FC2ブログ
映画やミュージカル、美術館・博物館、旅行などのおでかけ報告に、グルメやモニターの報告もします。
2018年08月06日 (月) | 編集 |
 7月に行った博物館、あと1軒あります。我が家から歩いてでも行ける江戸東京博物館です。近いので何度か行ってますが、今回は7月22日まで開催していた「発掘された日本列島2018 新発見考古速報」の招待券をいただいたので、友人を誘って行きました。
IMG_9633.jpg

 以前は気が付かなかったのですが、博物館の外にも展示があるんですね。
IMG_4413.jpg
1945年の空襲で焼失した浅草寺旧本堂の大棟部分を復元したもので、ここで使われている大鬼面瓦は1721年から1929年まで実際に使われ、その後保存されていたものだそう。

 目的の展示を見る前に常設展示を見てましたが、展示解説があるという館内放送を聞き、それに合わせて行きました。地味な考古学の展示は、何も知らないとさっと見て終わってしまいそうですが、プロの説明を聞くとなかなか面白い。ただ1時間以上と長かったので、じっと立って聞いているのは結構つらかったかな(椅子があるところでは座ったけど、立っている時間がほとんど。歩いて見て回るほうが楽だってことに、初めて気づきました)。

IMG_9626.jpg
特別史跡の加曽利貝塚の実際の貝塚をそのままはぎとったものです。よく見ると、貝殻のほかに動物の骨などもあります。

IMG_9627.jpg
IMG_9628.jpg
上は加曾利貝塚から発掘された縄文式土器、下が狭く不安定な形なのに、どうやって使ったのでしょう?下は雲出川(くもずがわ)下流域遺跡群発掘の銅鐸、立派でした。

 衝撃的な展示もありました。金井東裏遺跡の「よろいを着た古墳人」。鎧を着たまま火山の爆発で化石のようになってしまったものです。まさしく、日本のポンペイ! 日本でもこんなことがあったのですね。ただ展示は、3Dプリンターで造ったレプリカです(本物そっくりによくできてますけどね)。

 装飾古墳というものを初めて知りました。装飾古墳とは、横穴式石室内の石材に、線刻、浮彫、彩色によって、幾何学的文様や器材・動物・人物等の文様を施したもので、国内に約600基あるそうです。パネル展示でしたが、きれいなのに驚きました。
IMG_9629.jpg
IMG_9630.jpg
IMG_9632.jpg

 縄文時代から弥生時代、近世までの遺跡や発掘品が、よくわかりました。大学時代は考古学的な人類学の講義が大好きだったけど、考古学ってやっぱり面白いかも。

 江戸東京博物館に来たら、有名な常設展も見なくちゃね。
IMG_4414_20180728121241dee.jpg
IMG_4420_2018072812124395f.jpg
IMG_4421_20180728125027083.jpg
IMG_4422_20180728125028d30.jpg
芝居小屋の中村座。時間によっては中に入れるのですが(ガイド付き、受付で申し込み)、いつも入れません。次回こそ!
IMG_9634.jpg
IMG_9639.jpg
実物大で復元された江戸~明治時代の日本橋や江戸(東京)の景色、まるでテーマパークですね。

IMG_9635.jpg
IMG_9638.jpg
十返舎一九の「東海道中膝栗毛」(上)などの展示もあります。

IMG_9637.jpg
江戸時代の大繁華街、両国橋西詰の模型は、1500体の人形を使って当時の賑わいを再現してます。備え付けの双眼鏡で細かなところまで見ることができ、面白い!

 迫力があるのはこちら↓
IMG_9636.jpg
原寸大で復元された「神田祭り」8番目須田町の山車。天井に届くほどの高さです。

 江戸時代の江戸から現在の東京までの変遷がとてもよくわかります。歌舞伎の四谷怪談の仕掛けの再現や明治時代の鹿鳴館とニコライ堂の仕掛けも面白いですよ。日中30℃超えのとても暑い日の午後でしたが、外国人はもちろん、おじさまたちが多くいたことに驚きました。65歳以上の観覧料は300円なので、涼みがてらいらしてたのでしょうね。

 
 おまけです。美術館や博物館ではありませんが、ちょっと楽しいイベントです。
三菱
三菱2
東急プラザ銀座の1~3階にあるMEToA GINZA(メトアギンザ)、三菱電機のテーマパーク(?)。9月4日まで入場無料のイベント「Space challenge in ginza 人工衛星と大型望遠鏡で、宇宙のひみつに挑む!」が開催中です。

 3階で体験できる「アルマ望遠鏡」で見るチリの星空のVR体験が目的で行ったのですが、時間が短すぎてイマイチ。逆に見た目より迫力があったのが、体験型シアター「人工衛星の旅」。人工衛星が宇宙に行くまでのさまざまな試練を振るえる床や音響で体験するシアターです。面白かった!宇宙空間で活躍する人工衛星をゲーム感覚で見られるサテライトプラネタリウムや見るだけでも結構楽しい2階の大型ヴィジョン(体験型ゲームシアター?)など、子供はもちろん、大人も楽しめます。

 真夏の暑い日は、美術館や博物館、映画館など、冷房がきいた屋内で楽しめるものがいいですね。



 

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック