FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2018年01月24日 (水) | 編集 |
 失業中で時間がある今、出かける用ができたときは地図を見て、近くに何かないかと探します。せっかく出かけるなら、近くも歩いてみたいから。先週行った試写会の会場は、神保町の一ツ橋ホール。ここでの試写会には何回か行ってるけど、いつも会社から直行でした。今回は神保町ではなく、すぐ近くの御茶ノ水を歩くことにしました。

 御茶ノ水、東京の大学を出た同世代の多くには懐かしい街のようですが、私は数回しか行ったことがありません。それも順天堂大学病院に入院していた叔父のお見舞いだけ。だから、ほとんど初めて行くようなものです。最初に行ったのは、湯島聖堂。地図を見て、気になったところです。
IMG_8739.jpg

 五代将軍徳川綱吉が、儒学振興のために1690年に創建したのが始まり。儒学振興は、昨年11月に行った足利学校と同じですね。足利学校は1988年に江戸時代の木造の建物に復元、こちらは1935年に鉄筋コンクリート造りで再建したもの。仰高門、入徳門、杏壇門を通り、孔子を祭る大成殿(写真上)に行きます。

IMG_8743.jpg
IMG_3099_20180124141817233.jpg
IMG_8738.jpg

 大成殿の中は見られませんが、孔子像は大成殿の外にもあります。
IMG_8740.jpg


 御茶ノ水駅のすぐ近くで江戸時代の学問の歴史を感じました。聖橋を通って、駅で待ち合わせをしていた友人と会い、一緒に行ったのは↓
IMG_3101_20180124144914584.jpg IMG_3102.jpg
ニコライ堂です。ここに行きたくて、御茶ノ水散歩を計画しました。正式には東京復活大聖堂教会、300円の拝観献金を払って、聖堂を見学。ジョサイア・コンドルが設計した教会ですが、関東大震災でドームが崩壊。その後6年かけて復興したのが、今のニコライ堂だそう。外観同様、中もとても素敵(写真撮影不可)。でも見られる範囲は意外と狭い。


 次に行ったのは、多くの文豪に愛された山の上ホテル。ここもいつか行きたいと思っていた憧れのホテルでした。宿泊は無理なので、せめてお茶でも・・・。
IMG_8746.jpg

IMG_3104_201801241449163bf.jpg
コーヒーパーラー「ヒルトップ」でケーキセットをいただきました(1300円)。素敵なケーキ皿もコーヒーカップもすべてイタリアのジノリ製。さすがに素敵な雰囲気でした。

 天井のシャンデリアや壁の燭台も、とってもおしゃれ!
IMG_3105_20180124144918e7a.jpg


 この後に行ったのは、明治大学博物館。大学の施設ですが、博物館は誰でも利用でき、しかも無料。同じフロアにある阿久悠記念館にも行きました(詳細は後日)。
IMG_8747.jpg
こんなに立派なビルの地下にあります。

 試写会の前に軽く食事をと行ったのも、明治大学の学食「スカイラウンジ暁」。リバティタワーの17階にあります。ここはカフェテリア方式で、誰でも利用できます。
IMG_3111_2018012415214243a.jpg
IMG_8764.jpg
17階の窓からは神田駿河台の景色が見え、パスタとサラダで500円という安さ! 当然、味はそれなりですが・・・。

 17階の反対側からは、きれいな夕焼けも見られました。
IMG_3110_201801241521419b5.jpg

IMG_8765.jpg
1階ロビーから見えた壁画、気になりました。

 この後は、「ゴーギャン」の試写会へ。御茶ノ水、駅の近くに歴史的なものがあって、楽しい散歩になりました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
2018/01/24(水) 16:05:28 | URL | さくら #-[ 編集]
懐かしい湯島界隈!高校時代に、御茶ノ水から神保町あたり、よく歩いたものです。私学の学食は楽しいですよね。私も明治大学に行ってみたい(笑)  先日オペラシティで谷川俊太郎展と、坂本龍一関係の展示を観てきました。横浜美術館の常設展(撮影可)ではミロが数点。見比べるとサインが違うのですよ!以前横浜で働いていたときにボスが銀座で2枚購入。その時にサインが違うことに気づいたのですが、違いを再確認できました。
2018/01/25(木) 23:35:11 | URL | 雅詠 #/F88G4jA[ 編集]
Re: 雅詠さんへ
私は大学は札幌だったので、お茶の水界隈は新鮮な街でした。
オペラシティの谷川俊太郎展、知ってました。
「近松心中物語」が新国立劇場だったので、早く着いたら行くつもりでしたが。
その前に行った「パリジェンヌ展」の帰りに素敵なカフェに寄ったので、
ギリギリになり、行けませんでした。
作家のサインは、時代によって変わることはよくあるみたいです。
2018/01/26(金) 18:56:01 | URL | あっけまま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック