FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2018年05月26日 (土) | 編集 |
 武士と禅寺の街、古都鎌倉。東京から1時間もあれば行けるし、以前住んでいた横浜・戸塚からは横須賀線で10分ちょっと、だから何度も行って、めぼしいお寺にはほとんど行ってます。ところが先日、会員登録してる旅のモニターサイト旅モニで全く知らない鎌倉の某所の招待企画があり、早速応募。残念ながら外れましたが、二人で行けば入場料が割引になるというメールが来たので、先日の日曜日に友人を誘って行ってきました。

IMG_9424.jpg
バス停「浄明寺」から歩いて2分足らずの一条恵観山荘(いちじょうえかんさんそう)、国指定重要文化財です。庭園見学だけなら入場料は500円ですが、説明付きの山荘見学は予約制で別途1000円。重要文化財の山荘を見たいので、もちろん事前に電話予約をして見学しました。見学会は月に4~6回だけで、1日に2~4回開催の先着順です。

 一条恵観山荘は、江戸初期の後陽成天皇の第九皇子だった一条恵観が1646年ごろに京都の西賀茂に建てた別荘です。昭和34年に鎌倉に移築、さらに62年に現在地に移り、京都時代の庭園と御幸門を復元。昨年から一般公開を始めたそう。

 私はその日最後の2時に予約。20分ほど早く着いたので、先に庭園を見学しました。
IMG_9426.jpg
滑川沿い(川には出られませんが)の散歩道が素敵。まだ小さいけど、紫陽花があちこちで咲き始めてました。
IMG_9425.jpg
IMG_4013_2018052600522132f.jpg
IMG_4012.jpg
IMG_9445.jpg

 重要文化財の山荘はこちら↓見学を申し込んだ人しか中には入れません。
IMG_9427.jpg
木に隠れて見えませんが、屋根は茅葺です。

 山荘の前でしばし待つと、はかま姿の案内人が登場。靴を脱ぎ、荷物も置いて、見学がスタート。フラッシュを使わなければ、写真撮影もできます。
IMG_9431.jpg
とても分かりやすい説明です。

IMG_4019.jpg
IMG_9432.jpg
IMG_9435.jpg
IMG_9438.jpg
天井も障子も凝ってます。畳のヘリは絹ですって。もちろん、踏んではいけません。襖の取っ手も面白い。

IMG_4024.jpg
IMG_9439.jpg

杉戸絵が鎌倉で見られるとは思いませんでした。歴史を感じます。
IMG_4016.jpg
IMG_4020.jpg
IMG_4028_2018052601281851d.jpg
IMG_9440.jpg

 山荘から見る枯山水の庭が美しい。残された資料を基に、京都時代のものを使って再現した庭です。苔の緑がなんともいえません。雨の日はいっそう緑がきれいだそうです。
IMG_4026_20180526013523a55.jpg
IMG_9443.jpg

 それほど広くないけど、見ごたえは十分にありました。入らなかったけど、お茶室やカフェもあります。
IMG_9444.jpg
IMG_9447.jpg
茶席「時雨」の円窓、趣があっていいですね。時間があるときに茶の湯体験(有料)やカフェでくつろぐのも良さそうですね。秋の紅葉の時季に、また行くのもいいかもね。庭園はそれほど広くないので、できれば事前に予約して山荘を見学するのをお勧めします。武士の街鎌倉で、川のせせらぎとウグイスの鳴き声を聞きながら、京の雅に触れる素敵なひとときが味わえますよ。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです。黒羽も鎌倉も、梅雨前のよい季節に行かれましたね。写真で行った気分になれました。
2018/05/27(日) 07:08:17 | URL | 雅詠 #/F88G4jA[ 編集]
Re: 雅詠さんへ
今年は梅雨入りも早そうですね。
梅雨時のお出かけは大変だけど、
実は、黒羽城址公園は紫陽花の名所で、
一条恵観山荘も苔が美しいそうです。
そうはいっても、やっぱり季節の良い今が一番のお出かけ時ですよね。
2018/05/27(日) 08:56:57 | URL | あっけまま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック