FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2018年06月08日 (金) | 編集 |
 連日8時過ぎまでの残業で、更新も皆様のところへの訪問もできないうちに梅雨入りしてしまいましたね。梅雨入りも早かったけど、予想通り紫陽花の見ごろも早い! 先週末の映画(詳細は後日)の後に、都内の紫陽花の名所に行ってきました。紫陽花と言えば鎌倉が一番に思い浮かぶけど、一昨年の長谷寺が3時間待ちで(もちろんやめました)他のお寺に行って以来、あまりにも人が多い鎌倉に紫陽花を見に行くのはもうやめました。

 昨年は横浜の八景島、そして今年は↓
IMG_4092_20180607223650f51.jpg
都内文京区の白山神社です。白山神社と隣接の白山公園にかけて3000株の紫陽花が咲きます。例年の見ごろに合わせて、9日~17日は文京あじさいまつりを開催。私が行ったのは、6月3日でしたが、ほぼ満開の見ごろでした。

IMG_9505.jpg
IMG_9526.jpg
IMG_9506.jpg
IMG_9520.jpg
IMG_9512.jpg
IMG_9520_20180607230430583.jpg
950年前後の創建で、1655年にこの地に移った歴史ある神社ですが、初めて行きました。境内のあちこちに紫陽花がいっぱい。紫陽花を見に来ている人もかなりいましたが、鎌倉みたいな混雑はありません。神社の建物と紫陽花、なんだかいいですね!

 本殿はお参りをする人が行列だったので、境内にある別の小さな神社でお参りをしました。ご利益は変わらないらしい。
IMG_9496.jpg

IMG_9513.jpg IMG_9514.jpg
IMG_9524.jpg
古い神社だけあって、あちこちに歴史を感じます。
IMG_9510.jpg
孫文が来て、座ったという座石もあります。

 隣の白山公園には、さらに多くの紫陽花が。
IMG_9500.jpg IMG_4099_20180607232235d9d.jpg
IMG_4100_20180607232237487.jpg
IMG_4097.jpg
初めて見る紫陽花もありました。

 紫陽花って、ホントに種類が多いんですね。いろいろな紫陽花がとてもきれいでした。
IMG_9511.jpg
IMG_9516.jpg
IMG_9495.jpg
IMG_9497.jpg
IMG_9527.jpg
IMG_4112_20180607230224561.jpg IMG_9508.jpg
IMG_9528.jpg IMG_4101_20180607232237b97.jpg
IMG_9523.jpg
一つの株の紫陽花みたいですが、色が微妙に違います。実物は、まるでグラデーションのように美しい紫でした。

 唯一残念だったのは、あじさい祭りの開催中にしか入れないところがあったこと。金網越しに見ると、とってもきれい!
IMG_4107_2018060723392234d.jpg
IMG_4109_20180607233923879.jpg
IMG_4111.jpg
入りたかった・・・。

 紫陽花以外の花も咲いていて、
IMG_4104_20180607234023501.jpg
可愛い猫の兄弟(?)もいました。
IMG_9504.jpg

 遠くまで行かずにすむ都心で、これだけ多くのきれいな紫陽花が楽しめるんですね。鎌倉まで行くとなると1日がかりだけど、映画を見てランチをした後に行っても、十分に楽しめました。しかも、それほど混んでいないので、お花をじっくり見ることができるのもいいですね。

 お花を見るのが大好きな私。来年は千葉のお寺の紫陽花にしようかなと、思ってます。



関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
紫陽花の季節の鎌倉,好きだったんですけど。
いまどき3時間も待つほどの混雑なんですね。
神社やお寺と紫陽花って,しっとり落ち着いた感じが合いますね。
雨でも出かけたくなります。
2018/06/10(日) 21:34:04 | URL | chierrysage #-[ 編集]
Re: chierrysage さんへ
6月の土日の鎌倉は異常なほどの混雑です。
まあ、穴場もありますけどね。
紫陽花と言えば鎌倉というイメージですが、
紫陽花だけ見るならすいているところで見るのがいいかなと思うようになりました。
海と紫陽花が同時に見られないのは、残念ですが。
雨に濡れた紫陽花は、本当にきれいですよね。
2018/06/11(月) 00:47:27 | URL | あっけまま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック