FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2018年07月31日 (火) | 編集 |
 7月に行った美術館・博物館の紹介の続きです。横浜美術館のモネ展(7月25日に紹介済)の後に、横浜人形の家に行きました。昭和61年6月に完成した人形専門の博物館で、100か国以上、1万点以上の人形を収蔵する国内唯一の施設です。横浜に住んでいた時に一度行ったような気もしますが、ほとんど覚えていません。
IMG_4403_201807251148122d4.jpg

 この日はどうしても見たいものがありましたが、まずは2階(受付も2階で、展示室は2階と3階)の見学から。
IMG_9590.jpg
IMG_9592.jpg
IMG_9593.jpg
IMG_9594.jpg
IMG_9597.jpg
世界各国と日本各地の人形が見られます。

 目を引いたのは素晴らしいドールハウス
IMG_9621.jpg
IMG_9622.jpg IMG_9623.jpg
IMG_9624.jpg
部屋の奥まで細かく作ってます。

 2階には、懐かしい人形たちが
IMG_9598.jpg
子供が幼いころに見ていたじゃじゃ丸、ぴっころ、ぽろり
IMG_9599.jpg
ピノキオや
IMG_9600.jpg
ビートルズも
IMG_9601.jpg
私が幼いときに見ていたブーフーウー
IMG_9602.jpg
私が親に買ってもらったバービー(昔のバービーはこんなにきれいな顔じゃなかったけどね)
IMG_9603.jpg
昔大流行して、父が行列して買ったというだっこちゃんも。

IMG_9604.jpg IMG_9613.jpg
オートマタ(自動で動く、いわば西洋版からくり人形、左)や浄瑠璃の人形(右)も。人形って、いろいろありますね。

 雛人形飾りの原型と思われる素晴らしい御殿飾り(?)もありました。
IMG_9614.jpg
IMG_9615.jpg
IMG_9616.jpg
小さな道具類もとてもリアルにできてます。

 今回私が一番見たかったのはこちらです。横浜人形の家所蔵作品ですが、7月22日までの期間限定公開でした。
IMG_4396_201807260916478b5.jpg
人間国宝、2代目平田郷陽の作品17点が見られました。6月の「名工の明治」で「桜梅の少将」を見て(記事はここをクリック)、あまりの美しさ、素晴らしさに驚き、その後たまたまテレビ番組「美の巨人たち」を見て、この展示を知りました。どれもとても素晴らしい作品ばかりです。

 子供を題材にした愛らしい作品がたくさんありました。
IMG_9606.jpg IMG_9608.jpg
IMG_9607.jpg
IMG_9609.jpg
IMG_9610.jpg
愛らしい表情と動き、小物までリアルに作られてます。

 子供の作品もいいけど、私はどちらかというとリアルなタイプのほうが好きです。
IMG_4398_2018072609164878c.jpg
美しく、リアル。とても素敵!

 そして、一番素晴らしかったのは、やっぱりこれ↓
IMG_4399_20180726091650c80.jpg IMG_4400_20180726102014c24.jpg 
IMG_9612.jpg
IMG_9611.jpg
木できているとは思えません。まるで生きているように、細かなところまでリアル。表情といい、透けて見える乳首といい、ちょっと艶っぽくって、美しい。木に胡粉、衣装や髪もすべて郷陽が製作。「粧ひ」、素晴らしい作品です。
 
 平田郷陽の「粧ひ」、見られて良かった! 人形ばかりと思っていた人形の家、絵も数枚ありました。
IMG_9619.jpg
高校の先輩にあたる片岡球子の作品です。

 子供向けと思っていた人形の家、素晴らしい人形や懐かしい人形がたくさんあって、大人も十分に楽しめます。平田郷陽の作品はホントに素晴らしい。また、どこかで見られるといいな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック