FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2018年05月30日 (水) | 編集 |
 映画が大好きな私。最近は1年に50本以上見てますが、ここ数年見た映画で面白いと思うのは、圧倒的に事実をもとにした映画が多かったようです。まさしく、「事実は小説より奇なり」。最近見た2本の映画のうち1本もまさしくそれ。もう1本は、ちょっとエロティックな笑える時代劇。2本まとめて紹介します。

 先々週の土曜出社の後に見たのは、アメリカで起きた実話をもとにした映画「モリーズ・ゲーム」。

 アーロン・ソーキン監督・脚本、ジェシカ・チャスティン、イドリス・エルバ、ケヴィン・コスナー他出演。TOHOシネマズ日比谷で。

 モーグルのオリンピック候補だったアスリートがけがのため引退し、アルバイト気分で始めたポーカールームの手伝い。やがて自らが運営し、高額な現金が動き、ハリウッドスターなどの著名人が集まるようになり・・・。

 ベストセラーになったモリー・ブルームの回顧録を、「ソーシャル・ネットワーク」の脚本でアカデミー賞脚本賞を受賞したアーロン・ソーキンが脚本を書き、自らが監督(初めて)もしてます。FBIに逮捕されたため弁護を依頼する現在のモリ―と過去のモリ―が交錯しますが、分かりにくくはありません。モリ―の頭の良さもよくわかります。見ていてずっと気になったのは、客としてきている著名人は誰かということ。映画の中では全くわかりませんが、この映画のホームページには名前が出てました。驚きました!

 展開が早い映画で、あきることなく最後までひきこまれました。賢いモリーが、なぜポーカーの世界にいってしまったのでしょうね。ラスト近くの父親との会話で、少しわかったような気がします。このシーンは、なかなか感動ものでした。父と娘の葛藤と愛情の話でもあるんですね。ポーカールームでのモリーのファッションにも注目です。(評価少しおまけして★★★★と★★★★☆の間)

もリーズゲーム
もリーズゲーム2


 久しぶりの土曜のお休みに見たのは、「蚤とり侍」。小松重男の歴史小説を監督自らが脚色。R15で、ちょっとエロティックなシーンが多めですが、とても楽しい時代劇です。

 鶴橋康夫監督・脚本、阿部寛、寺島しのぶ、豊川悦司、大竹しのぶ、斎藤工、風間杜夫、松重豊、桂文枝、前田敦子他出演。TOHOシネマズ日本橋で。

 田沼意次が老中をしていた江戸時代、越後長岡藩の藩主の怒りを買った小林寛之進は、藩主の命令で「猫の蚤とり」になる。猫の蚤とりは表稼業で、実は女性に愛の奉仕をするという裏稼業があり・・・。裏稼業のシーンが多いのでR15ですが、それほど生々しさはありません。むしろユーモラス。

 主演の阿部寛はじめ名優ぞろい(前田敦子以外ね)。トヨエツは準主役ですね。笑えるシーンが満載ですが、ラストは感動です。それにしても、江戸時代にこの職業がホントにあったらしいのですが、信じられませんね。(評価★★★★と★★★★☆の間)

のみとり侍
のみとり侍2
のみとり侍3


 「モリーズ・ゲーム」を見るために行った2回目の東京ミッドタウン日比谷。夕方だったせいもありますが、さすがに以前ほどの混雑ではありませんでした。前の週に通って気になったオブジェ、夜はライティングできれいでした。
IMG_3996_20180530000259001.jpg

 そして以前外にあったゴジラ像は、今はTOHOシネマズ日比谷のロビーに。
IMG_3994.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック