FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2018年02月04日 (日) | 編集 |
 今日は立春、先日までの寒さに比べれば少しは暖かいけど、また明日から寒いようですね。今年の冬は寒くて、長い! 皆さま、風邪やインフルエンザなどにかかりませんように、お気を付けくださいね。今日は、1月に行った4軒のレストランとカフェをまとめて紹介します。

 最初は、1月4日に岐阜から帰省中の友人、横浜の友人と3人で会ったカフェです。
IMG_3028_20180204154105563.jpg
銀座の老舗、カフェ―パウリスタです。明治44年にパリの有名なカフェー・プロコプを模して造った白亜二階建の洋館のカフェが始まり。「銀ブラ」という言葉は、“慶応のキャンパスから、銀座のカフェーパウリスタまで歩き、ブラジルコーヒーを飲みながら会話をすること”だったとか。多くの文化人に愛された歴史あるカフェです。
IMG_3027_201802041544598b2.jpg パウリスタIMG_3026
私はケーキセット(?、1300円)をいただきました。1階の席がいっぱいで2階に行ったので、それほどクラシックな感じはしませんでしたが、1階はクラシックらしい。


 8日、TOHOシネマズで映画を見た日のランチは、青森料理の三冨魯久汁八(さぶろくじゅうはち)。
日本橋青森
IMG_3036_20180204154500f1c.jpg IMG_3037_201802041545028a7.jpg
私は「金目鯛と豆腐の煮付け定食「」(1500円?)、友人は「名物!!三宝丼(いくらの醤油漬、うに、中落ち)」をオーダー。青森の米作と畑作の両方の文化を味わうために、汁物の代わりにうどんが付いてます。おいしいうどんでした。


 12日、市谷のルーテルホールで行われた知人のお嬢さんのピアノリサイタルの前に食事をしたのは、中華料理の銀香園。スタッフは中国人で、刀削麺と火鍋が売りのようでした。私と友人が食べたのは↓
IMG_3063_20180204162748a67.jpg 市谷中華
刀削麺と青梗菜炒め。青梗菜は二人でシェア。二人分で3000円かからなかったと思います。夕食でこの値段、しかもとてもおいしかったです。食べログの数値は3.27とそれほど高くないけど、それ以上の価値がありますよ。東京には中華街はないけど、中国人経営の中華料理店があちこちにあって、どこも本格的でおいしいですね。


 19日は上野の東京文化会館で行われた札幌の友人のいとこのお嬢さんのピアノリサイタルへ。リサイタルの前に食事したのは、東京文化会館2階のレストラン・フォレスティーユ。精養軒の系列です。
精養軒
パンダのシャンシャン(香香)ちゃん公開記念メニューの「ふわふわオムライス 2色ソース 海老フライ添え」(1480円)。パンダのイメージですね。2種類のソースで、おいしくいただきました。


 失業中につき、ランチなども以前より地味目に抑えてます。明日から2週間、短期の仕事です。長期の仕事も申し込んでるけど、年齢のせいかなかなか決まりません。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック