FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2018年06月29日 (金) | 編集 |
 早いもので6月も明日で終わり、明後日からは7月ですね。梅雨明けももうすぐかな。梅雨が明けたら、猛暑の真夏。暑い日でも、涼しく楽しく過ごせるところに行きたいですね。映画館、美術館、そして科学館。今日は今年の2月に行った科学館を紹介します。花めぐりの記事を書いているうちに、アップの機会を逸してしまいました。真冬に行ける室内イベントは、梅雨時や真夏にも楽しめますよ。

IMG_3313.jpg
IMG_3312.jpg
2月に、横浜のミニコミ紙時代の仕事仲間の集まりで行ったのは、川崎駅から歩いてすぐの東芝未来科学館。私たちは大人だけのグループ、科学館って子供向けのイメージがあったけど、大人が行っても十分に楽しめました。

 見て、体験して、歴史や科学が学べます。しかも入場無料! 入ってすぐのインフォメーションでフロアマップとタイムテーブルをもらって、見学スタート。中は結構広い! タイムテーブルには、その日行われる実演や見学ツアーの時間が書かれてます(予約不要)。私たちは最初に見学ツアーに参加してから、実演を見ました。見学ツアーはざっと全体を回って、説明を聞きますが、中が見える自動改札の機械が面白かった。写真を撮る時間もないくらいあっという間に、きっぷが機械の中に入って、印刷されて、出てくる様子がよくわかりました。

 この日行われていた実演は↓
IMG_3308_20180627232435e11.jpg
超電導の実演。かわいらしいお姉さんが、リニアモーターカーの仕組みを優しく説明してくれました。下の写真は、サイエンスショー。光の三原則がよくわかりました。
IMG_9109.jpg
IMG_9111.jpg
IMG_9112.jpg
IMG_9113.jpg
IMG_9114.jpg
IMG_9119.jpg
こちらは、静電気のプチサイエンスショー。大人が見ても、とても面白いですよ。

 実演はもちろん楽しいけど、私たち大人には展示コーナーが懐かしくていいかも。
IMG_9103.jpg
東芝の創業者の一人、田中久重が設計した万年時計、レトロで素敵です。
IMG_9105.jpg
関東大震災で半壊した浅草にあった12階建ての凌雲閣の模型も。

 日本初や世界初になった東芝製品の1号機を展示するヒストリーゾーンは、昭和の香りがします。懐かしい家電製品もありました。
IMG_9116.jpg IMG_9117.jpg
IMG_9118.jpg

 東芝の創業者は田中久重と藤岡市助の二人。創業者の部屋には、二人にちなんだ展示品がありますが、目玉はこれかな↓
IMG_9102.jpg
IMG_3307_20180627234436816.jpg
「からくり儀右衛門」と呼ばれた田中久重のからくり人形、実際に動かしてくれました。ちゃんとお茶を運ぶのが、すごい!
 
IMG_9115.jpg
ゲームセンターのように体験するコーナーや
IMG_9120.jpg
科学館の外には、こんなモニュメントもありました。

 実験を見たり、展示を見たり、科学の楽しさを知りました。学生時代、理科系は苦手でしたが、こういう施設が身近にあれば、科学が好きになっていたかも・・・。

 これだけの施設が無料だなんて、東芝さん太っ腹すぎます。スタッフが何人もいるんですよ。いろいろあった東芝だから、有料にしてもいいくらい(あまり高いのは困るけど)。子連れはもちろん、大人だけでも楽しめる東芝未来科学館、素晴らしすぎます。川崎駅からすぐで、ショッピングや食事、映画が楽しめるラゾーナ川崎プラザが隣というのもいいですね。尚、2月に行ったときの内容なので、現在は多少違っているかもしれません。ご了承ください。

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック