。


 7日はKさんとお寺巡り。最初に行ったのは、小石川にある「こんにゃくえんま」の源覚寺
IMG_8734.jpg
IMG_8733.jpg
宝暦年間に眼病の老婆が閻魔大王に治癒を祈願したら、閻魔大王の右目と交換に老婆の目が治り、老婆はお礼に好物のこんにゃくを断ち、閻魔大王に備えたという言い伝えがあります。

 でも私たちの目的は閻魔大王ではなく、境内にある塩地蔵です。
IMG_3031_20180112113059092.jpg
お地蔵さまの体に塩をつけて祈ると、体の同じ部分の病気が治ると言われているそう。名前の通り塩まみれのお地蔵様です。すっかり固まって黒ずんだ塩は、なんだか雪解けの時の雪のようでした。

 続いて行ったのは、茗荷谷の林泉寺。盗難や失せ物があると、地藏尊に縄をかけ、願いがかなうと縄をほどく風習がある縛られ地蔵。「大岡政談」に出てくる葛飾区の南蔵院と同じです。
IMG_8735.jpg
年初だったので縛っている縄は少ないけど、それでも痛々しいお地蔵様です。

 最後に行ったのは↓
IMG_8736.jpg IMG_3034_20180112152109da7.jpg
大正大学の構内にあるさざえ堂、すがも鴨台観音堂。さざえ堂なので、往路と復路が交わらない二重螺旋構造です。復路の壁は色ガラスのようにきれいだと思ったら、頂上階の観音様の背後の壁画「滝」(千住博作)から続いているものだそう。

 大学構内にさざえ堂があるなんて、驚きでした。まあ、仏教系の大学なので、観音堂があるのは不思議ではありませんが・・・。門から見た構内も、なかなか素敵でした。
IMG_8737.jpg

 歴史のあるお寺は当然だけど、都内にもユニークなお地蔵さまやお寺があるんですね。神社・仏閣巡り、楽しいですよ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック